サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小説の読み書き(岩波新書 新赤版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-431024-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

小説の読み書き (岩波新書 新赤版)

著者 佐藤 正午 (著)

近代日本文学の大家たちの作品を丹念に読み解きながら、「小説家の書き方」を小説家の視点から考える。読むことが書くことに近づき、小説の魅力が倍増するユニークな文章読本。『図書...

もっと見る

小説の読み書き (岩波新書 新赤版)

821(税込)

小説の読み書き

821 (税込)

小説の読み書き

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近代日本文学の大家たちの作品を丹念に読み解きながら、「小説家の書き方」を小説家の視点から考える。読むことが書くことに近づき、小説の魅力が倍増するユニークな文章読本。『図書』連載を加筆修正して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 正午

略歴
〈佐藤正午〉1955年長崎県生まれ。北海道大学文学部中退。小説家。「永遠の1/2」で第7回すばる文学賞を受賞。他の作品に「花のようなひと」「象を洗う」「豚を盗む」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (11件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

随所に著者の鋭い見解が光る優れた小説論!

2006/08/14 18:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブルース - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、もともと岩波書店のPR誌『図書』に連載された文章が基になっており、近代の文豪とよばれる作家を中心として、戦後に活躍して物故した現代作家も若干含んで二十三作品と著者の自作を加えた計二十四作品が論じられている。
それぞれの作品論の分量はそれほど長くはないが、随所に佐藤正午氏の鋭い見解が展開されており、中々読み応えのある小説論となっている。
例えば、谷崎潤一郎の『痴人の恋』を論じている章では、谷崎のこの初期作品はエロティクな作品としてこれまで読まれて来たが、仔細に読むとセクシュアルな描写は「潔癖にさけられており」それが故に「この小説は悦楽をむさぼりつくした直後に忍び寄るもの、幻滅の手前で踏みとどまっている。永遠の恋愛もしくは婚約期間とでもいった状態に保たれている」としている。これは、一見驚くべき指摘であるように思われるが、この作品の隠れた一面を明らかにした優れた見解と言えよう。
また、芥川の『鼻』については、いささか辛辣な見方をしている。著者によれば、芥川の作品は、確かに文学好きな読者を惹き付ける魅力を有しているが、「不思議なことに何度読んでもこの人の作品を充分読み上げたという達成感なく」、それは「芥川の小説は文体で保っているものが大半で、特に文才に恵まれた作家であれば誰にでも書けるという書き方になっている。これが私だという言葉の傷がない」としている。誰にでも書けるという指摘はともかく、「言葉の傷がない」という指摘は芥川文学の本質を衝く鋭い指摘であろう。
本書は、この他にも新鮮な指摘が散りばめられており、教えられることの多い小説論となっている。ただ、残念なのは、著者が作品を論じる姿勢はどこか性急でぶっきらぼうなところがあり、小説を論じる際に伴う愉悦感に乏しいことである。著者は、五十歳を越えた中年と自らを呼んでいるが、その割には文体が年齢を感じさせないドライなものとなっており、もう少し知情意を兼ね添えて小説論を展開しても良かったのではないと思われる。また、終章で、自作を論じているのもいただけない。編集者の要請があったからと著者は言うが、他の作家をあれほど辛辣に論じておきながら、自作を他の大作家とともに論じるなど余りにも厚顔過ぎるのではないか。類書には見られない鋭い見解や思い切った考察がなされてユニークな小説論となっているだけに、惜しまれるところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

追記が面白い

2016/12/20 16:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

『小説家の四季』を読んでいたらこれも読んでみたくなった。川端康成『雪国』、志賀直哉『暗夜行路』などの近代日本文学の大家たちの作品を取り上げて、結構細かいことに拘った読みを展開している。幸田文の回では、ひどい勘違いをしてしまい、読者から指摘の手紙を山ほどもらったようで、その謝罪や言い訳が追記として載っている。他にも追記があるのがあって、それらも結構面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/19 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/28 03:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/16 08:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/20 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/21 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/15 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/26 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/08 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/01 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/16 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/05 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/19 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む