サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

灰色のピーターパン
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 86件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/06/28
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-325030-1

紙の本

灰色のピーターパン (池袋ウエストゲートパーク)

著者 石田 衣良 (著)

盗撮映像売買で恐喝されるハメになった小学生、足に障害を負った兄の敵を討つために復讐を誓うブティック販売員、幼児誘拐事件に巻きこまれた園児救出劇。トラブル続きの“ネバーラン...

もっと見る

灰色のピーターパン (池袋ウエストゲートパーク)

税込 1,646 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

盗撮映像売買で恐喝されるハメになった小学生、足に障害を負った兄の敵を討つために復讐を誓うブティック販売員、幼児誘拐事件に巻きこまれた園児救出劇。トラブル続きの“ネバーランド”を描くシリーズ第6弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

灰色くらいがちょうどいい、ちょっとは汚れて生きてみよう! 外国人と風俗店を追い出す“池袋フェニックス計画”に巻き込まれたマコト。池袋は安全で清潔なネバーランドに生まれ変わるのか!? IWGPシリーズ第6弾。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

灰色のピーターパン 7-59
野獣とリユニオン 61-110
駅前無許可ガーデン 111-159

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー86件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

新鮮パック

2008/02/04 23:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私のIWGP歴はまだ2冊目だけに新鮮です。
既に元いじめられっ子の“サル”がお気に入り。
ヤクザ稼業を決して礼賛は出来ないけれど、個人としては「気は優しくて力持ち」的な実に興味深いキャラクターです。
相変わらず男ばかりにモテるマコトも、今回は良い目を見られたし、気分が良いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ六冊目の円熟

2006/07/14 09:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

池袋ウェストゲートパークのマコトもすっかりトラブルシューターとしてお馴染みになったなあ…、という感あり。それは、物語を読み始めると、まるで野球選手がホームグラウンドに帰ってきた時のような(勿論私は野球選手ではないけれども)気分を味わえるということからよくわかるのである。これはマコト一人の力にあらず。タカシやサルといった、マコトの事件解決に力を貸す人物から息子を叱ってばかりいるかのように見える母親まで皆がいい味を出しているから世界がきっちりと安定する。そう、タカシ…今巻では四話中三話にタカシが絡んできてその度に彼の「クールな声」を味わうような気になれた。タカシは「視線を送るだけで、その先にいる若い女がなぎ倒されていく」ほどのかっこいい(同時に気障な)男で、私などは現実に見たらかっこいいと思うかどうかわからないが(どうかこのシリーズが映画化しませんように…)、筆の力というのはかっこいいと思わせつつ最後のところは読者の想像にまかせるといったところがあるから、私もタカシのファンになる。…と、書いたところで気づいた。収録作品「駅前無認可ガーデン」に特にその色が濃厚なのだが、私はタカシとマコトのやりとりを読んでいるのが楽しいようだ。これはタカシ個人のファンというのとも少しちがうかなと思う。そして、こればっかりは読まなければ味わえない醍醐味だ。
さてその「駅前無認可ガーデン」。四話の中から、この話を取り上げることにしよう。Gボーイズの現キングのタカシが元キングのシンジから依頼され、マコトに回ってきた事件。事件というよりどのようにして事件を防ぐかということに目的がある。それというのも夜の仕事を持つホステスたちから子どもを預かるキッズガーデンを経営するシンジの下で働くテツオがロリコン事件の犯人ではないかという疑いを持たれているからだ。テツオは頭は少し弱いが気のいい青年で、事件の大詰めではこの青年が大きな働きをする。ホステスから子どもを預かる夜の保育園という、場所の設定が意外性をついており、人物間の交流が緻密に描けている。
四話を私個人の評価が高い順に並べてみた。「駅前—」と「野獣とリユニオン」が並び、次に「池袋フェニックス計画」、最後が表題作の「灰色のピーターパン」となる、皮肉な結末に落ち着いた。といっても、どれも一定レベルは必ずクリアーしているところがこのシリーズの魅力の一つであるが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/03 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/01 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/16 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/24 11:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/04 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/01 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/09 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/27 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/29 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/15 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/23 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/16 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/07 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。