サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エンタメ・テレビ・タレント
  4. Pure Pure 新時代Jr.アイドルのすべてがわかる!プレミアビジュアル誌 Vol.37

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Pure Pure 新時代Jr.アイドルのすべてがわかる!プレミアビジュアル誌 Vol.37
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:200607上旬
  • 出版社: 辰巳出版
  • ISBN:978-4-7778-0281-4
  • 国内送料無料
ムック

紙の本

Pure Pure 新時代Jr.アイドルのすべてがわかる!プレミアビジュアル誌 Vol.37 (タツミムック)

Pure Pure 新時代Jr.アイドルのすべてがわかる!プレミアビジュアル誌 Vol.37 (タツミムック)

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

志田未来ちゃんが堂々2度目の巻頭登場。本誌エースの一角へ名を連ねる鮮烈グラビア弾。

2006/07/17 23:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:光森長閑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昨秋の33号以来8か月ぶりに志田未来ちゃんが本誌に帰ってきてくれました。しかも、堂々2度目の巻頭登場です。現在は昨年一大旋風を巻き起こした「女王の教室」以来1年ぶりの連ドラとなる月9「サプリ」に出演、先日は「脳内エステIQサプリ」で数億円のダイヤモンドでイヤリングデビューを果たすなど、目下メディアへの露出も急上昇中です。
 本誌グラビアも勢いをそのまま感じられる内容です。未来ちゃん自身幼稚園以来という浴衣で涼んだり、大好きなスイカを頬張ったりと季節どおりに夏らしさは満点です。古めかしい家屋でお嬢様っぽく佇んでいる姿もきまっています。
 前回までは短期間に一気呵成に巻頭まで上り詰めたこともあり、まだ「お客さん」的な印象が拭えませんでした。これで元来の押しも押されもせぬ女優としての実績だけでなく、本誌のエースとしての地位も不動のものとなったといっていいでしょう。これまでは未来ちゃん自身も不慣れなせいもあってかやや表情が硬かった感もありましたが、撮影中の砕けた表情も多数見せてくれており、すっかり本誌ファミリーの一員として解け込んだようです。今後ますますの本誌での活躍に期待が高まります。
 他のメンバーに目を移すと、横浜への遠足秘話が満載の飯田里穂ちゃん、モデルデビューにますます舌好調の橋本甜歌りん、トウモロコシの味に大感激の一木有海ちゃんと、レギュラー陣の安定感は相変わらず抜群です。さらに今回は先輩の長澤まさみちゃんと映画「ラフ」にて共演を果たした第6代東宝シンデレラ・黒瀬真奈美ちゃんがロンググラビアで登場と、「大駒」の充実ぶりは目を見張ります。
 その分、藤本七海ちゃん、今莉花子ちゃんらおなじみの顔ぶれが不在で、中段以降がやや寂しくなるかと懸念しましたが、杞憂でした。いずれも2ページで初登場している田中彩友美ちゃん、外岡枝里香ちゃん、大島江里奈ちゃんたちの完成度が極めて高いのにはただただ驚かされました。4月からの新てれび戦士・細田羅夢ちゃんも登場しています。彼女たちを引き立てようという狙いがあったわけではないのでしょうが、十分その任を果たして余りある本誌デビューだったと言えます。
 ただ、のほほんとばかりはしていられないのが現状で、このところの脱法児童ポルノを前面に扱った三文書籍が店頭に氾濫している実情には心の底から目を覆いたくなります。そんななか「ピュア☆ピュアネットワーク」で前回の小池里奈ちゃんの水着が好評だったことをわざわざコメントしているのには疑問符が付きます。意図的ではないと信じたいところですが、もう少し慎重であってほしかったものです。児童ポルノ規制以降、市場に溢れ出てきたロリコンを無軌道に取り込もうとする書籍と、それを黙殺する世間との狭間で、明確に一線を画し、女の子の真の魅力を伝えてきた本誌の果たすべき責任はすでに不可避なものになっていると考えます。単純に反響に応えただけであったにせよ、今さらいたずらに肌の露出に喝采を送る読者に阿るような姿勢を示す必要は全くないはずです。たかがコメント一つに対していちゃもんと言われればそれまでですが、現在の状況からすれば厳しすぎるくらい厳しくあらねばならないものと思います。
 思えばこの7月からのドラマ「ダンドリ。」の主演に抜擢された榮倉奈々ちゃんもかつて本誌を代表する存在でした。本誌の審美眼の確かさがまた一つ証明されたばかりなだけに、余計に思いも募るというものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女性 ランキング

女性のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む