サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 死亡推定時刻 長編推理小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死亡推定時刻 長編推理小説(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 78件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/485p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-74091-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

死亡推定時刻 長編推理小説 (光文社文庫)

著者 朔 立木 (著)

山梨県で地元の有力者の一人娘が誘拐される事件が起こった。警察の指示に従った結果、身代金の受け渡しは失敗。少女は死体となって発見された!県警は、遺留品に付いていた指紋から、...

もっと見る

死亡推定時刻 長編推理小説 (光文社文庫)

802(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

山梨県で地元の有力者の一人娘が誘拐される事件が起こった。警察の指示に従った結果、身代金の受け渡しは失敗。少女は死体となって発見された!県警は、遺留品に付いていた指紋から、無実の青年を逮捕。執拗な揺さぶりで自白に追い込んでしまう。有罪は確定してしまうのか?そして真犯人は?現役の法律家が描く、スリリングな冤罪ドラマの傑作。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー78件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

面白いことは認めた上で、不自然さが気になります。そこで絵空事になる。無論、作者が云いたかったことはミステリとしての完成度ではなくて、実際の司法が抱える問題点なんですが、でもねえ、やっぱりミステリなんだから・・・。でも、面白いです、ホント

2008/03/22 13:51

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読む作家です。文庫書き下しかと思っていたら単行本での出版は2004年、気付きませんでした。というわけで早速お勉強。手軽に出版社のweb訪問。コンコン、こんにちは。さてさて、文庫と単行本、どうなってるかなと見比べれば、あら不思議、同じ作品でも紹介文が違っています。

まず本書、文庫版

山梨県で地元の有力者の一人娘が誘拐される事件が起こった。警察の指示に従った結果、身代金の受け渡しは失敗。少女は死体となって発見された! 県警は、遺留品に付いていた指紋から、無実の青年を逮捕。執拗な揺さぶりで自白に追い込んでしまう。有罪は確定してしまうのか? そして真犯人は?
 現役の法律家が描く、スリリングな冤罪ドラマの傑作!

次が単行本

渡辺土建の社長・渡辺恒蔵の一人娘美加が、中学校から帰宅の途中何者かに誘拐された。
美加の母親・美貴子が電話で受けた犯人からの身代金要求は一億円。
「警察に言ったら娘の命はない」という常套句はなかった。
地元の有力者である恒蔵の通報によって、直ちに県警本部と事件発生署との合同捜査本部が設置された。翌日、犯人から美貴子に連絡が入る。高速道路から身代金を投下せよと言う指示だったが、警察は美貴子に身代金を投下させず・・・。

犯罪発生→捜査→裁判の実態を、現役弁護士である著者がリアルに描く。

です。ちなみに本書のカバー後ろの案内文は

 山梨県で地元の有力者の一人
娘が誘拐される事件が起こった。
警察の指示に従った結果、身代
金の受け渡しは失敗。少女は死
体となって発見された! 県警
は、遺留品に付いていた指紋か
ら、無実の青年を逮捕。執拗な
揺さぶりで自白に追い込んでし
まう。有罪は確定してしまうの
か? そして真犯人は?
 現役の法律家が描く、スリリ
ングな冤罪ドラマの傑作!

とまあ、webの文章と改行する箇所が違うだけ。うん、これって私の単なる頁稼ぎ?カバーデザインは岡本健+、シンプル故に骨太な印象を与える装画は阿部伸二。全体は二部構成で、34章からなり、巻末に作者あとがきと栗本薫の解説がついています。

犯人として逮捕されたのは、前科三犯の小林昭二、父と母に甘やかされて育ったバカ息子で、26歳、最近の犯罪者の殆どがそうですがこの男も無職です。そして誘拐され殺されたのが渡辺土建のワンマン社長・52歳の渡辺恒蔵の一人娘、中学二年生で14歳の美加で、身代金の受け渡しに指定されたのが32歳になったばかりの後妻で、美加の実の母、美貌の美貴子です。

普通であれば、夫と20歳も年の離れた若くて美貌の妻の登場ですから、ロマンスが絡んでおかしくないのですが。この話、そういう展開を一切しません。現在の警察というのはどういうものか、弁護士とは、裁判とはと硬派な話題に一直線に斬り込んでいきます。やはり現役弁護士であるだけに、不倫をしている暇は無い・・・

結論ですが、やっぱり男は仕事をもたなくては駄目だなと思います。それと犯罪の常習、っていうのも駄目。正直、警察のオトシ方には疑問を抱いても、疑われるお前も悪い、って思うのが普通でしょ。冤罪、っていうのが分っていて書かれるミステリを読んで、だから司法制度は駄目、死刑反対と日弁連あたりは煽りますが、何でも冤罪っていうのが短絡、ムードです。

ただし、途中退場する私選弁護人の岡村勇、これはまた酷い。何が何でも無罪を勝ち取る弁護士を私は少しも偉いと思いませんが、被疑者のいうことを全く認めず、最小の働きでお金を巻き上げる岡村にも疑問を抱きます。ただ言えるのは、無気力かどうかは別にしてどちらの弁護士も金で動いているのは事実だということ。

だから、神田に事務所を構える39歳の弁護士・川井倫明が仕事をしてもお金が少しも儲からず、事務員の給与の支払いにも困る、と書かれても正直、肯けないんです。どこか胡散臭い。そんなに困っているのにどうやって食べているの、っていうあたりが奇麗事に終っている気がする。

とまあ、不満を書きましたが、面白いです。警察内部の問題もよく分りますし、医者というの結局は政治的な存在だななんて思ったりします。司法解剖の結果が政治的に左右されるとなると、冤罪がどうとかではなくて、捜査というのは操作の意味ではないのか、なんて思ったりします。やはり、ここらは現役弁護士の怒りが直に伝わって、白熱、という言葉がピッタリです。

職業柄、書類を書きなれているせいでしょう、文章は非常に読みやすく、意味不明な部分は少しもありません。しかも、行政書類の無味乾燥さもない。そういう意味で納得できる作品ですが、真犯人と殺された少女の行動には、納得できない部分があります。問題があるとすれば、司法に夢を抱けないこと。これじゃあ陪審員制度だって普及しない・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/24 06:28

投稿元:ブクログ

有力者の一人娘の誘拐殺人事件。遺留品のサイフをかすめ取った気の弱い前科持ちの若者が無理やり自白させられ、怠慢弁護士のもと、スピード裁判で死刑判決!までが第一部。第二部は、控訴審で熱血弁護士の活躍なんですが、なんとも空回りの連続。結末も。。。
帯にはTVドラマにもなった(2006年9月)と書いてありましたが、見てません。つい最近「それでもボクはやっていない」という日本の裁判制度の問題を取り上げた映画(これも見ていません)があって話題になっていたようですが、本書も同系列でしょう。ベテラン刑事のカンとか、警察官の鑑とまで言われるほどの人格者のていたらく。極め付けが、これだけ有罪を疑わせる証拠がありながら、司法の最後の砦たる裁判官は何やっとんじゃ!です。被害者の人間ドラマもよく出来ています。
解説の栗本薫が「いますぐにでも、義憤にかられ、冤罪事件の署名運動をはじめたくなります」と書くほどに、まるで実際に起こった事件のルポルタージュを読んでいるような気になってしまうほどのリアリティでした。2007/2/16

2007/08/05 21:50

投稿元:ブクログ

長編推理小説、となっていますが、犯人探しの小説ではありません。端的に言うと、「こうして冤罪は作られる」という小説です。
 登場人物が、作者のあとがきにもあるとおり、極端にデフォルメされていて、いかにもというステレオタイプの人たちもでてきますが、この小説、非常に面白い。そこそこ厚みのある本なんですが(〜P474)一気に読んでしまいました。当たり、ですね。
 作者は現役の法律家ということで、そこここに具体的でリアルな言葉が並び、とってもシュールで、本を書くときの資料になりそうな(笑)くらいです。
 でも、これはルポでもノンフィクションでもありません。フィクションなんですよ。でも、すごく現実味があって、ひしひしと伝わってきます。いやあ、凄いわ。

2008/02/23 00:34

投稿元:ブクログ

冤罪の話。

読み終わった後、虚しさにおそわれる。
日本の裁判制度とか、警察内部の実情とか浮き彫りになってて。
たぶん実際にあることなんだろうなぁ・・。と思うとちょっとした絶望感。
冤罪の背景がリアルに描かれてるゆえに、迫ってくるものもリアル。

2012/03/14 22:58

投稿元:ブクログ

こんなことってあるんでしょうか。女子中学生の誘拐殺人事件を巡る取り調べと裁判の記録です。実際に起きた事件のドキュメンタリーではないけれど、テレビで取り上げられる冤罪事件のニュースよりも深く考える機会になりました。ミステリ小説とは違い、実際の事件ではほんの少しの担当者の対応の違いで方向が変わってくる。それが集まることでより事実とは違うところに行き着いてしまう。そもそも人間は機械ではないので思わぬことで言うことが違ってくることもあり、じゃあ真実はどこにあるのか、どうやって判断するのか、人に認めさせるにはどうすればよいのか、その難しさを痛感しました。そして、やはり知識は力。興味がないから、難しそうだからと逃げて回らず法律関係のことも知っておいた方がよさそうです。

2007/06/21 06:31

投稿元:ブクログ

 あくどいとも言われてる地元の有力者・渡辺恒蔵の一人娘・美加が誘拐された。犯人は身代金を要求、すぐに1億円が用意されたが、警察の指示に従った結果、犯人をとらえることもできず、身代金の受け渡しも失敗。そして美加は死体となって発見された。後日、26歳のある青年が逮捕されたが・・・。

 物語は1部と2部に分かれていて、1部が事件の一部始終(真犯人は不明だが、26歳の青年が犯人ではないことは書かれている)、2部がその事件を担当することになった弁護士視点の話。また、ミステリだと真犯人が誰かに焦点があてられるが、この話ではタイトル通りそれよりも、「死亡推定時刻はいつなのか?身代金受け渡しに失敗した前なのか、先なのか?」が問題とされている。冤罪で逮捕されてしまった青年が、どんな取調べを受けて自白を強要され、裏にはどんな警察都合があり、そしてどんな風に裁判がすすんでいくか。真実を知っている読者側からすると、本当にありえないやり方でどんどん26歳の青年が悪い立場に追いやられていき、やりきれない気持ちになる。本当にこんなことが実際の事件でもいっぱいあるんじゃないかと思ってしまうほど、その様子はリアル。捜査や裁判の流れはさすが著書は専門家、ものすごく詳しく書かれているが、とてもわかりやすい。ただ、ラストは「えっ、そこで終わり!?」と思わず声に出してしまった程唐突。どうなったのー!?

2008/08/21 22:55

投稿元:ブクログ

面白かったです。読後最初の感想は「これでいいのか?」でした。警察に、裁判所に、被害者の親に、被告人に、弁護士に、すべてに対して「これでいいのか?」と思いました。なんか後味がよくないというか、スッキリしない小説でした。

2010/06/10 00:40

投稿元:ブクログ

殺人を犯していない少年が、厳しい取り調べの中で追いつめられ「自分が殺した」と裁判で自供するようになっていく過程が細かく描写されてた。 小説の中の話ではあるけど、免罪がこんな感じで作り上げられていくと思うとゾッとした・・・。 終わり方としては中途半端なんだけど、それでいってスッキリしたような、他の小説とは違った終わり方でした。

2006/09/11 17:13

投稿元:ブクログ

いやー、良い本です。ドキュメントと見紛う内容に感服。そして司法制度について考えさせられます。良い本です。くしくも丁度読み終わる前日にTVドラマにもなっていたようです。

2008/10/12 17:40

投稿元:ブクログ


何気なく手に取った本でした。
推理小説が読みたかったという気持ちと題名に魅かれて読んでみました。

多くの推理小説は、犯人探しが主に描かれているが、
この作品は被疑者と警察、弁護士とのやりとりに重点が置かれていたり、
裁判のシーンは専門的な言葉が多数あるので、リアリティ満載であり、興味深かった。


内容は簡単に言えば「冤罪」がテーマ
冤罪がどのように成り立っていくのかが事細かに描写されており、
それぞれの場面では、身震いをしてしまいそうになるくらいのところもあり、
普段読む、推理小説とは一味違った作品だと思いました。


金だけを巻き上げるような無責任な弁護士、
とにかく自白をさせようと無理やり容疑者に嘘をつかせる刑事たち、
効率ばかりを考えて余計な時間を作りたくない裁判官・・・
実際にこんな組み合わせは無いんだと祈りたくなるが、
どこかで、こんな組み合わせが実際にあるからこそ
冤罪があるのだとも実感した。

法を操る人間がこんなことでいいのか?
人が人を裁くからこそ、裁判というもので真実を明らかにするのではないのか?

このように思うと、この作品の内容は誰もがぞっとするはずでしょう。

最後に、
裁判員制度が今後始まります。
冤罪ということが、身近に感じる時間が自分自身にもやってくるのだとふと思いました。

2006/12/09 17:30

投稿元:ブクログ

ミステリーなのかと、謎解きなのかと思って読んでみたら、裁判に主軸を置いていて、それはそれで面白かったがっ最後が... 少々残念

2013/12/31 10:37

投稿元:ブクログ

2013.12.30

これは小説なの…か?
続きが気になり、サクサク読めた。
ノンフィクションみたいだった。

たぶん、こういうことって実際にたくさん起きているんだろうなぁ。
自分の身に降りかかったら、と思ったら怖かった。

2007/04/08 16:25

投稿元:ブクログ

映画「それでも僕はやってない」の小説版という感じ。それでも僕はやってないで省略された裁判や弁護士のディテールを読み取ることができておもしろい。

2007/06/03 12:31

投稿元:ブクログ

現役の法律家会が描く冤罪ドラマ。

語り口は淡々としていながら、資料を引き出し引用する内容が現実に基づいている為、仮想を越えてドキュメントを見ているようで・・・。


冤罪がどうして出来上がるのか?

何故無くならないのか?

深い所まで掘り下げた作品の出来は素晴しいものがあります。

司法の方だけでなく、一般の我々も十分に楽しめる冤罪ドラマの傑作です。

2007/08/29 10:03

投稿元:ブクログ

警察の捜査の実態、裁判の流れetc怖いくらいリアルです。冤罪ってこうして仕立てられてしまうのか?誰が悪いのか?正義はどこにあるのか?やるせない思いが沢山します。この作品の最後の方に出てくる言葉で「禍福はあざなえる縄の如し」人生は禍いも幸福も混ざり合ってなわれた縄。この言葉がこの作品のテーマかと、人の一生は大勢の人と関わりあって暮らしています。人が幸福を味わえるのも苦しみを感じるのも、一人だけの人生ではないから…面白いっす!

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む