サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

禿鷹狩り
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/07/14
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/524p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-324890-0

紙の本

禿鷹狩り (禿鷹)

著者 逢坂 剛 (著)

極悪刑事にかけられた執拗な罠。ヤクザも南米マフィアも手玉にとる男の前に最強の刺客が現れる。警察暗黒小説。【「BOOK」データベースの商品解説】ヤクザすら好人物に感じられる...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

極悪刑事にかけられた執拗な罠。ヤクザも南米マフィアも手玉にとる男の前に最強の刺客が現れる。警察暗黒小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

ヤクザすら好人物に感じられる悪徳刑事・禿富鷹秋に巧妙に仕掛けられた執拗な罠。ヤクザも南米マフィアも手玉にとる男の前に最強の刺客が現れる…! 息を呑む展開のシリーズ完結編。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ま、新聞で絶賛するほど凄いか、っていうと???なんですが、シリーズにこういう形で幕を引くって言うのは、ありかな、って思います。そこを評価して★五つ

2006/09/12 20:45

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

長く付き合ってきた逢坂ですが、最近はスペインを舞台にした作品が、単体としてだけでなくシリーズものとしてもただただ長くなってしまい、内容が薄くなってきている感が否めません。その一方で、『重蔵』や、この『禿鷹』は作品そのものの長さもあるのでしょうが、新鮮度が失せていません。『重蔵』などは、もしかすると池波の『鬼平』に匹敵する代表作になるのでは、と期待するほどです。
ま、『禿鷹』については、『禿鷹の夜』『無防備都市 禿鷹の夜Ⅱ』と読んできて、今回が三冊目。そうか、これで完結か、と思ったのですがbk-1で著作を検索していたら、第3作として『銀弾の森』という未読の作品があることに気付き、愕然。これってヤバクナイ?だって、完結にむけての伏線はってあったら、どーする、ドースル?
ま、『銀弾』が2003年の出版だから、3年がかりの伏線っていうのもないだろうなあ、もう完結篇、読んじゃったし、などと思いながら本の紹介に入るわけです。うーん、何で今まで見落としていたんだろう『銀弾の森』、もしかしてロバート・B・パーカー『銃撃の森』と勘違いしていたりなんかして・・・。ちなみに初出は「週刊文春」2005.1.27日号〜2006.1.19日号。
で、ブック・デザインですが、正直、カバーの画はたいしたことはありません。これで手出すのはシロウトだな、なんて思うわけですが本を開くと、感心します。何がって、各章につく挿絵が楽しいんですね。線描がどこかレトロで味がある。どちらかと言うと、このまま怪人二十面相が出てきても不思議じゃない、そんな気がします。そんな装画・挿絵は渡邊伸綱、装丁は関口聖司。
で、全体は、名前が伏せられた男同士の会話で始まるプロローグと、禿鷹への誰かの語りかけで終わるエピローグに十章が挟まる構成になっています。
主人公は神宮警察署・生活安全特捜班の警部補 禿富鷹秋です。同僚の警部補 御子柴繁も、禿富に利用されるかたちではがありますが、予想外の活躍をみせます。それに対して今回は敵役として凄い奴が登場します。それが神宮警察署に新たに赴任してきた警部 石動寿満子です。どう凄いか、って、まあ獣ですよ。で、彼女と一緒にきたのが二枚目の警部補 嵯峨俊太郎です。
禿富の陣営を警察署以外の部分から書き上げれば、まず渋谷に根を張るヤクザ組織・渋六興業社長の谷岡俊樹がいます。でも、直接、禿富と接触するのは同じ渋六興業の常務・総務部長の水間英人や常務・営業部長の野田憲次です。それに〈サルトリウス〉のママの諸橋真利子や、〈みはる〉のママの大森マヤが絡みます。
次が敵対する非警察の人々ですが、今までも大規模な日本進出をはかりながら禿富に煮え湯を飲まされてきたマフィア・スダメリカナ(マスダ=南米マフィア)のコマンダンテ(指揮官)ホセ石崎、アジュダンテ(副官)寺川勇吉、故ホルへ飛鳥野の愛人で禿富を恨むボニータがいます。そして敷島組から寝返った男・川野辺明がいます。
ともかく、今回のお話を一言で表現すれば、石動寿満子、に尽きます。ともかく強烈です。あくが強すぎて、ちょっと戯画化が過ぎるんじゃあないかとも思いますが、彼女抜きにはこの完結篇はなかったといっていいでしょう。しかも、予想外の壮絶な結末。無論、こうなるだろうと予想できないわけではありません。でも劇的です。
ま、新聞評のように、そこだけを取り出して傑作扱いは噴飯でしょうが、悪くはありません。ともかく、シリーズものに決着をつけるには、これくらいの荒療治が必要で、うまくやったな、というところでしょう。4作を順番に読むことがこの作品を楽しむ絶対条件。あっという間に読み終わること、間違いなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/24 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/25 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/23 08:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/16 09:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/21 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/24 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。