サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アメリカの原理主義(集英社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-720349-2
新書

紙の本

アメリカの原理主義 (集英社新書)

著者 河野 博子 (著)

繰り返される不可解なテロ、中絶や同性愛をめぐる深刻な軋轢、信仰の熱心さが生み出す分極化…。長く特派員としてアメリカ社会の変容を見つめてきた著者が、文化の多様性を拒む「アメ...

もっと見る

アメリカの原理主義 (集英社新書)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

繰り返される不可解なテロ、中絶や同性愛をめぐる深刻な軋轢、信仰の熱心さが生み出す分極化…。長く特派員としてアメリカ社会の変容を見つめてきた著者が、文化の多様性を拒む「アメリカ原理主義」の出現に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

河野 博子

略歴
〈河野博子〉1956年福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。コーネル大学で修士号(国際開発論)取得。読売新聞社会部次長、ニューヨーク支局長を経て編集委員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アメリカ政治を知るためには原理主義について学ぶことが必要不可欠であることを示す

2006/08/17 21:36

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 原理主義、と聞くと多くの方が思い浮かべるのはイスラム教原理主義ではなかろうか。アメリカの同時多発テロ、アフガニスタンを支配していたタリバン、核開発を巡ってアメリカと対立を続けるイスラム国家イラン、そしてイスラエルと闘争を繰り広げるヒズボラ。イスラムの原理主義について話題は事欠かなかった。

 その一方で、アメリカの原理主義は語られてきただろうか。一部の関心がある方にしかアメリカにおける原理主義は問題視されず、極端な人々が唱える少数意見に過ぎないと思われてきたのではなかろうか。

 しかし、アメリカはピューリタンによって建国された国。キリスト教の原理主義とでも言うべき人々が多数いるのが実情である。著者は多くの取材を通して、この原理主義運動が今のアメリカの政治を動かしていることをあぶりだす。

 アンケートによると、アメリカ人のほとんど全てはマリアの処女懐胎を信じている。天使の実在も信じている。良くも悪くもキリスト教が社会の根底にあり、アメリカを特徴付けるものになっている。

 その結果、極端な話でハリー・ポッターが流行すれば、魔法などは悪魔が使うものだから魔法に対するわずかな好意的解釈は赦されないと反発する勢力がいる。

 思わず笑ってしまうかもしれないが、それがアメリカの現実である。処女懐胎は、”「若い女」マリア”と書いてあるのを翻訳する際に”「処女」マリア”と訳してしまったのが起源で初期のキリスト教徒の誰一人として処女懐胎など主張していなかったというのに、今では処女懐胎こそアメリカの常識なのである。

 アメリカの原理主義は少なからずキリスト教原理主義である。そのため、原理主義においては宗教的右派が中心的な役割を担い、ブッシュJr.政権はその尻馬に乗っている、という意見も聞こえてくる。2004年の大統領選挙では、ブッシュは確かに宗教的な価値観を訴えて戦った。その結果、都市部以外のほぼ全ての選挙区を押さえての勝利につながったのは事実である。

 しかし、著者はそんな見方には賛同しない。宗教的右派と政治的右派は接点も持ちながら別個の運動であることを丁寧に描き出す点は大変興味深い。

 また、妊娠中絶の是非を巡って争ったロウ対ウェルド事件で、原告の女性は中絶賛同派に利用されただけとの不満を抱き、後に中絶反対派に”転向”するなど、リベラル派が社会の支持を失っていった経緯を描き出しているところも面白い。

 保守派がなぜ力を持ち、リベラルが力を失ったのか。また、アメリカ政治の背後にある複雑な思想の絡みを原理主義という切り口で上手く纏め上げている名著であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/20 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/19 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/28 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/09 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/05 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/26 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。