サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キリムへの旅トルコへの旅 新版
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 木犀社
  • サイズ:20cm/280p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89618-036-4
  • 国内送料無料

紙の本

キリムへの旅トルコへの旅 新版

著者 渡辺 建夫 (著)

羊の毛を紡ぎ、草木で染め、織り上げた敷物、キリム。気のとおくなるような手仕事に女たちはなにを託して、天幕を飾り、生活を彩ったのか。キリムに魅入られ、トルコに通いつめた著者...

もっと見る

キリムへの旅トルコへの旅 新版

税込 3,240 30pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

羊の毛を紡ぎ、草木で染め、織り上げた敷物、キリム。気のとおくなるような手仕事に女たちはなにを託して、天幕を飾り、生活を彩ったのか。キリムに魅入られ、トルコに通いつめた著者がホットな心の旅路を明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡辺 建夫

略歴
〈渡辺建夫〉1942年神戸市生まれ。日本大学芸術学部放送科卒業後、コピーライター、キリムの輸入業等を経て、インドのネルー大学スクール・オブ・アートで聴講。著書に「インド青年群像」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

キリムは女にとって、ハレのものでもケのものでもあり、祈りであり情念である

2019/01/24 19:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱぴぷ - この投稿者のレビュー一覧を見る

キリムに興味を持ったので読んでみた。キリムは、もともとは遊牧民の自家用のものであって、織り手の女性にとっては、日々の生活の合間に織るものであり、将来嫁入り道具にするものであり、嫁入り後はそれらを飾ったり使ったりして自分のセンスなどをアピールするためのものだそうだ。それは、自由に外に出ることもなく内側での生活を余儀なくされる女性たちの精一杯の自己表現でもある。彼女たちが織ったひとつひとつの文様には意味があり、祈りが込められている。そんなキリムを、遠い国に住む人間が買うというのはどうなのだろうか?と思ったのだが、ここ数十年でそうしたキリムはだいぶ海外に流出してしまったそうで(筆者もその流出に大いに手を貸したと述懐)、今手に入るようなものは、はじめから売ることを目的につくられた新作ものが多そうだ。そういったものは、手間暇の面でも作り手の思いの面でも、昔のものとは比べるべくもないだろうが、情念が入っていない分、むしろ買いやすい気もする。
 キリムのつくり手の暮らす地域は、複雑な場所にあるので、現代の政治的問題から無縁ではいられない。キリムはイスラム教の影響下で生まれたらしいが、キリムの文様でもある樹とか鳥とか鹿とかは、イスラム以前のユーラシアの遊牧民の宗教性もあらわしているような気もする。そういった意味では、キリムは、現代的であると同時に古いもので、でもやっぱり現代的なものだなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。