サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 光文社の通販
  6. 猫島ハウスの騒動 長編推理小説書下ろしの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

猫島ハウスの騒動 長編推理小説書下ろし
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:18cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-07635-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

猫島ハウスの騒動 長編推理小説書下ろし (KAPPA NOVELS)

著者 若竹 七海 (著)

葉崎半島の先、三十人ほどの人間と百匹を超える猫が暮らす通称・猫島。民宿・猫島ハウスの娘・杉浦響子は夏休みを迎え、家業の手伝いに精を出す日々を送っている。そんなある日、ナン...

もっと見る

猫島ハウスの騒動 長編推理小説書下ろし (KAPPA NOVELS)

926(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

葉崎半島の先、三十人ほどの人間と百匹を超える猫が暮らす通称・猫島。民宿・猫島ハウスの娘・杉浦響子は夏休みを迎え、家業の手伝いに精を出す日々を送っている。そんなある日、ナンパに勤しむ響子の同級生・菅野虎鉄が見つけてしまったのはナイフの突き立った猫の死体、いや、はく製だった!?奇妙な「猫とナイフ」事件の三日後、マリンバイクで海の上を暴走中の男に人間が降ってきて衝突した、という不可解な通報が!降ったきた男は「猫とナイフ」事件にかかわりがあるようだが…。のどかな「猫の楽園」でいったい何が!?真夏の猫島を暴風雨と大騒動が直撃する!奇妙な事件に奇矯な人々、そして猫・猫・猫…ユーモアとシニカルを絶妙にブレンド。コージー・ミステリの名手、若竹七海の真骨頂。【「BOOK」データベースの商品解説】

30人ほどの人間と100匹を超える猫が暮らす通称・猫島。民宿・猫島ハウスの娘・響子は夏休みを迎え、家業の手伝いに精を出す日々。そんなある日、奇妙な事件が起こる。のどかな「猫の楽園」でいったい何が!?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

若竹 七海

略歴
〈若竹七海〉1963年東京生まれ。立教大学文学部史学科卒業。91年「ぼくのミステリな日常」でデビュー。ジャンルを問わず多彩な作品を発表。著書に「スクランブル」「悪いうさぎ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

夏の海、小島、猫、台風をクーラーの効いた涼しい部屋で堪能したい方にどうぞ

2006/08/16 12:21

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポリス猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

若竹七海氏の「ヴィラ・マグノリアの殺人」「古書店アゼリアの死体」に続く、待ちに待ったコージー・ミステリです。
「コージー・ミステリ」とは、著者によれば「小さな町を舞台とし、主として誰が犯人かという謎をメインにした、暴力行為の比較的少ない、後味のよいミステリ」だそうですが、このシリーズは神奈川県の海辺の葉崎市(架空)を舞台に、殺人事件の謎解きが主軸となるものの、島の雰囲気や住人や猫たちがとてもおもしろい。
30人ほどの人間と百匹を越える猫がすむ猫島、そこで早くに両親を亡くし、祖母とともに洋風民宿を営むたくましく清々しい高校生響子。やる気がないのに、事件が起きたら意外に使える夏の臨時派出所の巡査。シリーズの謎解き役の飄々とした駒持警部補や、おとぼけな猫島神社の神主さん。個性的で猫好きな島の住人たち。そして、ほとんどの場面にいるのではないと思われる、猫、猫、また猫。
それから民宿の料理人、ツル子さんの作る料理も外せません。どうして普段食べてる料理でも、若竹作品で読むとこんなにおいしそうなんでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

菅野虎鉄は失敗でしょう。この名前と行動を見る限り、どう考えても30間近のチンピラでしかない。でも、じつは素朴な高校生?名前の付け方間違ったんじゃないでしょうか

2006/10/06 18:54

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前から何度も書いているんですが、杉田比呂美のイラストが好きです。佐々木マキとどっちがいいか、無い頭を絞るくらい好きです。で、光文社から出ている若竹の本は、その杉田の描くイラストが使われているので、やっぱり好き。色合いが柔らかくて、線がビミョーに震えて、いいなあ。
そして、今回のテーマは猫。ま、テーマ、っていうのは違うかもしれませんが、とりあえず猫。最近、我が家では猫の人気が赤丸急上昇中。特に高三長女は、子猫を見るとついフラフラと・・・。ま、私がこの本を手にしたのも、受験勉強疲れ著しい彼女のためを思ってのことではあるんですが。カバー後の紹介文
「奇妙な事件に奇矯な人々、そして猫・猫・猫・・・・・・
ユーモアとシニカルを絶妙にブレンド。
コージー・ミステリの名手、若竹七海の真骨頂!!
葉崎半島の先、三十人ほどの人間と百匹の猫が暮らす通称・猫島。民宿・猫島ハウスの娘・杉浦響子は夏休みを迎え、家業の手伝いに精を出す日々を送っている。そんなある日、ナンパに勤しむ響子の同級生・菅野虎鉄が見つけてしまったのはナイフの突き立った猫の死体、いや、はく製だった!?奇妙な「猫とナイフ」事件の三日後、マリンバイクで海の上を暴走中の男に人間が降ってきて衝突した、という不可解な通報が!降ってきた男は「猫とナイフ」事件にかかわりがあるようだが・・・・・・。のどかな「猫の楽園」でいったい何が!?真夏の猫島を暴風雨と大騒動が直撃する」
カバー折返しには、
「周知のとおり、猫とミステリとの相性はよくて、『猫は知っていた』からシャム猫ココまで山ほどの猫ミスが世に送り出され、愛されてきた。なにしろ、ちょこっとしか登場しない猫の名前をシリーズ・タイトルにしちゃった本もあるくらいなのだ。アメリカには〈猫ミステリライター連合〉みたいな名称の団体まであって、猫ミス専門のライターが佃煮にするほどいるらしい。本書にも猫がたくさん登場(かつちゃんと活躍)するが、うち八割の名前は小説や映画に出てくる猫の名前からとってあります。ただし、出典が全部わかったら、相当の猫バカだと思う。」
とあります。うわ、シャム猫ココ、知らないし・・・。関係ないけど、このお話は、書き下ろし。各章タイトルは
第一章 猫も杓子も(七月二十八日)
第二章 熱いブリキの上の猫(七月二十八日・続き)
第三章 鳴く猫はネズミを捕らぬ(七月二十八日・続き)
第四章 猫の手も借りたい(七月三十一日)
第五章 猫が肥えれば鰹節が痩せる(七月三十一日・続き)
第六章 上手の猫が爪を隠す(七月三十一日・続き)
第七章 猫の首に鈴をつける(八月一日)
第八章 猫の恩返し(八月二日)
第九章 猫でも王様を見ることができる(八月二日・続き)
第十章 鳩の中の猫(八月三日)
第十一章 猫を追うより皿を引け(八月三日・続き)
第十二章 猫に小判(八月五日)
となっています。
登場人物を紹介すれば、まず主人公は高校二年の杉浦響子でしょう。彼女は民宿〈猫島ハウス〉のオーナーである杉浦松子の孫にあたります。そこで食事を作っているのが細井ツル子。で、松子の死んだ夫の弟というのが杉浦幸次郎。
次に重要なのは、年齢不詳の葉崎警察署捜査課警部補の駒持時久。で、彼にいいように動かされるのが葉崎警察署猫島夏期臨時派出所勤務の巡査・七瀬晃です。ま、ボケとツッコミというか、映画にしたらかなり面白いコンビでしょう。特に七瀬を見舞う悲劇の殆どが、駒持のせいなんですから。で、意外な活躍をするのがポリス猫のDC、ドラです。
殺人あり、銀行強盗あり、麻薬あり、宝捜しあり、とまあサービス満点のユーモア・ミステリ。しかも、それなりにうまくまとまっていて、さすが北村薫が『ニッポン硬貨の謎 エラリー・クイーン最後の事件』で、ヒロイン小町奈々子として登場させた若竹七海。杉田とのコンビも抜群。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/02 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/03 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/20 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/29 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/28 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/01 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/08 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/24 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/06 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/11 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/19 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/29 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む