サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編(徳間デュアル文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間デュアル文庫
  • サイズ:16cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-905161-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編 (徳間デュアル文庫)

著者 日日日 (著)

右手は禍々しい刃、左手は得体のしれない機械—三つ編みにセーラー服、神々しいまでに美しい少女の名は中村奈々子。彼女は、ロボットが人類を滅ぼすために作った“学園”最強の処刑人...

もっと見る

ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編 (徳間デュアル文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

右手は禍々しい刃、左手は得体のしれない機械—三つ編みにセーラー服、神々しいまでに美しい少女の名は中村奈々子。彼女は、ロボットが人類を滅ぼすために作った“学園”最強の処刑人。で、僕は、あらゆるロボットの始祖“チェシャ・キャット”を倒すために“学園”に潜入した人間様の兵士…のはずなんだけど、なんですかこのラブコメ展開は!日日日初の書下し萌え燃えSF学園アクションラブコメディ登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

萌え萌えSF♪

2007/05/28 06:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

徳間デュアル文庫って初めて読みました。微妙に本の大きさと固さが違ってて変な感じ。
ともかく、内容はいつものように日日日さんだから面白いです。 流行と関係なく規定速度を無視して走る感じの日日日さんにしては珍しく、萌えだったりアクションだったりいろいろ狙ってる感じがして逆に新鮮でしたが、下ネタやSFが多かったりでそれら萌えやアクションが釣りの罠だったことが読んでるうちに徐々に明らかにww
萌えをちらつかせてダークネスな展開に突き落とすこの犯罪的な性格の悪さはさすが日日日さんです。意地悪いwww
人間とは? ロボットとは? っていう問いかけは昔っからSFでたくさんありました(神林長平さんなんか、そればっかりw)が、このお話もその流れの最先端な感じ。
作中で赤ずきんが提示した人間とロボットの違い、なるほどって膝を打ったんですが、その説に反するような他のキャラの発言もあり、相変わらず色々と考えさせる作りになってます♪
この作家さん好きだなぁw 意地悪いけどww

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ギロチンめったぎり?

2007/01/13 20:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:放浪紳士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全編通して軽いノリで進み続けるSFアクションラブコメノベル。
人類の敵となったロボットの首領チェシャ・キャットを破壊するために、ろぼっとばかりの島に忍び込んだ主人公が出会う、中村奈々子とは!?
内容の感想としてはまず「笑える」。
(ロボットの)学園で恐れられているギロチンマシン、中村奈々子の主人公に対する情愛が引き起こさせる素っ頓狂な行動やら、中盤に登場した『赤ずきん』のブッ飛びすぎな言動行動。そして謎の保険医ロリエの手術。
とにかくあらゆるところに笑いがちりばめられていて、笑い無しに読むことが出来なかった。
しかし、そのギャグの中にも物語の真理へ近づくためのキーワードは数多く隠れている。
ギロチンマシンがギロチンマシンたる由縁、赤ずきんが見てしまったもの、そして冒頭で登場する『加藤千沙』に込められた真実とは。
一度読み切る事によって物語を再度楽しく読むためのスパイスを手に入れることが出来るので、少なくとも2度は楽しめる。
特に『加藤千沙』と『チェシャ・キャット』のくだりでは「やってくれる!」と思わざるをえなかった。
この物語はまだ続きがあるとあとがきでも書かれているので、二巻が発売されていないうちに一巻を読み、物語の行方と中村奈々子の真実を、自分の手で探ってみては?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真面目すぎるコメディ

2006/11/09 21:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラブコメっぽい入り方だがしだいに妙に重苦しい雰囲気
段々ミステリのような空気が流れだし、いまいちうまく入っていけない
ノリが安定せず勢いを削がれ、全体的にバランスが悪いように感じた
馬鹿っぽいネタで真面目に語りすぎるように思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/05 00:37

投稿元:ブクログ

ロボットと人間との差は何か…とか言う重い話では無くて、ラブコメの模様。
いろんな小ネタが多々入っています。
娯楽作品として読むのが正しいものだと思います。
非常に面白いです。
テンポも良いのでスラスラ読めますね。
日日日作品は発刊スピードが速いので、サクサク読まないと置いていかれるので良い感じです。

2007/10/31 09:57

投稿元:ブクログ

現代ファンタジー、で良いのか?(最近こんな始め方多いな)文体は裏表紙にもある通りラブコメ。設定はシリアス。人間は1人、男も1人。あとは人外で女の子、と言う良く無さそうでありそうで無さそうな設定(どっち)個人的には『ギロチンマシン』の口調の方が好きです。

2009/03/25 11:58

投稿元:ブクログ

日日日さんの小説としてはいまいちと言わざるおえない。
萌えが書きたかったんだろうか?うーん(汗)
イラストも当然萌え系。
好きな人は好きかもしれませんが微妙でした。

09'3'17

2011/05/29 23:41

投稿元:ブクログ

図書館から借りました

 SF。学園物。ラブコメ。

 人間と、自我をもった機械との戦争、というお約束から始まる。
 圧倒的に不利で絶滅寸前の人間、というのもお約束。

 どう考えても、「僕」が人間社会で暮らしていた記憶、というのがあやしいのだが。
 全滅してるんじゃない、人間は。
 で、学園で、ロボットは人間についてお勉強していて、クローニングした人間を送り込んでるんではないの?
 と、邪推する。
 あと二冊、図書館にあるが。
 この推察があたっていたら、笑うかな。

 ライトノベルにお約束、萌えキャラ投入。戦闘兵器で、儚げ優しい、でろでろあまあまな奈々子。
 最近の流行。主人公に本名でない。
 ロリロリで可愛いけれど、セリフが下品な少女赤ずきんも・・・萌えかな。ことあるごとに「糞」を連発する美少女。
 なんか、確かに新しいキャラクターですな♪

 設定の無理は、ラストでかなり解消されている。
 無意味な学園が「人間」というモルモットを観察するための実験施設であるならば。
 妙なことも、すべてそれで理由がついてしまうから。

2009/10/27 20:35

投稿元:ブクログ

日日日(あきら)の作品の中でも相当内容が練られてる作品の1つ。
著者の作品の中で1番面白い作品は何かと言ったら「狂乱家族日記」だが、1番好きな作品はなにか、と言ったらこの「ギロチンマシン中村奈々子」シリーズだと答える珠玉の1品。
最終巻がつい最近出たついでにageてみた。

2011/09/04 15:32

投稿元:ブクログ

なかなかに面白かった。日日日の魅力はキャラ同士の濃い掛け合いと、それを隠れ蓑にラストに明かされる欝展開だと思うの。キャラには萌えなかったが、なんか悪くないと思った。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む