サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最勝王
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/483p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-003753-5
  • 国内送料無料

紙の本

最勝王

著者 服部 真澄 (著)

空海とその時代。王とは、仏教とは、生きる意味とは何か。すべてを開く秘密の鍵。渾身の長篇小説。【「BOOK」データベースの商品解説】王とは、仏教とは、生きる意味とは何か? ...

もっと見る

最勝王

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

空海とその時代。王とは、仏教とは、生きる意味とは何か。すべてを開く秘密の鍵。渾身の長篇小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

王とは、仏教とは、生きる意味とは何か? 若き空海が摑んだ秘密の鍵とは? 陰謀渦巻く平安王権と仏教の神髄をめぐる、驚天の歴史サスペンス大作。『Web小説中公』の連載をまとめた一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

服部 真澄

略歴
〈服部真澄〉1961年東京生まれ。編集制作会社勤務を経て作家に。「龍の契り」でデビュー。「鷲の驕り」で吉川英治文学新人賞受賞。他の著書に「バカラ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現代サスペンスを描いてきた、服部真澄さんが仏教を描く。

2007/03/26 17:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 服部真澄さんて「竜の契り」や「鷲の驕り」とか、現代国際サスペンスを書いていたのに、最近は、時代物を書いているみたいで、ちょっとびっくり!?してます。
 でも、骨董品とかにも興味をお持ちみたいで古い歴史ものもお好きみたい。
その辺のつながりでしょうか?

 本書は、予備知識なしで、読んだのですが、
最初、佐伯真魚って人が、出てくるのですが、
これ、空海、弘法大師さんのお話しじゃないですか。
 唐へわたったのち、偉くなってから魅力たっぷりに
描かれていますが、面白いのは、若い真魚って行っていた時ですね。
 当時の最先端への憧れが、唐への渡海と同義に扱われています。
又、人を救う道として、儒教、道教、仏教とあり、
その三教から、おれは、仏教を選ぶんだというのも、凄いですね。
 そんな風に、この三つの教え(教)をとらえたこともありませんでした。
キャラクターとしては、若い頃の、空海(真魚)に色々教え、影響を与える、赤万呂という人物が、魅力的です。
赤万呂はある意味、友人であり、兄であり、真魚のもう一人の分身
として描かれています。
(特に後半の登場の仕方など、正に、空海にとってのもう一人の自分です)
当時のエリートだった、最澄とのことも、みっちり書かれているのかなぁ、と思っていると、この辺は、意外と、さらーっとという感じでした。
(入唐前の、真魚からすると、実際これぐらいの認識だったかもしれませんね)
 しかし、当たり前ですが、仏教も奥が深いです。
本書内にも、六十心というのが出てくるのですが、これは、本当に凄い、簡単に書いてしまうと、悩みや、揺れ動き惑う心を、おさめ、泰然としていよう、ということなのですが、(ある意味、悟りや、超越の心)このころから、ある意味、哲学として人の心の奥底を窺うようで
仏教の凄さに恐れ入った次第です。

 テーマから言って完全に理解したとは、いえない一冊ですが、
こういう世界に触れられただけでも、いいかなぁと思っております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/31 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/15 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る