サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゴールデン・デイズ 3
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発行年月:2006.8
  • 出版社: 白泉社
  • ISBN:978-4-592-18198-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ゴールデン・デイズ 3 (花とゆめコミックス)

著者 高尾 滋 (著)

ゴールデン・デイズ 3 (花とゆめコミックス)

432(税込)

ゴールデン・デイズ(3)

406 (税込)

ゴールデン・デイズ(3)

ポイント :3pt / 紙の本より26おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ゴールデン・デイズ 3」が含まれるセット商品

ゴールデン・デイズ(花とゆめコミックス) 8巻セット(花とゆめコミックス)

ゴールデン・デイズ(花とゆめコミックス) 8巻セット

  • 高尾滋
  • 税込価格:3,42431pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ひとりじゃなかった

2015/09/21 23:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイムスリップは一人じゃなかった。驚きの第3巻。
なぜ、彼まで過去の世界に引き込まれたのか?ますます謎が深まります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/27 20:33

投稿元:ブクログ

問題提起。
共に平成に生きていたいとこと再会して、大正という時代、これから起こる事象について苦難する。

2006/09/13 21:10

投稿元:ブクログ

ストーリーが転がり始めたかんじです。慶の言うことは尤もで、なぜそのことに気づかなかったのか読んだ後で不思議。(→光也視点で読んでるから/笑)これからの彼らが本当に心配、だけど楽しみ(悪趣味)

2006/08/18 17:35

投稿元:ブクログ

高尾さんはわたしが特別に好きな漫画家さんの一人。登場人物がみんなおちゃめ(死語)で良いです。歴史は飛ばして話を進めていくのかなーと思っていたら、絡んでくるのか、関東大震災に第二次世界大戦。先が気になる漫画です。しかし今回も亜伊子がかわえかった。

2006/08/20 23:22

投稿元:ブクログ

待ってました、の3巻です。久しぶりに登場した慶さん。意外でした、現代からもっと違う関わり方をするのかと思ってた!それにしてもいい男ですねー。歴史まで絡んできて、いったいどうなるのか…続き楽しみですね。

2006/09/03 03:38

投稿元:ブクログ

大正時代へタイムスリップして意図せずして祖父と成り代わってしまった少年とその周囲の人たちの話。3巻まで読んだ中で駆け落ち騒動のあとの仁の祖父への台詞「僕達は何者にも支配されてはいけない〜」が一番印象に残っている。これから訪れる震災、戦争などを考えると展開が気になる。

2006/09/13 20:06

投稿元:ブクログ

役者が揃ってついに物語が大きく動きだした感のある三巻。光也の従兄弟、慶の登場によってこれまで見ていなかった大切な部分に光也が気づきます。そして光也の中に生まれた感情。これからの展開が非常に気になる巻です。

2009/01/11 04:02

投稿元:ブクログ

大正時代での暮らしにもようやく馴染んできた光也は、改めて“この時代へ来てしまった理由”を考え始めていた。そんな折、光也と仁は、銀座の喫茶店に自分たちを捜している人物がいるという話を聞く。心当たりがないまま、そこへ向かった二人の前に現れたのは…!?

2006/11/12 01:06

投稿元:ブクログ

花とゆめにて連載中。少女漫画ではなかなか珍しいのではなかろうかと思われる、大正時代へのタイムスリップもの。ほのかに切ない友情ストーリー?

2011/11/11 22:56

投稿元:ブクログ

傷が 残っても 動ける
知らないこと たくさんの 俺の知る未来には 残っていないもの
消えてゆくということ 感じられる温もりが嘘ではない ということ それらを いとおしむということ
挑んでみたいんだ 歴史とか 運命とか そんな得体の知れないものを相手に オレのどんな力が 仁 お前を救うのか
オレは お前の隣にっ 立ってんだからな… 二度と一人でなんか行かせねぇ…

2007/03/29 02:38

投稿元:ブクログ

きむ○やのあんパンが食べたくなりました。光也は色んな人に感化されすぎな気がする。一巻を読み始めた昨日は、まさか光也が押し倒すとは露ほども思わなかったのに…。

2010/11/01 20:18

投稿元:ブクログ

主人公と共にタイムスリップした慶が表紙・慶の登場。慶の発言で光也が今いる日本という場所、時代の今後の運命を実感します。現代からきて歴史の授業で習って来たことが現実に起こってしまう、人がたくさん死んでいく時代だということを 宴会で光也が撮った仁の写真。元のものと変化しています。「運命は変わったのだろうか?」

2008/03/23 23:50

投稿元:ブクログ

慶が表紙の第三巻。
実はタイムスリップしてきたのは光也だけでは無かった衝撃の第三巻。
私…この巻、光也と同じとこで泣きました。関東大震災…うううう。

2012/04/03 19:28

投稿元:ブクログ

再読日:2012年2月24日
従兄の慶と再会。しっかりしたお兄ちゃんが第一印象でしたが、
猪木ネタを披露する等割とお茶目。
仁の嫉妬姿が、一見しっかりしてても華族であっても
まだまだ子供だなと感じました。

2013/03/05 14:09

投稿元:ブクログ

再会の3巻。
未来に起こることが、わかっているのに逃げられない、助けられない、ってほんとうにもどかしくて辛いな、とおもった。

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む