サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. ジャイブの通販
  5. グイン・サーガ 栗本薫THE COMICの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: ジャイブ
  • サイズ:21cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-86176-328-2
コミック

紙の本

グイン・サーガ 栗本薫THE COMIC

著者 栗本 薫 (原作)

グイン・サーガ 栗本薫THE COMIC

税込 933 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

栗本薫と丹野忍の対談を読みたければどうぞ

2006/11/04 08:20

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

栗本薫の代表作3作をコミック化したものですが、いずれも途中で終わっています。どれもが長い話なのでとても1冊に収まるわけはないのはよくわかりますが、それにしても・・・。と思って最後を見ると、2007年1月にそれぞれB6版のコミックスで刊行されるという広告が載っているではありませんか!
どうも、新手のコミックスの前宣伝を本にしてしまったというわけのようです。これでは何とも評価のしようがないですね。
『グイン・サーガ』「伊集院大介シリーズ」『夢幻戦記』が収められているわけですが、表紙は『グイン』のかつての挿絵担当の加藤直之の絵を使い、タイトルも「グイン・サーガ」を使い、あたかも『グイン』のコミック本のような体裁になっているのも、何となくだまされたようですっきりしません。
この頃は漫画家も誰もが知っている人は少なくなったので、ここに描いている人たちがどこでどんなマンガを描いていたのか私は知りませんが、どれも原作の雰囲気をうまく伝えているかというと「?」がついてしまいます。特に『グイン』は、長年それぞれにイメージが出来上がってしまっているのでどのような絵にしても何かしら文句が出てしまうのはわかるのですが、やはり表紙に負けてしまっている印象が強いですね。今までコミック化を避けてきた栗本薫がこれを許したのだとすると、寂しいものがあります。もっともすでに20年も書き継がれている話なので、今更何が出てきても平気なのかもしれません。
となるとこの本のお得感は、栗本薫と丹野忍の対談が載っているというところかもしれません。
「栗本薫ファン必携バイブル!」なんて書かれていると買ってしまうのがファンの哀しいところですが、もう少しそのコピーにふさわしい内容にしてほしいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。