サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

闇の底
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 75件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-213528-0

紙の本

闇の底

著者 薬丸 岳 (著)

少女を犠牲者とした痛ましい性犯罪事件が起きるたびに、かつて同様の罪を犯した前歴者が首なし死体となって発見される。身勝手な欲望が産む犯行を殺人で抑止しようとする予告殺人。狂...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少女を犠牲者とした痛ましい性犯罪事件が起きるたびに、かつて同様の罪を犯した前歴者が首なし死体となって発見される。身勝手な欲望が産む犯行を殺人で抑止しようとする予告殺人。狂気の劇場型犯罪が日本中を巻き込んだ—。絶対に捕まらない—。運命が導いた、哀しすぎる「完全犯罪」。『天使のナイフ』の薬丸岳が描く、欲望の闇の果て。江戸川乱歩賞受賞第一作。【「BOOK」データベースの商品解説】

少女を犠牲者とした痛ましい性犯罪事件が起きるたびに、かつて同様の罪を犯した前歴者が首なし死体となって発見される。狂気の劇場型犯罪が、日本中を巻き込んだ−。運命が導いた、哀しすぎる「完全犯罪」。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

薬丸 岳

略歴
〈薬丸岳〉1969年兵庫県生まれ。駒澤大学高等学校卒業。2005年、初めて執筆した「天使のナイフ」で江戸川乱歩賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー75件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

善と悪の間で

2006/12/18 09:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カワイルカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

薬丸岳は面白いとは聞いていたが、評判どおりの読みごたえのある作品だった。江戸川乱歩賞を受賞した前作『天使のナイフ』は少年法の不備をついて話題になったらしいが、この作品では性犯罪の前歴者と被害者の遺族の問題を扱っている。
 主人公の刑事、長瀬は妹を性犯罪者に殺された過去を持つ。その長瀬の周辺で、幼女殺人事件が起きるたびに性犯罪の前歴者が殺されるという事件が発生する。サンソンはフランスの死刑執行人の家系からとった名前だ。犯人は社会を浄化するために性犯罪者の首を切ると宣言する。警察には犯罪を抑止する力はないというのだ。
 犯人の犯行声明が報じられるや、世論はサンソンの味方になる。窮地に追い込まれた警察は犯人を捕まえようと躍起になるが、長瀬の気持ちは揺れ動く。サンソンははたして膳なのか悪なのか?警察官であると同時に被害者の遺族でもある長瀬には答えが出せない。長瀬の過去を知る上司は、彼が警察官として成長してほしいと願うのだが……。
 被害者が性犯罪の前歴者で、事件の捜査にあたる警官が犯人にシンパシーを感じているという異常な関係。長瀬がサンソンと同じくらい深い心の闇を抱えているところが恐ろしい。
 この長瀬を主人公に据えたことが成功している。犯人の「男」の不気味さと長瀬の不安定さが、サスペンスを増加させる。これは単なる犯人探しのミステリではない。ラストの意外性が話題になっているようだが、むしろそこまでの話のもっていき方やテーマに作者の非凡さを感じる。これからは薬丸岳から目が離せない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心の闇

2006/11/28 09:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

女児を巻き込んだ性犯罪が連続して発生、その後には必ず性犯罪者の前歴者が、無残な首なし死体で発見されるという連続殺人事件が発生した。
女児殺人事件と平行して、劇場型犯罪へと発展した性犯罪者殺人事件の真相を追う長編ミステリー。
両方の事件が絡み合い、更に、警察と犯人の行動を交互に描かれていて、最後まで気の抜けない展開だった。
残虐な犯人の複雑な心理状態や、我が娘を殺された親の心境も同時に窺えて、何度もいたたまれない気持ちになった。
子供を巻き込む犯罪が多くなった昨今、ラストは、思いもよらなかった展開に驚かされたが、それがとてもリアルに伝わってきて、深く考えさせられた作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

闇の底

2006/10/09 02:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

少女が犠牲になる性犯罪。
事件が起こるたびに、
一人、また一人、サンソンに処刑されていく元性犯罪者達
「子供が殺されるたびに、かつて子供を殺した者達を処刑する」
『サンソン』フランス史に残る死刑執行人を名乗る予告殺人者。
幼い頃、妹を性犯罪事件で亡くした刑事・長瀬に「サンソン」から電話がかかってきた。
「いずれ君が望んでいる世界を見せてやろう」
騙されました。
ミスリードされちゃったよ、作者の思惑どうり。
(いつもミスリードされてます)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

性犯罪者の再犯可能性は高いといわれる。野放しの奴らに制裁を加える男のその動機は?そして一瞬息を呑んだまさかのエンディング。

2006/11/15 11:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

このところ悲惨な事件が連続している。小中学生のイジメによる自殺、肉親による幼児虐待と殺傷。幼い命の非常事態宣言であろう。これという対応措置がないままに狂気だけが蔓延しつつあるようで不安と焦燥感が日本全体を覆っている。
そして『闇の底』で薬丸岳はこの暗澹の世相を背景に強烈な反則パンチを繰り出した。
前作『天使のナイフ』では刑事罰の対象にならない少年たちに妻を殺された主人公の「殺してやりたい」との無念の叫びには読者の共感を呼ぶところがあった。また刑事罰を受けない少年たちの「贖罪」とはなにかと問題提起するミステリーの好著だった。
今回も「殺してやりたい」幼児性愛の犯罪者たちと犠牲者の家族が何人も登場する。しかし前作とはまるで趣が異なる。
「少女を犠牲者とした痛ましい性犯罪事件が起きるたびに、かつて同様の罪を犯した前歴者が首なし死体となって発見される。身勝手な欲望が産む犯行を殺人で抑止しようとする予告殺人。狂気の劇場型犯罪が日本中を巻き込んだ………。」
憎んでも憎みきれない犯罪者。そいつらに天罰を下すと宣言し実行する「男」。そして「男」を追う刑事・長瀬もまた妹を陵辱殺害された過去を持つ。
頻発する幼女殺害事件が未解決のままに当局は性犯罪へ抑止力を喪失しつつあった。警察側の捜査の混乱。幼女たちが殺害されるたびに「男」は凄惨な犯行を実行する。被害者家族の怒りと捜査への不信感。その焦燥を埋め合わせるかのような「男」の犯行。長瀬刑事と先輩たち警察側の視点で捜査状況が、妻子を持つこの「男」の視線で彼の日常生活と犯行現場が、交互に語られる。さらに妹を殺害された少年・長瀬の記憶に残る当時の情景、心境がフラッシュバックする。この巧みなストーリー展開はなかなかの緊迫感があり、引き込まされた。「男」の本当の動機はなんなのだろうか。この「完全犯罪」はどのように破綻するのだろうか。この謎解きもまた魅力的な設定だった。
どんでん返しのラストもまた非常にショッキングだ。
むしろあきれ返った。『天使のナイフ』のような鋭い問題提起を期待していたために私はひどい消化不良に陥り嘔吐感を禁じえなかった。そして読んでいる最中は語りのうまさに気づかなかったのだが、本格ミステリーだとすれば欠陥と言っていいところがやたらに気になってきた。この作品は一時流行したノワールなサイコサスペンスとして理屈抜きにのめりこんでいれば咀嚼できるのかもしれない。しかし背景は抜き差しならない深刻な現実である。なんでもありの無作法なミステリーには感心できません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/12 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/20 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/11 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/05 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/08 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/11 09:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/21 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/12 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/22 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/05 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/31 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。