サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. 伝記の通販
  5. 慧文社の通販
  6. 常に諸子の先頭に在り 陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

常に諸子の先頭に在り 陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 慧文社
  • サイズ:20cm/271p 図版16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-905849-48-9
  • 国内送料無料

紙の本

常に諸子の先頭に在り 陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰

著者 留守 晴夫 (著)

米軍の死傷者数が日本軍のそれを上回った唯一の戦闘、硫黄島戦。「アメリカとだけは戦うな」 そう主張し続けた帝国陸軍屈指の知米派栗林の生涯を辿りつつ、日本文化の宿命的弱点を容...

もっと見る

常に諸子の先頭に在り 陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰

3,240(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

米軍の死傷者数が日本軍のそれを上回った唯一の戦闘、硫黄島戦。「アメリカとだけは戦うな」 そう主張し続けた帝国陸軍屈指の知米派栗林の生涯を辿りつつ、日本文化の宿命的弱点を容赦なく剔抉する、異色の栗林忠道中将論。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

クリント・イーストウッドが監督する、2つの「硫黄島」映画。

2006/08/24 23:20

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田浦海岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2006年8月15日の新聞に全面広告。 そこには
クリント・イーストウッドによる挨拶文がありました。
題して「日本のみなさまへ」。
こう始まります。
「61年前、日米両軍は硫黄島で戦いました。・・
この戦に興味を抱いた私は、硫黄島の防衛の先頭に立った指揮官、
栗林忠道中将の存在を知りました。彼は想像力、独創性、そして機知に富んだ人物でした。私はまた、栗林中将が率いた若い兵士たち、そして、敵対するにもかかわらず両軍の若者たちに共通して見られた姿勢にもとても興味をもちました。・・私は現在、『硫黄島からの手紙』『父親たちの星条旗』という、硫黄島を描いた映画を2本、監督しています。・・」
『父親たち』が10月28日公開。
もう片方『手紙』は12月9日公開とあります。
さて、
今回紹介する本には最初に栗林氏の写真・図等が16㌻にわたって掲載されております。昭和23年生れの著者・留守晴夫(るすはるお)氏は今年(平成18年)発売の本に、こう書き込んでおります。
「私が栗林に関心を持つようになったのは、十数年前、アメリカのマサチューセッツ州の小さな大学町に、在外研究員として滞在していた頃の事・・ある日、行きつけの古本屋の店頭に積み上げられた古書の山を眺めていたら、IWO JIMA と背表紙に記された一冊の書物が目にとまった。リチャード・ニューカムというジャーナリストが1965年に上梓した硫黄島戦の記録であった。出版されるやベスト・セラーになったそうだが、それを読むまで、私は硫黄島については極くありきたりの知識しか持ちあわせておらず。ニューカムがかなり詳しく紹介している栗林中将の為人(ひととなり)については全く無知であった。武人として卓越していただけでなく、父親として、夫として、そして何よりも一人の人間として、実に見事で魅力的な栗林忠道という日本人を知る事が出来たのは、私の場合、ニューカムというアメリカ人のお蔭であった。」(p18)
私は、
さきに田草川弘著「黒澤明vs.ハリウッド 『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて」を読んでいたのでした。その映画『トラ・トラ・トラ』はというと、フォックスが映画『史上最大の作戦』の次の映画としてパールハーバーを題材にして企画した映画でした。日本側の指揮官には山本五十六が登場します。
今回紹介する本の第2章は、こんな風に書き出されております。
「2001年にデリック・ライトなるイギリス人が『硫黄島戦』と題する書物を著し、栗林の戦いぶりを絶賛して、『将軍の名前はもう一人の傑出した指揮官山本五十六提督のそれとならんで、戦後日本に於いて名誉ある地位を与えられている』と書いた。ライトは日米両国に対して頗る公平であり、私は好感を持って読んだが、いかなる根拠に基くにせよ、この記述だけは頂けない。今の日本に山本五十六の名を知らぬ者は少なかろうが、栗林忠道の名を知る者は頗る少ない。・・」
私は、あまり内容にはふれないようにいたします。
ただ、この本全体はというと、栗林中将をたどりながら、文章に隠し味のような言葉が、ところどころに振り撒かれており、全体の味わいを引き立てております。そのスパイスに山本七平・幸田露伴・佐伯彰一・高村光雲・伊藤正徳・福田恆存などの言葉がさりげなく挿入され、深い思索の論考としての魅力を引き出しております。
映画で知るもよし、本で知るもよし。
簡単に手に入る本としては、
梯久美子著「散るぞ悲しき」(新潮社・大宅壮一ノンフィクション賞受賞)。
栗林中将から留守宅や疎開先への手紙をまとめた
「硫黄島からの手紙」(文藝春秋・この8月に出たばかり)。
ほかには文春文庫「硫黄島の星条旗」などがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

硫黄島

2015/08/20 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

このタイトルは大本営への最後の電文にある一節です。この著者は米文学者ということで、ちょっと切り口が他と違っていて比較しながら読むと面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/06 02:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む