サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. デモナータ 3幕 スローター

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デモナータ 3幕 スローター
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:22cm/390p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-09-290323-5
  • 国内送料無料

紙の本

デモナータ 3幕 スローター

著者 Darren Shan (作),橋本 恵 (訳),田口 智子 (絵)

悪魔に心を売ってしまった人間たちが計画する巨大な映画のロケのための街。そこには大虐殺という意味をもつ「スローター」という街だった。次々と悪魔のえじきになる俳優やスタッフた...

もっと見る

デモナータ 3幕 スローター

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「デモナータ 3幕 スローター」が含まれるセット商品

デモナータシリーズ 10巻セット

デモナータシリーズ 10巻セット

デモナータシリーズ 10巻セット

デモナータシリーズ 10巻セット

デモナータシリーズ 10巻セット

デモナータシリーズ 10巻セット

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:16,200150pt
  • 発送可能日:購入できません

デモナータシリーズ 10巻セット

デモナータシリーズ 10巻セット

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:16,200150pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

悪魔に心を売ってしまった人間たちが計画する巨大な映画のロケのための街。そこには大虐殺という意味をもつ「スローター」という街だった。次々と悪魔のえじきになる俳優やスタッフたち。主人公は知恵と勇気をもって魔術で立ちむかっていく。ハラハラドキドキでスピーディなファンタジー。【「BOOK」データベースの商品解説】

ダービッシュおじさんがゾンビ状態をぬけだし、胸をなでおろしたグラブス。その頃、最高の映画を撮りたいがために悪魔に心を売った映画プロデューサーが作ったロケの町で、大変な事件が起きる…。シリーズ第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

Darren Shan

略歴
〈Darren Shan〉1972年ロンドン生まれ。6歳でアイルランドに移る。著書に「ダレン・シャン」シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

悪魔軍団と人間たちの壮絶な戦い

2007/06/01 22:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:喜八 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 若き天才ホラー小説家ダレン・シャンによる「デモナータ(The Demonata)」シリーズ第3作『デモナータ 3 スローター(Slawter)』の翻訳です(橋本恵訳)。
 作家ダレン・シャンといえば、自分と同名の少年ヴァンパイアを主人公とした「ダレン・シャン・サーガ(全12巻)」で世界的大ヒットを飛ばした後も、その創作意欲は衰えることがなく「デモナータ」も快調に出版され続けています。
 子供向けに書かれた「ダレン・シャン」のことはまったく知らなかったのですが、知人に勧められて第1巻『奇怪なサーカス』を読んでみたら、「なかなかイケル」。それで2巻目以降も読み進めると、巻を追うごとに面白さが増してゆく。「これはかなりの才能だ!」と驚かされました。全12巻を読み終わったときは非常な満足感を覚えたのです。
 そして「デモナータ」シリーズ。こちらも「ダレン・シャン」をさらにパワーアップしたような面白さです。これはもう「子供向けホラー」とは言えないかもしれません。
 現在「デモナータ」シリーズは原作・翻訳ともに第4巻まで出版されています。そして第5巻「Blood Beast」は2007年の06月06日に出版される予定です。シリーズの奇数巻、つまり1・3・5巻の主人公は現代に生きる少年グルービッチ・グレイディ。第2巻の主人公はやはり現代の少年コーネリアス・フレック。第4巻は5世紀のアイルランドに住む少女ベックという、ちょっと凝った構成になっています。
 主人公たちの共通の「敵」は強大な力を持つ悪魔のロード・ロス。人間を激しく憎んでいて、人間を残虐にいたぶって殺すのが何よりの楽しみだという「魔将」です。そして、ロード・ロスとその配下の悪魔どもが暮らしているのが魔界「デモナータ」なのです。
 悪魔たちは基本的に人間界に来ることが難しいのですが、人間の中に協力者を得ることで「デモナータ」と人間界のあいだに「まど」を開くことができます。そうやって到来した悪魔の目的はもちろん人間を虐殺することです。「デモナータ」シリーズの主人公たちは、本人がまったく望んでいないにもかかわらず、悪魔たちと戦わざるを得ない運命に陥ってしまいます。
 この第3作『デモナータ 3 スローター』では、主人公のグラブス少年と叔父のダービッシュ、異母弟のビルE・スプリーンの3人が、、ホラー映画『スローター』のロケ現場に赴きます。当初は普通の撮影現場だと思ったところ、グラブスは徐々に怪しい点に気づいていき・・・というストーリーです。そして物語のクライマックスでは悪魔軍団と人間たちの壮絶な戦いが繰り広げられます。
 ホラー・ファンの私としては「う〜ん、満足だ」という出来栄えでした。ただし、残虐描写などは前シリーズより更に過激になっています。そのためスプラッタが苦手な方には到底お勧めできない一冊でもあります。ちなみに『スローター』とは「大虐殺」という意味です・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/26 18:59

投稿元:ブクログ

 3幕の主人公は、1巻目の主人公グラブス。1巻目が終了してから4ヵ月後が、物語の舞台です。有名な映画監督からホラー映画撮影の手助けを依頼されたダービッシュおじさんと共にグラブスとビルEも、映画撮影用に用意された町へと赴くのですが…。 ゾンビ状態から脱したものの、本調子から程遠く、悪夢にうなされ続けるダービッシュおじさんを懸命に助けるグラブスが、とてもけなげ。そして幾多の危機や困難を機転と勇気とで切り抜けながら、少しづつ成長していきます。 ただ…成長するためには、ここまでの痛みを伴わなくてはいけないのかと、読んでいるこちらの胸まで痛みでズキズキしてくるのですが。「スローター(大虐殺)」というタイトルのままに、残酷なシーンがてんこもり。ふぅ。 今までだって残酷なシーンはいくらでもあったけど、この3幕ほど残酷さを痛感した巻はなかったです。面白がって読む内容じゃなかったですよ。 それにしても悪魔って、突如として人間に降りかかってくる理不尽で残酷な運命の象徴なのかも。明日の命さえ…確かなものなんて、何一つないのよねえ。 1巻で登場した「小羊」、2巻で登場した魔術同盟のシャークとシャーミラ・ムーカジ、そして魔将ロード・ロスが再登場する楽しみもあるし、読者の予想を裏切り続けるスピーディーな展開が最後まで飽きさせずに読ませます。ま、スローターとなった動機が、あまりにもお粗末で、説得力がまるでないんですけどね(苦笑)。 3幕は、次巻以降への橋渡し的役割の巻だったと思う。3幕で姿を消した人物と今後、再会できるのでしょうか。次巻以降の楽しみが増えました。 4幕は、最後3人目となる主人公が登場するとのこと。どんな繋がりの人物が主人公となるのか、どう物語は脹らんでいくのか、楽しみに待ちたいと思います。 (2006.9.5読了)

2007/03/04 16:06

投稿元:ブクログ

映画ロケ地という舞台設定と登場人物が敵か味方かわからないという展開が面白い。
ダークな内容は健在だけどあまり戦いは白熱しないのでちょっとばかり評価低め。

2006/09/25 22:50

投稿元:ブクログ

タイトルになっている「スローター」という映画が舞台です。
1巻目の主人公グラブスが、悪魔に両親を殺された傷がまだ癒えていないのに、再度、ロード・ロスと戦うはめに・・・!
恐怖で立ちすくみながらも、懸命に戦うグラブス。
デモナータから帰って来たダービッシュおじさんも復活し、新しい登場人物と絡みながら、「スローター」という映画の中で、お話が展開するのが面白い!
ダレン・シャンの作品は、一気に読めてしまうパワーが毎回あるのですが、今回は、ほんっとおもしろくて、ぐいぐい読んでしまいました。
星は3個半くらいです。
4巻目はさらに新たな主人公登場と言う事で楽しみです。

・・・にしても、グラブス達が気を失った後の展開は読めなかったな〜!!

2007/02/13 00:46

投稿元:ブクログ

1幕の事件の4ヵ月後の話。映画撮影を舞台にグラビスが魔術の覚醒し展開もスリリングに。
今回の作品はグラビスが魔術を自由に扱えるようになりちょっと大人ぽくなった印象がある。最後まで誰が黒幕なのか分からなくて楽しめた。

2008/04/19 15:17

投稿元:ブクログ

ようやく読むことができました…っ。
デモナータ第3幕、グラブスが魔術を駆使して大活躍!そしてまさかのロード・ロス再登場。
新キャラや1幕とのつながりや…いろんな枝葉が満ち満ちています。しかし一番気になるつぼは、グラブスの魔力の目覚めと襲い来る恐怖…!
またしても続きがきになります。

2006/09/03 21:40

投稿元:ブクログ

う〜ん。
過去の二作品に比べて、ちょっと物足りない。
あと、悪魔が見せる夢を現実と思ってたら、実は夢・・・って部分が解かりにくかった。
まぁ、読みが浅いせいだけど。

1・2で怖さに慣れたのかしら?
想像力が足りなかったのかも・・・

2007/01/21 08:36

投稿元:ブクログ

ダレンさんのお話にはいつも驚かされっぱなしです。主人公の心情なんかがとてもよくかけていると思います。でも、デモナータの前巻やダレン・シャン等の作品と比べてちょっと物足りないなーとも思ってしまいました。もっとしっかり読んでみようと思います。

2007/04/09 21:34

投稿元:ブクログ

1と同じメンバーだから仕方ないとはいえ、またもや少年+年上男性の組み合わせ。
違いといえば、今回は少年の方が力をつけてきたところ、かなぁ・・・
巻を重ねてダービッシュおじさんが死んだら嫌だな。
なんか死にそうなポジションだから心配。

2007/10/26 00:11

投稿元:ブクログ

デモナータ3幕。
主人公は3人いるということで、1幕ではグラブス、2幕ではカーネル、3幕では3人目、といくのかと思いきや、再びグラブス。
いやもうグラブス好きだからいいんだけどね!!爆
ダービッシュおじさん可哀想だよー。早く治るといいな、なんて思いながら読んでたらちゃんと治ってくれたのでよかったです。
ボウちゃん実はいい子だったんですね。やな子のままだったら気にもとめなかっただろうけど、いい子になったからちゃんと読み終わっても名前を覚えてます。笑
ベラナバスとかカーネルとかの名前がちらと出てきて、おっと思いましたけど、話題だけで軽くスルーでしたね。
グラブスからみたらカーネルはオジサンになっちゃうのかな?てかベラナバスはいったいいくつに?
てか最初から結構後のほうまで私ジューニー疑ってましたね。こいつが一番アヤシイ…。とか。笑
最初のほうの大人しい心理学者さんのジューニーは好きでしたが、中盤になって強気な女になりだした辺りからちょっと好きじゃなくなりましたね。そして魔術使えるようになった辺りでは、もういいよこのひと、みたいな。なんでかな。
ところでロード・ロスは何者ですか?魔将?はあ?
ただのへたれじゃん…。笑
そんなへたれロード・ロスもなんとなく好きです。
それにしても、ダービッシュおじさんはいやにグラブスを気に入っておりますね。なんかすごい頼ってるし。
グラブスも細かくダービッシュおじさんの面倒見てあげてるし。仲良し。
まだ3人目の主人公も出てきてないし、魔術同盟も、子羊も、グラブスも、カーネルも、みんなまだバラバラなので、このコマたちがこれからどう動いてどう関わっていくのかが楽しみです。

2007/11/13 23:24

投稿元:ブクログ

1幕、グラブスが主人公の話の続き。少し展開が読めるのが残念。にしても、グロい!悪魔殺しすぎ!人間殺されすぎ!ハリポタの映画撮影を見学した時に参考にしたらしい、撮影の様子が興味深かった。

2011/07/22 04:32

投稿元:ブクログ

毎回毎回映像で頭に出てくるからこれは本当に「後ろに敵がいるよ!」って声を出してしまった。
主人公はんぱねぇ。

2010/01/30 02:04

投稿元:ブクログ

主人公のグラブスは、デモナータというところから帰ってきたダービッシュの変な行動に悩んでいてとき、彼らとビルEという友達は、ダビーダ・ヘイムと人に出会う。
その人は映画プロデューサーで映画作成の協力を頼まれる。
撮影現場へ向かい、エメットという少年と知り合うがそこでエメットが突然、いなくなってしまう。
グラブスは不審に思い、調べたりするがなにもわからない。
そんなとき、子役俳優の双子のうち、1人がいなくなってしまい、そこで入ることを許されてはいないはずのD工房へ入っていくという話。
今回のデモナータでもハラハラドキドキの連続で楽しかったです。

2009/11/16 19:16

投稿元:ブクログ

グラブスが出てきましたー!グラブス好きなので嬉しいです。魔術を使って戦うところなんか本当にドキドキしてページをめくる手が止まりません!ダレン・シャン特有の怖さも面白さの1つなので、その点から言うとこの巻は結構な面白さが期待できると思います・・・。次巻は3人目の主人公が登場するみたいです。楽しみ!映画化してほしいです・・・!

2009/12/23 01:03

投稿元:ブクログ

面白くて、3回は連続で読み直しましたね←
うん、正直グロイんですが、ストーリ展開が相変わらず読めないww面白すぎでしょ!?深夜…怖いながらもページをめくる手がとまりませんでしたよ
クラブス君かっこいいだろ(´∀`*)ウフフ
ぜひオススメしますよ

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む