サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくの・稲荷山戦記(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-275486-X
文庫

紙の本

ぼくの・稲荷山戦記 (講談社文庫)

著者 たつみや 章 (著)

先祖代々、裏山の稲荷神社の巫女を務めるマモルの家にやって来た奇妙な下宿人。腰まで届く長髪に和服の着流しの美青年・守山初彦は、山と古墳をレジャーランド開発から守るために動き...

もっと見る

ぼくの・稲荷山戦記 (講談社文庫)

税込 596 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

先祖代々、裏山の稲荷神社の巫女を務めるマモルの家にやって来た奇妙な下宿人。腰まで届く長髪に和服の着流しの美青年・守山初彦は、山と古墳をレジャーランド開発から守るために動き出す。守山に連れられ、マモルがまみえた太古からの“存在”とは?第32回講談社児童文学新人賞受賞の著者デビュー作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【講談社児童文学新人賞(第32回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

和風ファンタジー

2016/09/08 22:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:楽しい家庭菜園♪ - この投稿者のレビュー一覧を見る

マモルの家は、先祖代々裏山の稲荷山神社の巫女をつとめる家系。
ある日そのマモルの家に、腰まで伸びた長髪に和服と言う一風変わった美青年が下宿することに。
それをきっかけに、稲荷山をレジャーランド開発から守る活動を始めるマモル。
はたして開発は防げるのか、そして稲荷山神社とマモルのと深い関係とは・・・

ファンタジーと言うと、剣と魔法とドラゴン・・・って感じで洋風なイメージがありますが、
日本的な自然と八百万の神、そしてもののけの類ってのも悪くないです。

『戦記』と言うだけあって、闘う場面があるのですが、別に剣を使う闘いじゃないのにドキドキします。
この本を読んだ後は、神社に行った時や自然に触れた時、これまでとは違った気持ちになるかもしれません。

大人でも楽しめる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/01 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/24 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/15 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/03 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/12 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/17 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/12 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/24 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/10 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/14 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/22 02:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/28 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/27 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。