サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天使の啼く夜(幻冬舎ルチル文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天使の啼く夜 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 高岡 ミズミ (著)

21歳の伊佐秀和は、女に追い出された日、田宮知則に拾われる。人材派遣会社を経営する田宮と同居するかわりに、行儀作法を叩き込まれる伊佐。目的を知らされず面白くない伊佐に、顔...

もっと見る

天使の啼く夜 (幻冬舎ルチル文庫)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

天使の啼く夜

555 (税込)

天使の啼く夜

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

21歳の伊佐秀和は、女に追い出された日、田宮知則に拾われる。人材派遣会社を経営する田宮と同居するかわりに、行儀作法を叩き込まれる伊佐。目的を知らされず面白くない伊佐に、顔のよい男なら誰でもいいと田宮はそっけない。苛立つ伊佐は田宮を組み敷き身体を繋ぐ。やがて田宮の悲壮な決意を知り、伊佐は次第に田宮に惹かれていくが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

シリーズその1

2012/10/09 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

人材派遣会社経営の田宮(受け)とその田宮に拾われる伊佐(攻め)のお話です。
田宮には固く決意したことがあります。その決意したことを決行するために田宮は拾われるのです。
伊佐視点でお話が進むので田宮のことや、田宮の思惑などがなかなか分かりません。
とてもじれったいのです。
で、田宮がなぜ、ただ拾っただけの伊佐のことを好きになったのか?も最後まで分かりませんでした。
なんだかとても、もやもやーっとした感じが残るお話なのです。
全体的に物足りなさを感じてしまった作品でした。ちょっと残念感が残ります。
心に残ったのは奈良さんのイラストかなぁ。この頃はとても秀麗でしたね。
このお話にはスピンオフがあります。
次は「天使の爪痕」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/04 22:08

投稿元:ブクログ

未読。感想はブログにて。昔、絵師買いをして痛い目をみた経験があり、それ以来絵柄にはこだわらないようにしていたのに…恐るべし、奈良画マジック!

2007/02/10 09:50

投稿元:ブクログ

義父の復讐の為に拾われた伊佐。拾い主のくせにそっけない態度に苛立ち犯してしまうが次第に田宮にのめり込む様に惹かれていく。二人のお話もなかなか良かったですが読み終わった後どうも脇の志水と桐嶋はデキているのでは?!など勝手にカップルを増やして悶えてました…。この二人ならどっちが攻めでもいいぞ!…一層、志水×桐嶋でいいなと思う外道人です。

2007/01/16 23:39

投稿元:ブクログ

積読群からイラストとタイトルで決定。おお、相変わらず昼メロだー(笑)復讐シリーズとして続くみたいですね。桐嶋と志水がなんかありそうで楽しみだけど全然違うキャラで続くのかな

2009/03/31 16:40

投稿元:ブクログ

21歳の伊佐秀和は、女に追い出された日、田宮知則に拾われる。
人材派遣会社を経営する田宮と同居するかわりに、行儀作法を叩き込まれる伊佐。
目的を知らされず面白くない伊佐に、顔のよい男なら誰でもいいと田宮はそっけない。
苛立つ伊佐は田宮を組み敷き身体を繋ぐ。
やがて田宮の悲壮な決意を知り、伊佐は次第に田宮に惹かれていくが…。




2008/05/14 12:50

投稿元:ブクログ

あらすじ:21歳の伊佐秀和は、女に追い出された日、田宮知則に拾われる。人材派遣会社を経営する田宮と同居するかわりに、行儀作法を叩き込まれる伊佐。目的を知らされず面白くない伊佐に、顔のよい男なら誰でもいいと田宮はそっけない。苛立つ伊佐は田宮を組み敷き身体を繋ぐ。やがて田宮の悲壮な決意を知り、伊佐は次第に田宮に惹かれていくが…。

2008/06/17 13:24

投稿元:ブクログ

キター!!!
千春のダーク絵ここに極まり。

内容はくらいかな、ともいつつ、
救いのあるエエ話でした

2010/02/04 15:50

投稿元:ブクログ

[CD]
高岡ミズミ+羽多野くん+遊佐さん=楽しみ!!
あたしこの羽多野くん大好き。
今まで聞いてたのがおとなしかったり、言葉遣いが綺麗だったりだったので新鮮だったわ…。
これで受だったら更によかったのに!!
やっぱこういう言葉遣いが好きだな~。
遊佐さんも何を考えてるかわからないし。
もうちょい感情がわからなかったほうがよかったけど、これはこれでOK。
子安と下野はあまり話に絡んでこなくて、ホントに羽多野くんと遊佐さんでビバ!!(笑)
そうそう、この下野は低く落ち着いて喋ってたんだけど年齢設定がトークにいくまでわからなかったよ(笑)。
トークは羽多野くんが遊佐さんの策略にハマり、墓穴を掘り続ける感じがひどく可愛かった(笑)。
子安が思ったよりあっさりだったな。
下野がやばかった(笑)。
下野の大爆笑って初めて聞いたよ。
最初は女性声優さんが残ってるのかと思ったくらい…な笑い方でした(笑)。
言葉で説明できないので聞いてくださいな。
しかし…ホントに好きだなぁ。
原作読まないのに高岡ミズミ好きって言えるくらい、CDになったものは気に入ってる。
キャストの力もそれなりにあるけど、それでも普通に話が楽しめるのはいいことだと思う

[原作]
あたしがBLを読む時は十中八九CD原作です。
だってそうでもなきゃ興味ないんだもん(笑)。
しかも2007年になってから買ったBL本は100%羽多野くん関連ってどうなの?(笑)
内容はCDとそんなに変わらないかな。
カットされてたエピソードももちろん(笑)。
花とか何でカットしちゃうかな。
あたし基本的に高岡ミズミには甘いから内容は満足ということで(笑)。

2009/11/12 23:53

投稿元:ブクログ

羽多野x遊佐 フリトが面白すぎたwww羽多野くん、愛されてる!^^ 珍しくヘタレでない羽多野くんとクールでストイック美人受ゆさ。息というか、雰囲気がえろい…

2011/03/11 08:19

投稿元:ブクログ

ミステリアスな始まりに話しも良かった。早いっ。あっという間に読んでしまって逆に物足りないぐらいwwビックリw読みやすかったってことかな。

ヒモ生活してた攻めがこの変わり様。壊れたみたいに感情を出さない受けがイイ。なんの為に拾われたのか分からない前半がとても良かった。後半は驚愕のスピード展開で感情が微妙についていけなかったww

復讐劇から同調して落ちていく攻めにも納得出来たし良かったんだけどな。あれ?!作家さん初読み。
続編楽しみ〜♪

2010/03/10 01:18

投稿元:ブクログ

文章、内容ともにバラバラ感が否めません。
ストーリー自体はちょっと重めの復讐物ですが、端折り過ぎと言うか、復讐に重点を置きたいのでしょうがそれ以外も主張しすぎていて、このページ数では詰め込みすぎな気がします。

2011/01/13 09:14

投稿元:ブクログ

表紙につられて。
内容はわりとストーリー性を感じて面白いなって思いましたね。ただ脇の人たちをもう少し、と思ったら続編あったんですね驚き。
二人の話はここで救いのある話になって良かったと思います。こういうキャラの攻めの地文、すごく好みです。

2013/01/04 06:01

投稿元:ブクログ

BLCD先行で聴いてからの読破。

天涯孤独、母親から虐待、その後入った施設も合わず、町でふらふら女に世話になりながら生きてきた秀和が、親の復讐の手駒として智則に拾われる。

が、この、智則という男もやはり過去に恵まれておらず、父と慕った恩人を殺され、復讐以外を考えられずにきた。常識以上の秀和のプライベートへの立ち入りに、戸惑いながらも、いつの間にかお互い惹かれ合う。


CDをキャスト買いしたので原作読んでみようと買ったのですが、内容がCDの方が色々軽いので、ヤクザとの立ち回りシーンとか、作家さんなりに色々考えて、頑張って書いてあるのにCD結構削られてしまってるなと思った。
あとはわりとさらっと読み終えた。

2012/11/11 22:19

投稿元:ブクログ

天使シリーズの第1弾。

伊佐のキャラと心情に少しの違和感はあったけれど、
それもいいアクセントになっていたように思う。

けれど、田宮の心情がいまいち掴めなくて、
伊佐のことが好きなのか、それともただの庇護欲なのか、
あるいは一人でいたくないとか、そういうだけのことなのかがわからない。

なんがか、田宮のことが掴めないまま終わってしまった感あり。

2013/11/15 20:14

投稿元:ブクログ

読み始めはどうかなーって思いましたが、後半はグッときた!
擦れた男(攻)が、どんどん受に純情傾けちゃう、なんとも可愛い年下攻め。
続きも楽しみです。

天使シリーズ(全3巻)
1.「天使の啼く夜」
2.「天使の爪痕」
3.「天使の方羽」