サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

少し変わった子あります
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 146件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/08/30
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-325200-2

紙の本

少し変わった子あります

著者 森 博嗣 (著)

謎めいた料理店で出会う“少し変わった子”たちが、あなたを幻想的な世界へと誘う—。【「BOOK」データベースの商品解説】失踪した後輩が通っていたのは、いっぷう変わった料理店...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

謎めいた料理店で出会う“少し変わった子”たちが、あなたを幻想的な世界へと誘う—。【「BOOK」データベースの商品解説】

失踪した後輩が通っていたのは、いっぷう変わった料理店。予約のたびに場所が変わり、毎回違う若い女性が食事に相伴してくれるという…。謎めいた料理店で出会う「少し変わった子」たちが、あなたを幻想的な世界へと誘う物語。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

少し変わった子あります 7-38
もう少し変わった子あります 39-67
ほんの少し変わった子あります 69-97

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー146件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

孤独の質を思う

2007/02/07 01:33

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねねここねねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

森さんの作品は大すきだ。
但しこの本に限れば、幾分に「孤独」が大衆化されて感じられた。
味の付いた素材を、そのまま出されたような感じ。
設定は好み。人物も僕は好感が持てる。
食後のコーヒーを思わせる、最終章での仕掛けがあるのも悪くない。
抽象的な誤魔化しになってしまうかもしれないが、これはおそらく好みだろう。
期待が大きすぎたから、余剰を足りなく思うだけ。
彼の作品には孤独がある。
切なさも痛みも。
冬空の、遠い星の光。
時に毒にすらなる、内側で澄み切った真摯なもの。
湖に潜む、銀の刃のように清冽な概念。
この作は、少し違うなと思った。
薄まって思える。これは繰り返すが、僕の「好み」。
真賀田四季、瀬在丸紅子の孤独は薄まっている。
文芸方面(!?というのかしら)で言うなら、
『墜ちていく僕たち』ほどの求める孤独は感じなかった。
こんなこと、どうして僕は書いているのか。
これも繰り返し。期待が大きすぎたから、こうして不足を取っているだけ。
自身客観で思うが、それは陳腐で悲しいことだ。
期待の裏返しでもあるのだろう。森さんは好みの作家である。
原色の透明感を僕は求める。
数字の中で7が、孤独足り得ているように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しい仕草に惹かれる

2007/01/29 13:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:月夜の読書 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の表紙がなんだかかわいらしくて惹かれてしまった。
読んでみると不思議な雰囲気に包まれている。
無駄のない洗練され美しい仕草で食事を共にしてくれるだけの、名も知らぬ女性。
その食事の描写をよんでいるだけで、美しい洗練された食事の仕方とは、どんな仕草なのだろうと想像が膨らむ。
それにしても、謎は謎のまま終わるなんともいえない不思議な読後感!
お試しあれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

森らしくない話の流れが好きですね、特にラストは、感心します。ミステリではなく、オーソドックスなエンタメ、どちらかというと中間小説風?

2006/11/10 23:41

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんていうか、一時代前の中間小説の本、といった感じのカバーデザインです。森博嗣ファンにとっては、今までの彼の本の印象とあまりに異なるので、戸惑うかもしれませんが、森作品に初めて触れる人、特に若い人ではなくて、30代以降の世代には魅力的ではないでしょうか。そんな装画・挿画は、あずみ虫。装幀は鈴木成一デザイン室です。
初出は、「別冊文藝春秋」251〜263号に不定期連載だそうですが、いかにも「別冊文藝春秋」らしい内容です。ちょっとミステリアスな中間小説。純粋ミステリではなく、どちらかというと阿刀田高のそれに似た、いえいえ、もっと推理味を薄くして、なんていうか中年の男の若い女性に抱く淡い感情を描くというか・・・
ともかく、タイトルだけで想像すると、いかにもロリコン趣味の森らしい、若いというより幼い女の子が登場しそうですが、それは全くありません。出てくるのは大学生風の若い女性から人妻まで、年齢は20〜30代。静かな人も、ざっくばらんな女性もいます。ただし、共通点があります。食事をする姿が美しい、ということです。
じゃあ、タイトルはどういう意味なんだ、っていうことになります。長篇ではなくて連作なので、収められている話のメニューを書いておきましょう。
・少し変わった子あります
・もう少し変わった子あります
・ほんの少し変わった子あります
・また少し変わった子あります
・さらに少し変わった子あります
・ただ少し変わった子あります
・あと少し変わった子あります
・少し変わった子終りました
きっと、森のことですから、各タイトルを同じ字数にするか、左右対称になるようにしたかったとか、あるんでしょうが、面白いなって思います。特に、最後の「少し変わった子終りました」は、思わず微笑みたくなります。
主人公は大学の教官、小山です。年齢はよくわかりません。五十代ですか、という質問に「うん、ぎりぎり・・・・・・。」と答えているのですが、常識的に考えれば60間際、でも49歳という線もあるかな、そういう男性です。容姿については記述がありませんし、生活臭がないので、どことなく存在感が希薄です。
で、小山はドイツに出かけ、帰国したらしいものの連絡が取れない知人・荒木から以前紹介された店に、一人で出かけます。その店では食事をする時、相手がついてくるというメニューがあります。勿論、相手の食事代も自分が支払うことになっています。そこで彼は相手の箸の使い方、茶碗の持ち方、食事の仕草がこの上なく上品で、思わず見入ってしまうのです。
それにしても、食べる姿が美しい、ということがどれほど人の心をうつことか、私たちは忘れています。挙措動作といってもいいでしょう。凛とした、ではなく優雅であることの大切さ。それがあるから、対照的に、ざっくばらんな、気取らない食事風景の大切さもわかるというものでしょう。
こういうところに着目して、ちょっとしたメニューを考えた森のセンスにも感心しますが、ラストもいいです。そう来たか、と唸る人も多いでしょう。森の場合、作品量とそのレベルの均一さについて、毎回唸らされるのですが、この小説では今までと全く違う森ワールドに触れた思いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心惹かれる仕草とは。

2006/11/01 12:46

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちい - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔から、食事時の作法が綺麗だと褒められる。
うちは貧乏だったし親もヘンテコリンだけど、食事の仕方は厳しかった。
迷い箸、探り箸などした日には、もう食べさせてもらえなかった。
自分がそう躾られてきただけに、人の作法もとても気になってしまう。
特に、口の中でクチャクチャ噛む人。これはもう駄目、ぜったい駄目。
どんなに賢くてカッコよくてスポーツ万能で歌が上手くてそれなりの地位にいたとしても、クチャクチャ噛みで全てがパーだ。
この小説には、食事シーンがたくさん出てくる。主人公の男性が、毎回違う女性と静かに食事をする様子が淡々と書かれている。
そして、どの女性も食べ方・作法がとても美しい。その姿に主人公は心惹かれて店を訪れる。
改めて、お行儀って大事なんだなあと思った。
せっかく誰かと一緒に食べるのだから、相手に不快感を持たせない食べ方をしたい。
「またあの人と食事したいな」と思わせられる。そんな女性になりたい人にオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/18 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/21 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/14 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/06 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/30 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/25 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/17 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/04 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/03 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/07 06:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/19 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。