サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

霧の訪問者(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182499-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

霧の訪問者 (講談社ノベルス 薬師寺涼子の怪奇事件簿)

著者 田中 芳樹 (著)

米国の美人富豪のパーティーに招待された警視庁一の傍若無人女王・薬師寺涼子警視、休暇を取って部下・泉田と軽井沢へ。ところが泉田拉致を皮切りにホテル焼失、富豪令嬢自殺、女装軍...

もっと見る

霧の訪問者 (講談社ノベルス 薬師寺涼子の怪奇事件簿)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

米国の美人富豪のパーティーに招待された警視庁一の傍若無人女王・薬師寺涼子警視、休暇を取って部下・泉田と軽井沢へ。ところが泉田拉致を皮切りにホテル焼失、富豪令嬢自殺、女装軍団集結と事件が続発、軽井沢は大混乱に!真相を探るべくお涼はお得意の攻撃と破壊の強引捜査を開始するが、行く手を身勝手富豪・マイラが阻む。ついに始まる日米“傍若無人”頂上決戦。【「BOOK」データベースの商品解説】

警視庁一の傍若無人女王・薬師寺涼子警視は休暇を取って部下・泉田と軽井沢へ。ところが泉田拉致を皮切りに事件が続発。真相を探るべくお涼はお得意の攻撃と破壊の強引捜査を開始するが、行く手を身勝手富豪・マイラが阻む!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

田中 芳樹

略歴
〈田中芳樹〉1952年熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。88年「銀河英雄伝説」で星雲賞を受賞。そのほか「創竜伝」「アルスラーン戦記」「夏の魔術」などのヒットシリーズを次々世に送り出す。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

テーマと話の展開に違和感有り

2006/08/27 19:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ
いつもの皮肉的な豆知識とお涼と泉田のやりとり、特殊な趣味の人々の光景が面白いです
しかし、今回はテーマとストーリーにいささか違和感を感じました
「終末思想を訴えるキリスト教原理主義者が黄色人種に対してなんの差別意識も持っていないのはおかしい」と感じるのは逆にこちら側の差別意識なんでしょうか
敵役の心理と行動にも一貫性が感じられず、いささか消化不良気味
また、いつものストーリー展開から外れており、あまり怪奇事件という感じではなかったですね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

血文字の遺書

2006/08/30 19:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回は基本的に休暇中の出来事なので、これまでのような派手さが無いと感じた。これまでは、組織の中で破天荒に暴れまわるお涼がメインだったが、今回は、警察組織も基本的には絡まないのでイジメたおされる上司もいないし、ヒロインとしての座もアーテミシアにくわれ気味。
 もう一つこれまでと違うのは、今までは意志の疎通が不可能な怪物と、それを操る悪人をぶちのめすというパターンだったのに、今回は薄幸のヒロインとそれに同情する涼子という、らしくない展開であること。このシリーズは単純明快さが取り柄だったのに、それが無くなって、中途半端なホラータッチの物語になっていることは否めない。…どなたの影響かは存じませんが。
 作中に散見される差別的な発言もいかがなものかと。個人的には虚業家云々のくだりが気になりました。そういうリスクを引き受ける人もいるから資本主義社会は回っているのではないかと思いますが。
 総じて、楽しく書くことが至上の目的な作品という印象。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/08 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/29 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/16 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/30 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/08 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/29 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/14 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/15 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/11 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/05 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/23 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/23 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/06 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む