サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ローマ人の物語 27 すべての道はローマに通ず 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ローマ人の物語 27 すべての道はローマに通ず 上(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/234,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-118177-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ローマ人の物語 27 すべての道はローマに通ず 上 (新潮文庫)

著者 塩野 七生 (著)

【新風賞(第41回)】【「TRC MARC」の商品解説】

ローマ人の物語 27 すべての道はローマに通ず 上 (新潮文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

ローマ街道

2006/10/16 21:52

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 塩野七生のローマ人の物語は 発刊を楽しみにしているシリーズである。このレビューでも幾度か取り上げたが 実に面白い。

 27巻は 従来とはがらりと趣を変えて ローマ街道に絞った一巻である。ここまではローマの誕生以来 時系列的にローマを語ってきた塩野が 「時系」を放り出して ローマ街道と その一部をなす 橋について 集中的に語る。意欲的な実験作であると 言って良い。こういう大技が出来るのは 歴史家ではない塩野ならではである。

 我々は ともすると 歴史上の人物を通して その時々の時代を見る。それに対して 塩野はローマ街道を作り上げたというローマの精神を 主人公にしている。読んでいて ローマ人たちが 社会というもの 政治というもの 外交というものを どう考えていたかが はっきり分かり 小気味が良いくらいである。戦いも 陰謀も 恋のさや当ても出てこない歴史小説が かくも面白いことには いささか愕然とした次第である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すべての道はローマより発す

2016/08/27 21:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代ローマの街道から、ローマ帝国の社会システムというか哲学が見える。
全ての道はローマに通ず、の『道』は道路の意味だけではない事がよく分かる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『ローマ人の物語』に挫折した人のために

2009/02/26 23:16

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本シリーズを手にして2年余り、周囲の人に聞いてみると面白い現象が見られた。はまってずっと読み続ける人と、最初の数冊で挫折する人とに分かれることである。後者の人に聞いてみると、異口同音に「説教臭さ」がはなについたという。たしかに、最初の方は、帝国を築き上げたローマ人と現代日本とを比較する記述が少なくない(個人的には、同じく多民族帝国であった、戦前日本と比較すべきなのになあ、と感じるのだが)。
 また、カエサルへの偏愛も大きい(単行本にして2冊分!)。まあ、このあたりを我慢すれば、「世界史」の講義では数ページで終ってしまう古代ローマ史を概観できる魅力は大きいといえよう。何より、キリスト教と啓蒙思想が西欧を覆う前のヨーロッパを知るにはちょうどよい。ハリウッド製ローマ映画とはやはり違う。
 さて、そんな「挫折組」にあえて推薦したいのが、この「すべての道はローマに通ず」の巻である。本筋の政治・政治家史からはなれ、表題のローマの街道をはじめ、橋、水道、医療、教育といった社会基盤についてまとめて解説しており、豊富な図版とともに、本巻だけでも単独で楽しむことができる。くわえて、上下巻共に著名な遺跡のカラー図版がついており、ローマ遺跡案内にもなっている。イタリア旅行前にちょっと読むのにも手頃だろう。
 著者も指摘するように、「道」に象徴されるローマのこうした社会基盤についてまとめて解説したものはほとんどないという。その「道」にしても、どれだけあったのかも正確にはわかっていないほどだとか。ローマの遺跡は、ローマ市に限られているわけではないから、その調査もだいぶやっかいなとうだ。
 地中海周辺の国々に観光旅行に行くと、必ずローマ遺跡につれられて自慢されるが、どこも似ていて違いがわからない、という笑い話(?)を聞かされたことがある。「帝国」だけに広い地域に都市施設が散在し、またそこに「同じようなもの」をシスティマティックに作っていったのがローマなのである。このシステムを解説することで、本書は「モノとしてのローマ」を上手にまとめて解説している。
 個人的にもっとも興味深いのは「旅行用のコップ」である(上巻)。その表面には都市・街間の距離も刻まれており、ガイドマップにもなっている。現代日本でも高速のサービスエリアで購入できそうだ。が、このコップの前提には、整備された道や橋、駅、都市、旅行者の安全の保証がある。それらがすべて確保されていたわけである。恐るべし古代ローマ帝国。そのローマをつかみとろうという著者・塩野七生氏の貪欲さもあなどるなかれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インフラそれもまた歴史

2007/03/15 21:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バッカス - この投稿者のレビュー一覧を見る

ローマ人が作り上げたインフラについて考える一冊。長きに渡って繁栄した国家であるローマ。そのローマ人が整備した街道や水道に代表されるハードインフラや教育や医療といった社会システムとしてのソフトインフラとはどのようなものであったのか。それを作り上げたローマ人は何を考えていたのか。他の巻とは違い、インフラのみに特化した本書は歴史書物としては珍しいものである。しかし著者の過去を見る目は真摯であり、またその視界は現代の我々の社会をも捉えている。その意味ではやはり真の歴史書物に数えていい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/19 01:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/19 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/20 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/19 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/19 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/03 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/31 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/18 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/11 06:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/27 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/24 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る