サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

被告A(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/473p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030862-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

被告A (ハヤカワ文庫 JA)

著者 折原 一 (著)

東京杉並区で起きた連続誘拐殺人事件は、死体に残されるトランプの絵柄から“ジョーカー連続殺人事件”と呼ばれた。田宮亮太は、自供により被告として法廷に引き出されるものの、一転...

もっと見る

被告A (ハヤカワ文庫 JA)

799(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京杉並区で起きた連続誘拐殺人事件は、死体に残されるトランプの絵柄から“ジョーカー連続殺人事件”と呼ばれた。田宮亮太は、自供により被告として法廷に引き出されるものの、一転して無罪を主張し、逆転の秘策を練る。一方では新たな誘拐事件が発生し、息子を取り戻すために、一人の母親が孤軍奮闘をしていた。姿を見せない真犯人はどこに?そして、事件の真相は?驚くべき結末が待つ新趣向の誘拐&法廷ミステリ。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.5

評価内訳

2008/09/11 23:04

投稿元:ブクログ

 田宮亮太は今世間を騒がせている4件の連続誘拐殺人事件・通称”ジョーカー連続殺人事件”の犯人として逮捕され、刑事の北沢に拷問のような取調べを受けていた。が、彼は冤罪だと主張している。一方、教育評論家として仕事をしていた浅野初子は、ある日、ひきこもりの息子がいなくなったことに気付く。そしてなんと、彼を誘拐したから身代金を用意しろという電話までかかってきた。浅野にはわかった。世間では犯人は捕まったといわれているけれどそれは冤罪で、息子を誘拐した犯人はジョーカー連続殺人事件の犯人と同一人物、つまりこの息子の誘拐事件は5件目の事件になるのだと。

 もちろんこの作者の作品なのだから、何か仕掛けがあるんだと思いながら読んでいるわけである。それでも見破れずに、後ろに隠されていたどんでん返しに見事に驚かされてしまう。悔しいけどおもしろい。なるほどなぁ。法廷自体が作られたものだったのか。

2007/05/06 23:26

投稿元:ブクログ

連続殺人事件の容疑をはらそうとする被告Aと、ひきこもりの息子を誘拐された教育評論家の母親、それぞれの話が最後の最後で見事に交差します。よく作られた話です。著者の折原一さんは同じような話をいくつも書いているらしいです。気になります!

2010/06/21 12:35

投稿元:ブクログ

最後はびっくりした・・・というか「えぇっ!?そんなぁ」って感じだった。
騙された。

こういうのを叙述トリックっていうのか。なるほど。
あとがきによれば、この作者の作品のほとんどは叙述トリックらしい。他の作品も読んで見たいと思った。

2007/01/25 22:32

投稿元:ブクログ

新規購入ではなく、積読状態だったもの。
2012/5/14~5/16

連続誘拐殺人犯として逮捕された田宮亮太は、自供したため法廷で裁かれることになるが、一転無罪を主張する。一方で、息子を誘拐された教育評論家でもある母親が、犯人に翻弄されながらも、孤軍奮闘していた。交錯する二つの事件の結末やいかに!
叙述トリックの巨匠が仕掛ける王道作品。ある程度読めていたが、そこまで行くか!いやいや、やられた。

2007/07/02 14:58

投稿元:ブクログ

折原作品大好きですが、ちょっと、無理があるように思う。身代金誘拐のところは・・絶対に、ないでしょ?!また、取調室の描写は、「沈黙者」読んでるので、ダブってしまってちょっと、キツイ。最後のぎょぎょぎょ??何?そーだったの?は、多少面白いけど。あんまりだった。
         2007.6

2009/08/27 18:05

投稿元:ブクログ

ラストには本当に驚かされました。
復讐は怖いですね。
折原作品をはじめて読んだのがこの本なのですが、あたりでした。
これから、どんどん読んでいきます!!

必読です

2012/01/07 23:40

投稿元:ブクログ

すんごくわかりやすい。

折原作品にしてはシンプル。
でもそれだけに、つまんなかったなー。

最後の方はあれもしかして?
のままおしまい。

いつもの倒錯したシナリオはいずこへ。。

2010/06/26 23:08

投稿元:ブクログ

 連続誘拐殺人事件の犯人として逮捕された男。
 彼は、無罪を訴え続けるが…。
 と、その連続誘拐殺人犯と思われる者に息子を誘拐された母は、一人戦い続けていた。

 叙述トリックということなんだけど、読み終わって納得するような感じ。
 なんで、斬新といえば斬新なんだが、無理矢理といえば無理矢理ww

 にしても、なんかはまって折原一をだいぶ読んでるんだが、結構人物がどいつもこいつもって感じなのだ。
 でもって、これはそれが顕著に表れている。
 
 うむ。
 折原一は、人を悪だと感じているのだろうか。
 
 …鬱々とした感じの<石田黙>の表紙が、不思議と救いや癒しに見えてくる。
 むしろ、そのための作品だったのかと、思わないでもない。

2011/03/07 00:18

投稿元:ブクログ

東京杉並区で起きた連続誘拐殺人事件は、死体に残されるトランプの絵柄から“ジョーカー連続殺人事件”と呼ばれた。田宮亮太は、自供により被告として法廷に引き出されるものの、一転して無罪を主張し、逆転の秘策を練る。一方では新たな誘拐事件が発生し、息子を取り戻すために、一人の母親が孤軍奮闘をしていた。姿を見せない真犯人はどこに?そして、事件の真相は?驚くべき結末が待つ新趣向の誘拐&法廷ミステリ(amazonより抜粋)

2010/06/22 15:41

投稿元:ブクログ

折原さんの作品の中では
私的に、とても読みやすい方だった。

ラストに展開には驚かされたけど
その驚きを次の日には忘れてしまってました。

年齢のせいなのかな。(笑)

2010/07/11 18:07

投稿元:ブクログ

最後にビックリした。

息子が誘拐されて、孤独に犯人と戦う母親。
誘拐犯の実態にびっくりしました。

読みやすくて、1日で読了できたので
お手軽に読めるのではないかと思います。

2010/08/15 10:53

投稿元:ブクログ

 法廷テーマと誘拐テーマとが見事に融合した作品。被告Aの取り調べから裁判の判決が出るまでの物語と、息子を誘拐された女性評論家が孤軍奮闘する物語が同時進行し、最後にあっと言わせる形で結びつく。

 作者は叙述トリックで有名である。叙述トリックというのは「こう書いてあればこういうことだろう」という読者の思いこみを利用しそれを裏切る形であっと言わせる、まああえて言えばトリッキーな仕組みである。ものすごいのは、「こいつは叙述で来る」と身構えていてもちゃんと騙してくれるところで、この作品も見事に背負い投げを食わされた。しばらくの間は、自分が投げられたことに気がつかないほどの見事さであった。

 ただ、そういうサプライズ以上に、物語としてどんどん引っ張っていくおもしろさがあった。「この先はどうなるんだろう」という単純な興味が、最後まできちんと持続させてくれたからこそ、ずばりと背負い投げが決まるのである。背負い投げというのは、相手の前に進みたいという気持ちを利用するからこそ決まる技ってことだ。

 ちょっとタイトルとか表紙とかが暗いんだけど、ある意味内容も暗めなんだけど、なかなか楽しめた作品である。

2011/01/15 17:48

投稿元:ブクログ

うーん。いつもどおり面白いし、読みごたえもあったけれど、最後はどんでん返し、というほどでも無かったか。「母親」の人間性が汚すぎてドン引き。

2012/07/07 19:13

投稿元:ブクログ

途中まで面白くて一気読み。が、ラストにがっかり。ありえないでしょー。
もうっ。最初良かっただけにあのラストにちょっとムッとしてしまう。

2012/04/19 08:59

投稿元:ブクログ

東京杉並区で起きた連続誘拐殺人事件は、死体に残されるトランプの絵柄から“ジョーカー連続殺人事件”と呼ばれた。田宮亮太は自供により被告として法廷に引き出されるものの、一転して無罪を主張し、逆転の秘策を練る。一方では新たな誘拐事件が発生し、息子を取り戻すために、ひとりの母親が孤軍奮闘をしていた。姿を見せない真犯人はどこに?そして事件の真相は?驚くべき結末が待つ新趣向の誘拐&法廷ミステリー。

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む