サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: プランタン出版
  • レーベル: プラチナ文庫
  • サイズ:15cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-2341-1
文庫

紙の本

夜に赦される (プラチナ文庫)

著者 英田 サキ (著)

情人を亡くし色褪せた秋津の夜を、極道の久我が再び悦楽で染め上げた。しかし秋津は衝撃の事実を知る。情人を殺したのは久我—!「お前の心ごと欲しいって言っただろう?」愕然とする...

もっと見る

夜に赦される (プラチナ文庫)

税込 586 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

情人を亡くし色褪せた秋津の夜を、極道の久我が再び悦楽で染め上げた。しかし秋津は衝撃の事実を知る。情人を殺したのは久我—!「お前の心ごと欲しいって言っただろう?」愕然とする秋津は、請うような久我の愛撫に奪われた。「お前はずるい…」憎みたくても憎めない。だが、久我の熱に奥深くまで犯されても、心は悲しみに囚われたままだった。そうして秋津は、恋慕を押し殺して久我から去り…。償うべきこととは、赦されるべきこととは—濃密な夜に色づき熟れた、揺るぎなき愛。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

夜シリーズ2

2020/09/18 06:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

腹くくって読むことにしたって思いながら
1巻よりBLファンタジー要素多め?でちょっとくらくらしつつ。
この本なぜかこっぱずかしい感が拭えないんですよねー。

ただし、羽生関係の子供(妊娠)の話とか、癌の話とかちょっと伏線なしの
唐突すぎの出現には違和感あります。
羽生の心情を現わして納得していくという点は良いのですけどね。

監禁・薬漬けは定番的な流れでした。
まあ、そうかーって言いながら読むという。
でも、一緒に生きていくのを決めた秋津の心の流れは
不自然ではなく描かれていました。
任侠映画を見る感じで読めば良いのだなっと今更ながらに納得。

本編とは関係ないけど舎弟の伊久美が妙に私のツボにはまってしまいました。
(主役2人は結構好きにやってみたいな感じ)

まあ覚悟を決めて極道に足を踏み入れた秋津さんを
最終巻まで見届けたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ2巻目

2017/06/30 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

壮絶な薬物依存のくだりはゾクゾクして攻の深い愛と包容力がいいな~と思いました。
でも実は羽生を撃ったのは攻とか、羽生は末期ガンだったとか、女を孕ませてたとか、前巻に伏線のなかった新事実が後付けのように出て来て唐突感がありました。
それゆえ、解決してもモヤっと感が残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/27 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/13 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/12 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/14 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/10 06:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/19 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。