サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1127-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.8
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-590056-0

紙の本

サフラン・キッチン (CREST BOOKS)

著者 ヤスミン・クラウザー (著),小竹 由美子 (訳)

マリアムには娘も知らない過去があった。イランの都市マシャドの邸宅に要人の娘として生まれ、ある出来事をきっかけに、父によってイギリスへと送られたのだ。英国人青年を夫とし、平...

もっと見る

サフラン・キッチン (CREST BOOKS)

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マリアムには娘も知らない過去があった。イランの都市マシャドの邸宅に要人の娘として生まれ、ある出来事をきっかけに、父によってイギリスへと送られたのだ。英国人青年を夫とし、平穏な家庭を築いてきたマリアム。だが40年を経て、かたく封印してきた懐かしくも忌まわしい過去を辿る旅に出る。遥かなる故郷と引き裂かれた恋人への思い。長い年月をともに過ごしながら残された夫の哀しみ。そして、揺れる母をみつめる娘のまなざし。イラン系英国人作家によるデビュー長篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

祖国イランを離れ、英国で平穏な家庭を築いたマリアム。だが40年を経て、遙かな国と引き裂かれた恋人への思いが蘇る。イラン系英国人作家による、愛の苦さと熟成をめぐる初長篇。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ヤスミン・クラウザー

略歴
〈ヤスミン・クラウザー〉英国生まれ。母はイラン人、父はイギリス人。オックスフォード大学、ケント大学に学び、シンクタンク、サステイナビリティー社に勤務。企業コンサルタントのかたわら執筆活動を行う。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ルーツをたどる旅

2006/11/19 00:05

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:求羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分が「日本人」であることを強く意識する時といえば、海外へ行った時や、オリンピックなどの世界大会でスポーツ選手たちを応援する時ぐらいなのだから、本書の登場人物に比べると、本当に平穏無事に暮らしていると思う。
 本書は、二人の女性を軸に展開する。
 イラン人の母とイギリス人の父のもとに生まれたサラは、冒頭で不幸にも流産してしまう。娘を傷つけてしまったことで自らを苛める母・マリアム。イギリスで心優しい夫とひとり娘に恵まれ穏やかな日々を過ごしてきたマリアムは、誰にも語ることのなかった過去を心の奥深くに秘めていた。この出来事をきっかけにして、マリアムは棄ててきた過去ときちんと向き合うことを決意、単身、故郷・イランへと旅立つ。
 物語は、サラとマリアムの二人の視点で交互に語られていく。
 40年経てもなお拭いさることのできない過去を見つめる母のもとへ、娘は引き寄せられ、二人の物語はイランの地でぴったりと合わさる。
 本書は、二つの祖国のはざまで自らのアイデンティティを模索する母娘の物語である。この点、人種こそ違うが、インドとアメリカの間で揺れ動く、『停電の夜に』の著者・ジュンパ・ラヒリと通じるものがある。
 また本書は、自由を求めて生きようと願う、女性の物語である。イランの因習とその体現者といえる父親に抵抗したマリアムは傷を負い、愛する者も傷つけ失ってしまう。使用人・アリとの許されない恋は、マリアムにとってかけがえのない記憶であると同時に、深い悲しみを呼び覚ますものなのだ。
 自分のすべてを失う覚悟で愛したアリと、妻の帰りを信じて待つ夫。マリアムを巡る二人の男性が、実に魅力的に描かれている。
 もっとも、本書が恋愛小説としても深い感動をもたらすのは、そこにそれぞれの人間の核となるものが、しっかりと根づいているからだと思う。イギリスで長く暮らしていても、マリアムの記憶には故郷・イランの地が刻み込まれている。そして、一度も足を踏み入れたことのないサラにも、イランは常に存在しているのだ。
 マリアムとサラは、いわば、自らのルーツをたどる旅をしているといえる。どんなに目を背けようとも、ここから出発しなければ一歩も前に進むことはできないのだ、という切迫した思いが伝わってくる。
 語られる内容は、重く痛い。けれど、サフランの花言葉が「歓喜」であるように、すべてを読み終えた後には、希望の光が差し込んでくるのを感じるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/23 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/24 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/01 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/12 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/30 11:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/16 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/19 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/21 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/21 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/31 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。