サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

氷海の狼火 長編新伝奇小説(ノン・ノベル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: ノン・ノベル
  • サイズ:18cm/242p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-20821-9
新書

紙の本

氷海の狼火 長編新伝奇小説 (ノン・ノベル 魔大陸の鷹シリーズ)

著者 赤城 毅 (著)

北極海に突如新しい島が出現!?異変は地下王国アガルタの力によるものだ!碩学大木戸博士のひと声に、冒険児・伊集院従吾は、一九二四年、最新鋭艦「黒姫」に乗り込んだ。危険な金髪...

もっと見る

氷海の狼火 長編新伝奇小説 (ノン・ノベル 魔大陸の鷹シリーズ)

税込 905 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

北極海に突如新しい島が出現!?異変は地下王国アガルタの力によるものだ!碩学大木戸博士のひと声に、冒険児・伊集院従吾は、一九二四年、最新鋭艦「黒姫」に乗り込んだ。危険な金髪美女と爆弾娘、変人学者とともに目指すは極地。だが、氷が支配する海で待っていたのは、新領土獲得を狙う米国の空母、そして海兵隊の凄腕が操縦する戦闘機。かくて、北の果てで大海戦が勃発する!海底深くUボートで不気味な動きを見せる鉄仮面の教授、その上に君臨する謎の怪少年…。ますます混迷する秘宝争奪戦の行方は。【「BOOK」データベースの商品解説】

1924年、北極海に突如新しい島が出現。冒険児・伊集院従吾は、最新鋭艦「黒姫」に乗り込んだ。危険な金髪美女と爆弾娘、変人学者とともに目指すは極地。だが、氷が支配する海で待っていたのは…。「魔大陸の鷹」シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤城 毅

略歴
〈赤城毅〉1961年東京生まれ。立教大学卒業。98年デビュー。著書に「猫子爵冒険譚」シリーズや「帝都探偵物語」シリーズ、「贋作遊戯」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

荒唐無稽と呼ばないで

2006/09/18 22:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新島を目指し北極海を突き進む一隻の巡洋艦「黒姫」。かの貴婦人に襲い掛かってくる新鋭戦闘機や謎の潜水艦。ようやく辿りついた島を守る恐竜たち…。こうやって並べると胡散臭い物語のように感じなくもないが、これは正統的な冒険小説。少し異色なのが、主人公が妙に弱気なところだろうか。でも、決めるところは決める!
 いまや人工衛星からの映像でセンチ単位のものまでとらえてしまえる時代。氷海を乗り越えて探検する、なんてことは必要ないかもしれないけれど、だからこそあこがれる世界。…ボクなんかがそこにいればすぐやられちゃう端役程度かもしれないけれどね。
 オカルトやら軍事やら剣術やら美女やら。あらん限りの要素が盛り込まれています。ただ今回は、チャンバラシーンが少ないのが残念だったなぁ。飛行機に対して剣一本で立ち向かうメチャクチャさが好きなんだけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。