サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. うめめ Today’s Happening

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うめめ Today’s Happening
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 92件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: リトルモア
  • サイズ:14×19cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89815-185-X
  • 国内送料無料
写真集

紙の本

うめめ Today’s Happening

著者 梅 佳代 (写真)

【木村伊兵衛写真賞(第32回)】出会えてハッピー! そしてラッキー! どんな言葉も陳腐に聞こえてしまうくらいセンチメンタル。男子、女子、おじちゃん、おばちゃん、動物その他...

もっと見る

うめめ Today’s Happening

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【木村伊兵衛写真賞(第32回)】出会えてハッピー! そしてラッキー! どんな言葉も陳腐に聞こえてしまうくらいセンチメンタル。男子、女子、おじちゃん、おばちゃん、動物その他諸々多数登場の最強のご近所写真の数々。梅佳代ファースト写真集。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

 今さらご紹介する必...

ジュンク堂書店福岡店さん

 今さらご紹介する必要がないくらい有名な梅佳代さんの「うめめ」ですが、私が初めて購入した思い出の写真集です。
学生時代に店頭で初めて読んだとき一人でしたが、思わず笑ってしまいました。

それまで写真集とは無縁の人生でしたが、写真に興味を持たせてくれた記念の一冊です。 新刊の「ウメップ」とともに福岡店でよく売れています。

福岡店 きん

みんなのレビュー92件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

写真の先にあるもの

2007/10/04 08:52

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

どれも思わず「ぷ!」っと笑っちゃう写真ばかり。
でも表紙写真の、澄んだ瞳のように。写真のその先に、何かを感じてしまう。
物語や思いとか、そう言うものを感じてしまう写真集。

梅 佳代さんの写真集。梅さんの目で、うめめらしいw。
右下に日付入ってるから、多分コンパクトカメラで撮ったモノばかり。
でも機材じゃないよなー、と思わせんですよね。
気合の入ったバッキバキのカメラファンの撮った写真て、
どっか堅苦しいっつか肩が凝るっていうか、疲れるじゃないですか。
花も風景も、確かにすごく綺麗。それはそれで価値あるんだろうけど、
「わぁきれい~」で終わり。
まあ僕にカメラの知識が無いから、ってのもあるだろうけど。
 
でもこの写真集は本当に、「人間の目線」で撮られた感じ。
写真そのものだけじゃなくて、
その先にあるストーリーとか、愛情とかを感じてしまう。
眺めてて、何だかニヤニヤと幸せになれちゃう。
なんていうか、すごくハッピーな写真集。
久々に、心温かくニヤニヤと出来る、そんな写真集に出会いました、

大事なお菓子がざざーっと落ちちゃってるのに、全然気にもせず。
この子は一体、無心で何を見つめてるんだろう。はるか大空を見晴るかす、
透き通った瞳には一体、何が写っているのだろう。
そんな事を考えながら眺めると、また違った感慨のある写真集でもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な放心の瞬間

2012/01/16 19:12

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この梅佳代さんの写真集『うめめ』の事を知ったのは北村薫さんがどこかで紹介していたのを
読んだからです。
写真、カメラを始めて、写真が趣味の人に色々と教わったときにまず、
「あなたはさ、何を撮りたいの?」
と聞かれました。
写真というのは、目に映るものなんでもありと言えば、ありなのですが、だからこそ、なにをどう
撮るかを「切り取る」ことが難しいのです。
写真が趣味で上手い人はいいカメラ、様々なレンズやフィルターを瞬時に使い分け、構図を瞬時に決め、
光の度合いを露出で瞬時に決め、動くものならシャッタースピードを瞬時に判断・・・・・・
自分でやってみて「瞬時づくし」のとてもハードな趣味であることを実感します。
動かないもの、建物、花、風景などは三脚を立てて安定させてじっくり時間をかけることはできます。

 しかし、梅佳代さんの写真は、三脚など一切使っていない、ということがよくわかるのです。
しかもコンパクトなカメラで、日常にあるものをさっと見抜いて、切り取る、その本能的瞬発力
はものすごいものがあります。
梅佳代さんは、いかにもカレンダーになりそうな綺麗な風景というものは選びません。

 電車の中で、酔っ払って通路で眠り込んでいるおじさん。そのおじさんよりも、周りの
席に座っている人たちの「なんとも思ってない」という表情がすごいですね。
あるある、こういう風景・・・というつい、見えていても記憶にとどめず、流してしまうものを
梅佳代さんは、さっと瞬時のテクニックで切り取ってみせます。

 私は酔っ払いシリーズ?が好きなのですが、銀座線田原町駅、壁に手をついてうなだれ
今にも吐きそう・・・なおじさん、きちんと次の電車の時刻が克明に映っていて、
22:40・・・ああ、もうすぐ終電かもしれないけど、壁に手をついているおじさんを、梅佳代さんは
向かいのホームに入った電車の中からガラス越しに撮っています。
そのおじさんの背中に「人生」の二文字が見えるようです。
梅佳代さんが、何を見ているか、やはり普通の人だったらなんとも思わないものに「おもしろさ」を
見つけることに関しては、群を抜いていると思います。

 子どもにしても、かわいいという目を向けていません。本当に子どもって変なことするのよね、
とついつい笑いがもれてしまうような、いたずら、変な格好、変な顔・・・でもそれを「変」と思うのは
大人の傲慢なのかもしれません。梅佳代さんの澄んだ目、レンズには「これはいいね!」が
満ち溢れています。
おそらく飼い犬の白い犬を組みしいている高校生くらいの女の子と犬の顔が妙にそっくりで、
組みしかれている白い犬、すごくうれしそう。これが日常だもん、という表情の女の子。

 日常、非日常という区別というのは実はそんなにないのではないか、とこの写真集を見て
思いました。映画や美しいものや、ドラマの中のべたべたな恋愛・・・そんなものに「逃避」する
非日常ではなく、梅佳代さんの切り取る非日常は「電線にひっかかっている、どこかの家の
布団カバー」だったりします。
梅佳代さんは逃避をしません。美しい世界を作り上げようという力みがない。流れ去っていって
しまうもの、目に留まっても記憶に残らないものを、まっすぐに見つめています。

 私が好きなのはある小学校の教室。教室のうしろにお習字が張ってありますが、その文字が
「ビル」・・・「ビル」「ビル」「ビル」・・・・とお習字がずらりとならんだ絵は、小学校では
よくある、自分も経験した風景なのに、「ビル」・・・・これはインパクトあります。

 そして表紙になった草むらにごろんと寝転がった小さな女の子は手にしたポテトが散らばっても
気にせず、空を見ている。何をみているのか?おそらく何も見ていない、素敵な放心の瞬間でしょう。
梅佳代さんは素敵な放心をする人が好きらしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一度いっしょに散歩してください

2008/11/05 21:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマト館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

梅佳代と一度いっしょに散歩したいです。
どんなものがみえるのかなあと。

どの写真も、見覚えあるような気がするけど、
写真になったのをみたことがない、
「よくある」風景です。
ちょっと間抜けで、
でも、わざとらしいポーズがないので、
見ていてたのしい。

ただいま2008年。
どの写真も、町並みなどが、
まだ最近のもの、という印象をうけますが、
もっと時間がたってからみたらどういう印象になるのでしょうか。
懐かしいなあと思うのか、
変わらないよねと思うのか。
そこが少し楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

回覧板にしたい写真集

2007/09/12 18:41

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arayotto - この投稿者のレビュー一覧を見る

よほどでない限り写真集は買わない。
書店でパラパラと眺めて、ああキレイとか、自然てスゴイな、とか呟き、記憶の片隅にとどめて、終わり、である。
が、梅佳代(この名前がまず、いい。梅さんでもなく、佳代さんでもなく、うめかよ、である。「うめ」かよ、と突っ込んでしまうほど、うめかよらしさのある名前である)の「うめめ」は、レジまで足を運ばさせてしまうパワーがある。

なんといっても、被写体とうめかよさんの良好な関係性が、もうそのまんま滲み出ているナチュラル感がたまらなくいい。おじさん、おばさん、お嬢ちゃんにボクちゃん、そしてワンちゃんネコちゃんと、登場人物らは、なんと生き生きと愛らしく、マヌケで警戒心がなく、すっとぼけて、おちゃらけなんでしょう。

1枚1枚の写真から聞こえてきます。
「なにうめちゃん撮ってんの」とか「あかんあかん、パーマあててから撮っていな」とか「ねえちゃん、100円くれたらもう1枚撮ってえいで」とかの、賑やかな町が奏でる音が。なんか昭和の匂いがしてたまりません。

写真は一瞬しかとらえられないものですが、
その一瞬のちょいと前にあったであろう話し声や笑い声も聞こえてきます。
その一瞬のちょいと後に起こったであろうことも写真から漂ってきます。撮り手の人間性がこんなにも焼き付けられている写真は、久々に見ました。

うめかよさん、ウチの近所に引っ越してきてください。町内の回覧板を、あなたの写真で作って欲しい、と思うのであります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/21 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/11 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/28 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/29 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/30 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/15 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/14 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/23 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/11 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/20 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

写真 ランキング

写真のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む