サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って(知恵の森文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 知恵の森文庫
  • サイズ:16cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-78443-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って (知恵の森文庫)

著者 森下 典子 (著)

「あなたの前世はルネサンス期に活躍したデジデリオという美貌の青年彫刻家です」。前世が見えるという女性に取材で出会ったことがきっかけで、イタリアに旅立つことを決意した。相次...

もっと見る

前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って (知恵の森文庫)

720(税込)

前世への冒険~ルネサンスの天才彫刻家を追って~

648 (税込)

前世への冒険~ルネサンスの天才彫刻家を追って~

ポイント :6pt / 紙の本より72おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あなたの前世はルネサンス期に活躍したデジデリオという美貌の青年彫刻家です」。前世が見えるという女性に取材で出会ったことがきっかけで、イタリアに旅立つことを決意した。相次ぐ偶然の発見に驚きと懐疑心を抱きながらも、時空を超えて前世の「自分」を検証するスリリングで不思議な旅のルポルタージュ。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「デジデリオ」(集英社文庫 2000年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (13件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ルネサンス期に活躍した「前世」の「自分」を探す旅のルポルタージュ

2012/03/26 19:02

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、前世が見えるという女性に取材で出会った作者が、イタリア、ポルトガルまで「前世」の「自分」を検証する旅に出るノンフィクション・ルポルタージュである。
 疑り深く、うさんくさいものには距離を置き、自分の目で確かめたものしか信じないという作者に、
 「京都に人の前世が見えるっていう女性がいるんです。その人に森下さんの前世を見てもらって、感想を体験記にまとめて欲しいんですよ」という依頼があった。
 根も葉もない作り話を聞くのはわかっていると半信半疑で取材を引き受けたところから、ルポルタージュは始まる。
 46歳の空間デザイナーをしている女性が人の前世が見えるという人だった。彼女は作者の前世を語りだした。

 「あなた、外国人やったんやね。あなたの前世はルネサンス期に活躍したデジデリオという美貌の青年彫刻家です」
  
 この言葉を検証すべくルネッサンスやフィレンツエに関する歴史の本を買いあさり、読み進めるうち、霊能者の言葉を裏付けるような内容に出くわす。しかし、デジデリオという美貌の彫刻家の人生そのものについてはわからず、作者はフィレンツエまで調べに行きたいと思うようになる。
 作者は休暇を取ってイタリアまで出かけ、現地の日本人美術家の通訳と共にあちこちの図書館の古文書を調べ、教会へ出向き、デジデリオの出生の秘密を探り、作品と霊能者の言葉との真偽のほどを見極めようと必死になる。その日々はまるでミステリーを解き明かすようで、読者も一緒に謎解きの伴走者になっていく。
 しかし、本書の優れた点は、作者が常に心に疑問符を抱いていて、科学的に理論的に検証しようとするスタンスを崩さない点である。
 調べていくにつれ、次第に霊能者の言葉の裏付けがくっきりとし、前世探しの旅の先が急がれる。
 前世というものに思いを馳せる一方、現実の一回限りの命が切なく美しくはかなく見えてくる。
 旅の最後に「自分の墓の上に立った感想」を同行者から求められて、立ち尽くす作者。そこにこの「前世」への旅が作者にとってどういうものであったかのカギが隠されているようだ。
 「前世」というミステリアスな冒険の旅へと読者をいざなった本書は、ルネッサンスとイタリアを舞台に魅力に満ちた内容で、スリリングでミステリータッチであるが、どこまでも真実のみのドキュメンタリーである。
 検証を重ねれば重ねるほど霊能者の言葉と一致する。そのたびに作者は半分信じ、かつまた疑ってみる。読者と作者は一心同体のようになって進んでいくこのドキュメンタリーは「事実は小説よりも奇なり」の言葉以上の魅力に富んでいてぐいぐい読者を惹きこんでいく。緻密な調査と検証。正確な表現。行動力の素晴らしさに圧倒されるが、それだけこの旅が作者にとっても魅力に富んでいたものであることが想像できる。事実、最後にこの旅への結論付けを作者自身でしているが、それは読者のお楽しみにしておこう。

 この作品はドラマ化され 女優の杏さんが主演。日本だけにとどまらず、世界の映画界へ発信する価値が十二分にある魅力に富んでいる。
 もちろん、多くの読者にこのドキュメンタリーの魅力のとりこになっていただきたい。
 


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フィクションかノンフィクションか? 夜明け前の空の様な本

2008/02/09 15:32

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝光 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性誌の企画で、超能力を持った主婦に自分の前世
を見てもらった著者が、告知された前世の自分につい
てのヒントを調べてゆくルポルタージュ。

前世や超能力を信じない著者が、告知されたルネサン
ス時代の男デジデリオをイタリアまで調べにゆく。

調べれば調べるほど、その信憑性は高くなってゆく。
ヒントの一つ一つの裏を取ってゆくプロセスが淡々と旅行
記録のように記されてゆく。

ルネサンス時代のフィレレンツェの様子もだんだんと浮か
び上がってくる。

もしかしたら、これは実話? 逆に もし創作だとしたら
本当に良くできた物語。

幽玄の書という印象を受けました。 夜明け前の青黒い
中にオレンジが混ざり始めた空みたい。

「身近な不思議」を読んでみたい人にお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/17 21:02

投稿元:ブクログ

著者の不思議な体験を綴ったノンフィクションです。
著者同様、自分も前世とか輪廻転生なんて、まったく信じておりません。死んでしまえば、すべては無に返るのだと思っています。それは、この本を読んだ後も変わっていません。でも、書かれている内容にはすごく惹きつけられました。とても面白かったです。
ある女性から〝あなたの前世は、ルネサンス期の彫刻家デジデリオ〟だと言われたことが切っ掛けで、著者は〝そんなこと信じてたまるもんですか〟という思いを抱きつつ、遠くイタリアやポルトガルにまで足を運んで調査することになります。
デジデリオ・ダ・セッティニャーノ(1430~1464)は、ルネサンス期に活躍した彫刻家だそうですが、日本ではほとんど知られていません。関連書籍もほんのわずかで、美術史の専門書の中で、ほんの少し触れられている程度。なのに前世が見えるという女性は、デジデリオの出生の秘密から私生活や人間関係、彼の作品のある場所まで、彫刻家の人生の一端を事細かに語るのでした。それは、日本にいては得ることのできない情報ばかり。かといって、現地に赴いても、500年以上も前の資料なんて、専門の研究者ですら、そう簡単に入手できるものはありません。ましてや門外漢にとって、関連する手がかりがどこにあって、どうやってそれを見たり聞いたりすることができるのかさえわからないのが普通です。そんな状況の中で、著者は女性から告げられたことが事実かどうか、フィレンツェやポルトの街を訪ね歩き、女性の語った様々な事柄について取材して回ります。その調査の途中、著者の周辺でありえないような偶然が次々と重なり、謎めいていたパズルのピースが、ひとつ、またひとつ、まるでそれが真実であるかのようにはまり込んでいきます。その過程を描いた様子がハラハラドキドキなのですが、同時に歴史や美術の授業では教わらなかった、ルネサンスという時代の風俗や思想、空気感に触れることができて、とても興味深い読み物でした。
また著者同様、この調査の協力者たちが、〝前世なんて信じないもんネッ!!ケッ!!〟という人たちばかりだったのが功を奏したのだと思われます。それが本書を抵抗なく、読みやすくした要因なのではないでしょうか。



べそかきアルルカンの詩的日常
http://blog.goo.ne.jp/b-arlequin/
べそかきアルルカンの“銀幕の向こうがわ”
http://booklog.jp/users/besokaki-arlequin2

2007/03/13 01:56

投稿元:ブクログ

人の前世が見えるという清水さんという女性から「あなたの前世はルネサンス期に生きた、デジデリオというイタリアの彫刻家だ」と言われた著者。まさか!と思いつつも、そのあまりに細部に渡る話に、確かめずにはいられずフィレンツェへ旅立つという、とてもわくわくするお話です。調べてみれば見るほど、清水さんのお話は信憑性があり、微妙にずれたりしているところもまた妙に信憑性がある感じがして興味津々。私もぜひ清水さんに前世をみてもらいたいと思うのです。

2011/10/23 22:01

投稿元:ブクログ

BSのドラマで「フィレンツェ・ラビリンス」というのをやっていまして。イタリアの町並みと建造物の美しさ、ストーリーの完成度に思わず「原作が読みたい!」と衝動買い。
ドラマのほうが確かにまとまりはありますが、描かれなかった部分にも面白いお話が沢山あってとても面白かったです。
ただ、一部同性愛表現があるのでいやな人はご注意です。

2014/06/16 21:21

投稿元:ブクログ

「あなたの前世はルネサンス期に活躍したデジデリオという美貌の彫刻家です」
取材で前世が見えるという女性に会った著者は、疑いながらも真実を知りたいと、調査のためにイタリアに旅立つことに―
相次ぐ偶然の発見に驚きと揺れる思いを抱きながら、前世の「自分」を検証する、不思議な旅のルポルタージュ。

調べるうちに、前世が見える人に提示されたメモの内容と近付いていくのがドキドキしました-
“こうではなかったか”と考察して書かれた部分は歴史ファンタジー的でドラマチック。
イタリア、ポルトガルと旅行記としても面白いし。
ドラマ化してたのは知らなかった…確かに本に出てくるルネサンス期の作品群は映像でみてみたい!ので、見逃して残念★
解説で昔読んだことのある懐かしい「8/キャサリン・ネヴィル」の話題が出てたのも嬉しかった-
人生がチェスでミステリーで面白かった記憶。

しかし前世があるとして、今生にどれほど影響しているんだろう?

2017/04/08 14:20

投稿元:ブクログ

前に読んでたのに登録してなかった。
過去世が見える人に教えられた前世の人物を追うノンフィクション。ほんとかどうかもわからない、でも探すうちに少しずつわかってくる感じが楽しかった。

2008/10/26 23:13

投稿元:ブクログ

前世を言い当てられるという女性に「あなたはイタリア、ルネサンス期に活躍し夭折した美貌の彫刻家デジデリオの生まれ変わりだ」と伝えられたルポ作家が、その真偽を確認しようと徹底的に調べ上げ、ついには、イタリア、ポルトガルまで飛んで その謎に迫るという内容の本だ。日本人が自分の前世についてこれほど徹底的に追求したノンフィクションがあったのとは迂闊にも知らなかった。読み出すと結局最後まで止まらなくなる。わくわくするような謎解きの面白さだ。私も、他の仕事そ っちのけで一気に読んだ。

京都在住の霊能者である主婦が語った著者・森下氏の前世、つまりデジデリオの人生は、その生まれ、同性愛者としての数奇な人生、残された作品の秘密にいたる まで細部にわたり、専門的な知識も欧米語の知識もない主婦が文献で調べあげられるような内容ではない。日本語の文献で必死になって調べても、分かるのはせいぜ い、百科事典的な生涯の記述などごく限られた情報でしかない。欧米の文献でも事情はそれほど変らないらしい。

しかし、イタリアに飛んだ森下氏が、徹底的に調べれば調べるほど、京都の女性 が見たデジデリオの人生のビジョンの正確さが裏付けられていく。そのスリリング な調査のプロセスにこの作品の面白さがある。一例を挙げると、通説では、デジデ リオの友人ロッセリーノの作とされる彫刻があった。実はその顔の部分がデジデリオの作であった決定的な証拠が、偶然に見つけたポルトガル語の文献から確かめられる。京都の女性が語っていたことが正しかったのだ。こうしたいくつかの例から、 京都の女性が見たビジョンはかなり信憑性があると、誰もが思う。

一方で読後に若干の物足りなさを感じる。確かに京都の女性が見たビジョンは、 現地でかなり確かめられていく。しかし、それが森下氏の前世だと主張しうる根拠 は何もない。森下氏が愛用するベネチアグラスの小さなガラス瓶を手に持ちながら 京都の女性が見たのは、たまたま浮かんできたデジデリオの生涯であり、森下氏の人生とは何も関係ないかも知れない。それは、ただ京都の女性の透視力が確認されたに過ぎないのではないか。そういわれても反論できない。森下氏とデジデリオに 説得力のある共通点があるわけでもなく、デジデリオゆかりの場所で、彼女が何か強烈なインパクトを受けるわけでもないのだ。

それにしても、これまで精神世界とは無縁の仕事をしてきたルポルタージュ作家が、懐疑を捨てきれぬままに霊能者の見たビジョンにしたがって徹底的に調べ上げ、 ついに通説を超えたデジデリオの真実に迫ったという事実は、高く評価されていい。

この作品は、ぜひともその続編が書かれるべきだと思った。霊能者の女性によれ ば、デジデリオと変らぬ愛を誓いあった同性愛の相手が、今日本に生まれ変わって、 彼女と同じライターの仕事をしているという。その人物については、もちろん何も 手がかりがないのだが、もしその人物との出会いが語られるならば、この作品は見事に完結するだろう。デジデリオを調査する過程で起こった数々のシンクロニシテ ィを思えば、そういう結末があっても不思議ではない。 

2011/09/29 10:08

投稿元:ブクログ

地理、歴史、ちょっとミステリー、スピリチュアル、色んな要素がからまってるわりに、ご本人が基本「前世とか信じない」という態度を貫いているのでどっぷりな感じではなく読みやすかった。
わたしも前世を見てもらったことがあるので、自分の前世が個人を特定できるレベルまでわかったら…と思い読みながらドキドキ。
ヨーロッパに行きたくなりました。

2012/09/03 01:47

投稿元:ブクログ

2012.9.2 読了。読み始めておもしろくて一日で読み終えてしまった。。。
ジェットコースターのよう。
謎がとけていくというか、符合があうことに、こわさも感じるような。。。

杏のふむふむ、を読んで、読みたくなった本。最後のメッセージの、人生はおもったより長くなくて、自分のやりたいことをやらなきゃというところが残った。

2012/01/05 09:50

投稿元:ブクログ

デジデリオって誰?
雑誌の取材で、眉唾物の企画と思いながらも人の前世が見える人のインタビューを行い、自分の前世がイタリアルネサンス期に生きた夭折の彫刻家デジデリオであるといわれてしまった著者。

最初はペテンと決めつけていた前世の話も、調べていけばのめりこみ、はてはイタリアはフィレンツェに行っての大捜査。疑い100%で始めていてそこまでやるかという徹底ぶり。そうして得られたものはなんだったのか。

著者は最初から最後まで、基本「前世?そんなうさん臭そうなものはちょっと……」というスタンスを貫くが、それでも眼前に現れる奇妙な符合に心が揺れる。そんなところが実にプレーンで、そしてリアルだった。

いやもう、面白くって一気読み。
でもこの本のジャンルってなんでしょうね。

歴史?
ミステリ-?

僕はあえてノンフィクションに分類してみました。

2015/09/29 21:30

投稿元:ブクログ

以前読んだ「デジデリオ」の、これは改題されたものですが、以前より写真が多くなって、ちょっと加筆もされていて、保存しておくならこっちの方がいいかな。

写真は、「なんだー、この文で説明されている絵(や彫刻)が見たいのに……」と思っていたことを叶えてくれてありがたかったです。

何度読んでも、不思議な気持ちになる本。
森下さんの前世は、本当にデジデリオなのか?

正直、まだその辺は信じられない。
一人の人が、デジデリオとか、もしくは鑑真に縁のある人物だったとか、歴史に出てくる人とつながっている前世が2つもあるなんて、本当だろうか?

でも、じゃあ清水さんが見たものはなんだったのか。
どんな書物をひもといても出てこないことを言ったり。
とんでもない歴史通のぺてん師か、はたまた……。

こんな不思議な体験をした森下さんがうらやましい。
「デジデリオ」の感想にも書きましたが、前世とか来世とか占いとかに全く興味のない私だけど、私も自分の前世、と言われる人を教えてもらって、歴史の旅に出たい。
……なんの文献も残ってない一庶民でしょうね、きっと。

鑑真と縁のある人もデジデリオも森下さんも、絵を描くのが好きだったとのこと。
じゃあ私の今の趣味も、前世とつながりが?
えーと、編み物とゲームと、あと読書?
この中でありそうだとしたら、子供の頃から好きな読書かなあ。

デジデリオの恋人で、その人も生まれ変わって今日本人だという人は、果たして誰なんでしょう?

2011/09/04 10:04

投稿元:ブクログ

もしも 輪廻転生が証明されたら すごいと思いませんか?
⇒ http://resonohondana.seesaa.net/article/224196872.html

2014/08/06 09:32

投稿元:ブクログ

前世と言われた人物の謎を追いかける物語。
実話とのことだったが、ミステリー性もあり面白かった。
ルネッサンス時代の文化も、興味深かった。

2011/10/16 21:38

投稿元:ブクログ

BSジャパンでやっていた「フィレンツェラビリンス」の原作。当たり前だがドラマより情報も多く、丁寧に描かれている。何より、デジデリオという日本ではメジャーでないアーティストを知ることができ、満足。でも、真実は分からない。