サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って(知恵の森文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 知恵の森文庫
  • サイズ:16cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-78443-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って (知恵の森文庫)

著者 森下 典子 (著)

「あなたの前世はルネサンス期に活躍したデジデリオという美貌の青年彫刻家です」。前世が見えるという女性に取材で出会ったことがきっかけで、イタリアに旅立つことを決意した。相次...

もっと見る

前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って (知恵の森文庫)

720(税込)

前世への冒険~ルネサンスの天才彫刻家を追って~

648 (税込)

前世への冒険~ルネサンスの天才彫刻家を追って~

ポイント :6pt / 紙の本より72おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あなたの前世はルネサンス期に活躍したデジデリオという美貌の青年彫刻家です」。前世が見えるという女性に取材で出会ったことがきっかけで、イタリアに旅立つことを決意した。相次ぐ偶然の発見に驚きと懐疑心を抱きながらも、時空を超えて前世の「自分」を検証するスリリングで不思議な旅のルポルタージュ。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「デジデリオ」(集英社文庫 2000年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (13件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

フィクションかノンフィクションか? 夜明け前の空の様な本

2008/02/09 15:32

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝光 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性誌の企画で、超能力を持った主婦に自分の前世
を見てもらった著者が、告知された前世の自分につい
てのヒントを調べてゆくルポルタージュ。

前世や超能力を信じない著者が、告知されたルネサン
ス時代の男デジデリオをイタリアまで調べにゆく。

調べれば調べるほど、その信憑性は高くなってゆく。
ヒントの一つ一つの裏を取ってゆくプロセスが淡々と旅行
記録のように記されてゆく。

ルネサンス時代のフィレレンツェの様子もだんだんと浮か
び上がってくる。

もしかしたら、これは実話? 逆に もし創作だとしたら
本当に良くできた物語。

幽玄の書という印象を受けました。 夜明け前の青黒い
中にオレンジが混ざり始めた空みたい。

「身近な不思議」を読んでみたい人にお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ルネサンス期に活躍した「前世」の「自分」を探す旅のルポルタージュ

2012/03/26 19:02

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、前世が見えるという女性に取材で出会った作者が、イタリア、ポルトガルまで「前世」の「自分」を検証する旅に出るノンフィクション・ルポルタージュである。
 疑り深く、うさんくさいものには距離を置き、自分の目で確かめたものしか信じないという作者に、
 「京都に人の前世が見えるっていう女性がいるんです。その人に森下さんの前世を見てもらって、感想を体験記にまとめて欲しいんですよ」という依頼があった。
 根も葉もない作り話を聞くのはわかっていると半信半疑で取材を引き受けたところから、ルポルタージュは始まる。
 46歳の空間デザイナーをしている女性が人の前世が見えるという人だった。彼女は作者の前世を語りだした。

 「あなた、外国人やったんやね。あなたの前世はルネサンス期に活躍したデジデリオという美貌の青年彫刻家です」
  
 この言葉を検証すべくルネッサンスやフィレンツエに関する歴史の本を買いあさり、読み進めるうち、霊能者の言葉を裏付けるような内容に出くわす。しかし、デジデリオという美貌の彫刻家の人生そのものについてはわからず、作者はフィレンツエまで調べに行きたいと思うようになる。
 作者は休暇を取ってイタリアまで出かけ、現地の日本人美術家の通訳と共にあちこちの図書館の古文書を調べ、教会へ出向き、デジデリオの出生の秘密を探り、作品と霊能者の言葉との真偽のほどを見極めようと必死になる。その日々はまるでミステリーを解き明かすようで、読者も一緒に謎解きの伴走者になっていく。
 しかし、本書の優れた点は、作者が常に心に疑問符を抱いていて、科学的に理論的に検証しようとするスタンスを崩さない点である。
 調べていくにつれ、次第に霊能者の言葉の裏付けがくっきりとし、前世探しの旅の先が急がれる。
 前世というものに思いを馳せる一方、現実の一回限りの命が切なく美しくはかなく見えてくる。
 旅の最後に「自分の墓の上に立った感想」を同行者から求められて、立ち尽くす作者。そこにこの「前世」への旅が作者にとってどういうものであったかのカギが隠されているようだ。
 「前世」というミステリアスな冒険の旅へと読者をいざなった本書は、ルネッサンスとイタリアを舞台に魅力に満ちた内容で、スリリングでミステリータッチであるが、どこまでも真実のみのドキュメンタリーである。
 検証を重ねれば重ねるほど霊能者の言葉と一致する。そのたびに作者は半分信じ、かつまた疑ってみる。読者と作者は一心同体のようになって進んでいくこのドキュメンタリーは「事実は小説よりも奇なり」の言葉以上の魅力に富んでいてぐいぐい読者を惹きこんでいく。緻密な調査と検証。正確な表現。行動力の素晴らしさに圧倒されるが、それだけこの旅が作者にとっても魅力に富んでいたものであることが想像できる。事実、最後にこの旅への結論付けを作者自身でしているが、それは読者のお楽しみにしておこう。

 この作品はドラマ化され 女優の杏さんが主演。日本だけにとどまらず、世界の映画界へ発信する価値が十二分にある魅力に富んでいる。
 もちろん、多くの読者にこのドキュメンタリーの魅力のとりこになっていただきたい。
 


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/17 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/13 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/23 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/16 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/08 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/26 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/29 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/03 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/05 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/29 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/06 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/16 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む