サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  眠れなくなる本 眠りたくないときも眠れないときもあなたに寄り添う ~11/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/08/01
  • 出版社: 未來社
  • サイズ:22cm/585p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-624-30103-X
  • 国内送料無料

紙の本

現代政治の思想と行動 新装版

著者 丸山 眞男 (著)

〈戦後民主主義〉はここから始まった――。日本ファシズム、天皇制の分析、コミュニズムのイデオロギーをめぐる問題等を論じた諸論考を所収、「抑圧の移譲」(「超国家主義の論理と心...

もっと見る

現代政治の思想と行動 新装版

税込 4,180 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

〈戦後民主主義〉はここから始まった――。日本ファシズム、天皇制の分析、コミュニズムのイデオロギーをめぐる問題等を論じた諸論考を所収、「抑圧の移譲」(「超国家主義の論理と心理」)、「無責任の体系」(「軍国支配者の精神形態」)などの重要概念を提出し、発表より半世紀たった現在にいたるまで繰り返し読まれ、言及され、論じられる、戦後最深・最長のロングセラー、著者の没後十年を記念して、満を持しての新組・新装カバー装で登場!【本の内容】

目次

  • 第一部 現代日本政治の精神状況
  •  一 超国家主義の論理と心理
  •  二 日本ファシズムの思想と運動
  •  三 軍国支配者の精神形態
  •  四 ある自由主義者への手紙
  •  五 日本におけるナショナリズム
  •  六 「現実」主義の陥穽
  •  七 戦前における日本の右翼運動
  • 第二部 イデオロギーの政治学

著者紹介

丸山 眞男

略歴
〈丸山眞男〉1914〜96年。大阪生まれ。東京大学法学部卒業。同大学名誉教授等を務めた。著書に「日本政治思想史研究」「丸山眞男戦中備忘録」「丸山眞男書簡集」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本書はもっと多くの人(アカデミズムに関係のない人)に読まれるべきですし、著者もそれを望んでいるでしょう

2009/11/19 06:51

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中堅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の形式的な分類すれば政治学の論文集ということになります。ですが、著者が後記に述べているように、
「専門の研究者のための学術論文に寄稿したのものではなくて、むしろ学者以外の読者を予想して書かれたもの」であるため、
「論文のスタイルが学界的常識からあまりにジャーナリスティックに見え、ジャーナリズムの世界からはあまりに『専門的』もしくは『難解』だと非難」されることになる程、本来の論文集と呼ばれる本よりは、学界外の人間でも読み易い内容になっています。

また、論文の執筆時期が1945年~1964年となっているので、2010年になろうとしている今の「現代政治」に関心がある読者にとっては、読む価値は少ない、と思われるかもしれません。しかし、下記の理由で(うまく表現できていませんが)私は多くの人に本書を読んでもらいたいと思います。
1.対象への視点の自在さ
⇒自明とされていて、つまりエートスとなっていて逆に見えない封建主義的な思想(家族主義・農本主義)を取り出す手際の良さ…「日本ファシズムの思想と運動」
2.思想の節操の取り方
⇒著者の立場が明確に示されているゆえに、無責任なジェスチャーになっていない…「『現実』主義の陥穽」
3.「政治とは何か?」から始まる啓蒙的な語り口
⇒…「自由主義者の手紙」、「人間と政治」は特に顕著

個人的には、「日本ファシズムの思想と運動」に出てきたロジックが、最も印象に残っています。
⇒第二次世界大戦下、工業労働者の福利厚生施設が貧弱→労働者の大量不良化→蔓延する懲罰主義・観念的激励演説→(不良化させた労働者が、軍人として劣ることを理由に!)政治的無関心継続
このロジックは政治という大局的な視点を排除して個人の振る舞いに全てを帰そうとする(儒学思想?)点で、「派遣切り」に対して出てくる自己責任論と著しい類似をしていると個人的に考えています。

bk1にて旧版の書評をされた、くにたち蟄居日記さんと同じく「日本人は日本人である。良しにつけ 悪しきにつけ。」という感想を持たざるを得ませんでした。
------
発行されては消えていく中身の無い新書を読むより、段違いに勉強しがいがある本書を多くの方にお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/24 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/27 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/06 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。