サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 155件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/09/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/1221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-275499-1
文庫

紙の本

陰摩羅鬼の瑕 文庫版 (講談社文庫 百鬼夜行シリーズ)

著者 京極 夏彦 (著)

「おお!そこに人殺しが居る!」探偵・榎木津礼一郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ—。嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと...

もっと見る

陰摩羅鬼の瑕 文庫版 (講談社文庫 百鬼夜行シリーズ)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「おお!そこに人殺しが居る!」探偵・榎木津礼一郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ—。嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと、由良昂允とはいかなる人物か?一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。シリーズ第八弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

存在しない犯人。それは鬼神だ。
京極堂、「鳥の城」へ。

「おお! そこに人殺しが居る!」探偵・榎木津礼二郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ――。嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと、由良昂允(こういん)とはいかなる人物か? 一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。シリーズ第8弾。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

ミステリーにおいて、動機の重要…

ジュンク堂書店三宮店さん

ミステリーにおいて、動機の重要性は作品によって大きく異なる。トリックを解明しておいて動機には関心が無い探偵役もいたりするぐらい。
しかし、本作において動機は謎と読み所の全てと言っても過言ではない。おそらく読書のほとんどは犯人の予想はできるが、動機の面から「でも犯人ではないのかも。」と思う。そしてその動機が明かされた時に京極夏彦の恐ろしさを思い知るだろう。
個人的には現時点で動機のインパクトではNo.1のミステリー。
文庫・新書担当:山中信哉

みんなのレビュー155件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

さまざまな楽しみ方ができるという点ではこれまでとまったく変わらない出来でした

2007/02/18 23:57

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 期待していたわりにイマイチという評判を耳にしつつ文庫化を待って初読。

 そんなに悪くない。むしろかなり面白い。少なくともわたしは、ねっとり混沌とした『絡新婦』・『塗仏』よりは好みでした。

 たしかにいろいろなことを期待している側からすると、ことごとく拍子抜けの感は否めません。

 わたしにとってこのシリーズの楽しみは、妖怪に関する蘊蓄がけっこう大きなウェイトを占めます。ところが本書では、陰摩羅鬼にいたってはほんのひとことと言っていい。ほとんどはウブメに費やされています。それもむしろ林羅山を語るための方便という気がしないでもない。ところがこの林羅山観が面白い。これだけで『Q.E.D』シリーズが一本書けそうな……。そう言うととんでも系みたいに聞こえてしまいますが、いえいえ説得力がありました。

 キャラ萌え読者には、榎木津が登場するのにほとんど出番のないことや、木場が単なる狂言回しであることが、物足りないでしょう。にぎやかな仲間に囲まれていないと、京極堂すら迫力がないような印象を受けるから不思議です。でもそれもレギュラー・キャラに限ってのこと。昨今ブームの執事ファンなら応援せずにはいられない執事中の執事や、木場同様に馬鹿で一本気な元刑事(枯れっぷりがいい!)。鳥の「城」に住む「青白い顔」で「齢を取らないのか」と思わせる「黒衣」の「伯爵」、しかも新婚初夜に花嫁が……だなんて、なんだかかの著名な「伯爵」みたいです。

 ミステリ・マニアなら本を投げつけたくなるかもしれません。あっという間にわかる犯人。すぐに見当のつく動機。だけど例えば『塗仏』みたいな作品の場合だと、犯人が誰とか真相はどうとかいうのはもはやどうでもよくてほとんど無意味。犯人が山田さんだろうと佐藤さんだろうと、真相が宇宙人だろうと帝国の陰謀だろうと。でも本書の犯人は、この人でなくてはいけない。ミステリとしては、やはりこうであってほしい。最後はすっきりしたいのだ。

 解説を木田元氏が担当しているので、てっきりハイデガーや西洋哲学について思想的展開が広げられるのかと思ったのも当てはずれ。儒学者である伯爵が、ハイデガーを思わせる思想に独自にたどりついていたりはしますが、どちらかといえば筆は儒学に割かれています。まあこれはわたしの勝手な勘違いゆえの当てはずれなので置いておいて。儒学と日本人の死生観に関する蘊蓄には、殺人事件のネタが割れてもなお引き込まれる謎解きの魅力がありました。林羅山の蘊蓄といい解決編といい、人が死ななくても、いえ事件が起きなくてもミステリ・謎解きというのは成立するのだな、と改めて感じ入りました。禅でもない。哲学でもない。儒学ミステリというのは珍しいと思います。

 京極堂が憑物落としなんだ、というのを再確認させてくれる作品でもありました。ミステリとしてならさすがに本書にこの長さは必要ない。起こることはわかりきっているのだから、長々と書き込む必要はありません。でも憑物落としだとすると、おそらく伯爵と伊庭の視点は必要なのでしょう。何が憑いているのか読者に伝わらなければ話にならないわけですから。『姑獲鳥』が関口視点だったのと同じこと、なのだと思います。必然的に本書は伯爵自身の物語であり、伊庭自身の物語でもある。それを共有した読者には、哀しい読後感が待っているのでした。

 なお本書は、巷間にあふれている「村=異世界の論理」ミステリに対する京極氏からの回答でもあります。そこを真面目にやろうとした分、あまりとんでもない仕掛けめいたことはできなかったのかな、という気もしました。

 相対的に見れば『姑獲鳥』『魍魎』『鉄鼠』などには及ばないのですが、面白かったので絶対評価で★五つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

めずらしくストーリーがシンプル

2022/05/08 13:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは京極堂シリーズのなかで一番シンプルなのではないか。前作までは、登場人物がやたらと多く、また、関係も入り組んでいるため、とても苦労して読んだ。今作を読む前はかなり構えていたが、そんなにややこしくなかった。ストーリーも異様ではあるが難解ではなく、すっと得心がいった。ただ、前作までの難解なストーリーを予想していただけに、そこがちょっと物足りなかった部分はある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死生観が崩れる

2016/11/14 13:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pecosmile - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作「塗仏の宴」が大仕掛けであったため、本作は小ぢんまりとしていると感じました。登場人物が少なく読みやすいですが、読者に否が応でも初めて「死」と直面した経験を思い出させる作品だと思います。私は、脳死による臓器提供が可能になった時期に、大学の授業で「人は何をもって死んでいると判断されるか」というテーマで討論を行ったことを思い出しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/26 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/23 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/29 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/04 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/10 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/17 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/11 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/16 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/21 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/09 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/14 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/24 01:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。