サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グーグル・アマゾン化する社会(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 46件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-03369-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)

著者 森 健 (著)

アマゾンもグーグルも、環境的特性と自らの開発技術によって大多数の支持を集める基盤を持っていたが、それだけで世界中から膨大なアクセスを集める存在になったのか? 気鋭のジャー...

もっと見る

グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)

税込 756 7pt

グーグル・アマゾン化する社会

税込 680 6pt

グーグル・アマゾン化する社会

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.2MB 無制限
Android EPUB 6.2MB 無制限
Win EPUB 6.2MB 無制限
Mac EPUB 6.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アマゾンもグーグルも、環境的特性と自らの開発技術によって大多数の支持を集める基盤を持っていたが、それだけで世界中から膨大なアクセスを集める存在になったのか? 気鋭のジャーナリストがネット社会の矛盾に斬り込む。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 健

略歴
〈森健〉1968年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。ジャーナリスト。著書に「社長をだせ!ってまたきたか!」「ネット王子とケータイ姫」「インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー46件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

明るい未来を手することができるかどうかは、僕たち次第だと思った

2009/05/22 00:34

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:楊耽 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの通り、主に、Googleとamazonの成功例を引き合いに、
先ずは、ロングテールと言う言葉の解説から筆を起こし、
インターネットで一極集中が起こっている現状(第1章)、
その背景にあるWeb2.0の世界(第2章)、
各社の成功の背景にある技術と、それが企業努力である戦略的投資によって実現していること
amazon=第3章、
Google=第4章
などを解説/紹介し、
ネットワークの構造をマクロスケールでとらえた科学的分析(第5章)、
個人への影響(第6章)
と続けます。
ユーザーの立場に立ちながら、かつて科学雑誌のライターも経験している著者ならではの、技術分析、科学的側面の解説は見事でした。
たとえば、成功している二社を嫉妬心で「うまいことやりやがって。」と言う内容ならば、こんなに興味をそそられる内容では無かったと思います。
二社はただ単に、変革の時代の波にうまく乗っただけでは無く、多額の資金を投じて、技術革新を先駆けて行い、今まで僕たちが手にすることが無かったサービスを受けられるようにした。これが、成功の秘訣だと理解出来ただけでも、この一冊の価値はあります。
また、すでに出版後三年近く経っていますが、Google、amazonいずれも本国アメリカ版を分析/紹介しており、日本版で最近ようやく導入された技術もあり、僕にとっては新鮮な内容でした。

しかし、本書の真価は、さらに続く最終章にありました。
僕たちは、二十年前の人に「世の中はこんなふうになったよ。」と言えば、すばらしい未来に拍手を送られるであろうインターネットが普及した現代に生きています。その一方で、僕は、この技術革新が切り開く未来が必ずしも明るいものだと単純に楽観出来ず、不安も抱えています。
本書の最終章では、首相の靖国神社参拝問題を例に挙げ、インターネット検索上位の記述内容と、新聞による世論調査の大きなギャップから現実世界に目を向けます。
ここまでで理解したインターネットが普及した現代の特性を合わせて考えると、僕たちは、どう振る舞えば良いのか。
この本の最終章ではそのヒントが与えられたように感じられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

格差社会の成立までも考察させるネット社会の解説。

2007/05/14 17:11

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 bk1の書評に引かれて読んだ。表紙の裏に引用された本文を見る限り、Web2.0の説明と、タイトルになった企業の成功因の分析かと思う。しかし、実際読み進むうち、これは「社会現象としてのグーグル・アマゾン化」の本だと、タイトルにもう一度戻ってきた。
 あとがきはこんなふうに書き出されている。「全章を書き上げたあとで、なんとなく「一極集中」で自分のパソコンを検索したところ、・・・」。著者が探りたかったのは昨今の「一極化」であったのだろう。ビッグヘッドとロングテール。ウェブ上では需要の少ない商品でも広く情報を伝えることで売ることができるということで、「ロングテール」という言葉が広まり、地方の産物をネットで売ったりする小さいネット会社が増えたともいう。しかし、ロングテールがあるところにはビッグヘッドがあることも忘れてはならない。これは、「格差社会」そのものではないだろうか?ネット社会という、人間が最近知った社会の特性を改めてこの本は指摘してくれた気がする。
 ネットの普及で情報は自由に広く得られるようになった、と思いがちであるが、果たしてそうだろうか、と著者は疑問を投げる。例えば:
・チェックした本のデータを基に「こんな本もどうですか」と提示してくれるのは便利だが、普段読まない傾向の本にめぐりあう機会が増えることはない。やはり図書館や本屋を逍遥しての「偶然の出会い」は残しておきたい、と感じるのはやはり必要なことだったからだったのだ。
・検索エンジンで表示される項目は多い。しかし2ページ目まで項目をチェックする人は2%しかないという。結局は「目を引く」項目に集中することになり、ある意味で「一極集中化」を促進している、というのもうなづける。情報過多の世界では自己防衛機能としてそれも仕方のないことかもしれないが、その影には、「ベスト何とか」というものを参考にして動いてしまう、自分で選ぶ手間を省いて楽をしたい、人間の「さが」も垣間見えてくる気がする。
・更には「検索して出てくる意見は賛成に傾く傾向」という指摘も考えさせられた。書評一つでも、Yesの評価は投票しやすいが、Noの評価は入れづらい、と思うこともある。(まあ、本の意見に反対、というのと書評として出来が良くないからNo、と両方あるのでまよったすえやめる、ということも多いのも現実だが。)
 Web2.0とはどういうものかとか、Amazon、Googleが成功者となったその機構についてを解説する章はネットを良く知る人には物足りないかもしれない。日進月歩で進む状況では、情報としての新鮮さもすぐになくなるだろう。しかし、それらが機能している社会全体の見方としてはしっかり押さえておきたい内容をわかりやすく説明してくれていて、数年後も「あの時こんなことを言っていたが」と読み返してもおもしろいかも、と思う。ネット社会の便利さの裏にある特性をきちんと認識し、知らないうちに一極集中の社会に引きずられないためにも、読んでみると良い本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ネット上で情報モラルさえ守れない人類に明るい未来はあるのだろうか

2007/12/22 16:18

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現在(2006~7年)のネットの状況、そして問題点を的確かつ、分かりやすく扱っている。いわく、WEB2.0とはなにか。そしてネット社会を代表するグーグルやアマゾンが何をし、何を目指しているのか。ロングテール、ヘッド、アドセンス、アドワーズ、パーソナライゼイション、スケールフリーなどなどの新しいタームが次々と生まれてきているが、それが何を意味しているのか。教えられることも、意見を同じくする点も多かった。
 
 特に第5章以降が読む価値がある。ネット社会の出現により、情報格差ひいては貧富の差はますます拡大の方向に向かっているし、誰でも発言できる場という幻想から、情報が操作されていることに気づきにくくなっているのではないだろうか。私は以前から『「みんなの意見」は案外正しい』(スロウィッキー)という見解に懐疑的である。民主主義は突き詰めれば集団の構成員の多数決で物事を決定するシステムである。とすれば、構成員の半数以上が正しい判断をできないと誤った方向に進むこととなる。修正もきかなくなる。総体としての人類にその水準はクリアできているのだろうか。
 
 著者は、『「みんなの意見」が正しくなる条件』は、スロウィッキーが挙げた次の四条件
『「意見の多様性(それが既知の事実のかなり突拍子もない解釈だとしても、各人が独自の私的情報を多少なりとももっている)、
    独立性(他者の意見に左右されない)、
    分散性(身近な情報に特化し、それを利用できる)、
    集約性(個々人の判断を集計して集計して集団として一つの判断に集約するメカニズムの存在)という四つだ」(『「みんなの意見」は案外正しい』(スロウィッキー)』(p.216)と、『質問をする際、「『一般的な利益に関わる意思決定を下す』ように要請する」ことだ。』(p.243)が必要だと説く。と同時に『公共性を巡る不一致は、いつでも起こりうる。』(p.244)ことも認めている。

 民衆が衆愚になる傾向は、ネット上だけでなく、あらゆる時代・国家の民主主義に当てはまるし、残念ながら有史以来、人類は長期的にこの条件を満たし続けることはできていない。塩野七生の『ローマ人の物語』(新潮文庫)を読めば、その条件を実現させるのがいかに難しいか、そしてそれを維持するのはさらに難しいことが分かる。また、根本に戻って民主主義の本質を考える上では、長谷川三千子の『民主主義とはなにか』(文春新書)が大変参考になると思う。
 
 結局これはまた、「人間に主体的な発想ができるか」という問題に行き着く。突き詰めれば完全に主体的な発想など誰にもできないので、つねに懐疑する精神を忘れてはいけないのだと思う。中でも自らの意見に対しての懐疑ほど大切なものはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ネットは進化するが、情報を解釈する人間が飛躍的に賢明になることは考えにくい

2007/04/17 00:35

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「Web2.0」という言葉が流行っているが、本書は先に読んだ「ウェブ進化論」や「グーグル」とスタンスが異なる。それらが期待を込めて、明るい未来を語っているのとはスタンスが違い、本書では問題提起をしている。
 ロングテールというが「ウェブで生き残れるのは、在庫スケールをもっているトップの企業、(ロングテールの対極である)ヘッドだけ」と著者はいう。ウェブで直販する小売サイトが増えたが実はほとんどは営業的に苦戦しているようだ。ウェブビジネスにおいても在庫設備や営業力、宣伝力など事業スケールによる体力差が現れてきているようである。つまりロングテールで成功したのはアマゾンのようなヘッド側の企業ということになる。
 また、ミリオンセラー現象を取り上げて、商品や情報などの多様化が進む反面、ひとつのところに情報やおカネが集中する実情を見る。この多様化の反面で見られる一極集中的な現象に著者は疑問を持ち、それが本書のテーマになっている。フリードマンの著書「フラット化する世界」についても「本当にフラットなのか」と疑問を投げかけ、「巨大な一極とフラット化の社会」と言い換えている。格差社会と言われるが確かにそれに共通する現象ともいえる。
 一方で6章では「集団分極化」という言葉が出てくる。同じ考えをもつものだけがネットに集いコミュニティを形成する。それは一歩間違えるとテロリスト集団のような極端に偏った考え方になり、別の考えをもつ別の集団を排除する。著者はその点を懸念している。価値観は多様化し、いろんな意見があってよい。それが民主主義であり自由ということだと思うが、それが集団となり、先鋭化し排他的になり極端に振れると危うい。
 注目は7章。世論調査とネット検索結果との意見の温度差、違和感について指摘している。その原因はネットにおける集団分極化と「沈黙の螺旋」にあるのではないかと言う。世論調査もそうだが、グーグルの検索結果に時々疑問を感じるのは私だけだろうか?なんでこんなページがヒットするんだ、開いて見るだけ時間の無駄と思うようなページに誘導されることもある。グーグルも完璧ではないということだ。だからこそセマンティックウェブという考えも出てくるのだろう。話がそれたが、その7章ではネットにおける民主主義の実現について書かれているが、その実現にはかなりの努力が必要だろうと言う。
 ネットが広げてくれた思考の多様性を忘れると、ネットが一極集中的な思考をもたらす恐れがあり、逆の全体主義ともいえる方向に陥る。ネットが多様な意見を民主主義的に集約しやすくするのか、発散させて収拾がつかなくさせるか現段階では分からない。まだ多くの人はネットを使いこなせているとは思えないから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一極集中する Web / 実世界への悲観

2007/11/07 23:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の一番のテーマは,Web 2.0 によって社会は「フラット化」するといわれているが,Google や Amazon は一極集中している,「ロングテール」といわれる現象も Amazon のように巨大な在庫をもつことによって実現されているということである.この論旨をささえるためにスケールフリー・ネットワークの理論まで,もちだされる.著者は多様なものや異質なものをみとめることによって,こうした傾向に歯止めをかけたいとかんがえているが,そのためのみちすじはあきらかにされていない.この本の結末は悲観的にみえる.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/25 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/11 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/28 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/07 04:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/12 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/09 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/08 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/23 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/01 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/28 10:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。