サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オランダ水牛の謎
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-01222-1

紙の本

オランダ水牛の謎 (創元クライム・クラブ 安楽椅子探偵アーチー)

著者 松尾 由美 (著)

上海生まれの、口をきく、正真正銘の「安楽椅子探偵」アーチーと、小学校6年生の及川衛との交流を描く、シリーズ第2弾。名推理を働かせるアーチーと衛少年が今回挑むのは、エラリー...

もっと見る

オランダ水牛の謎 (創元クライム・クラブ 安楽椅子探偵アーチー)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

上海生まれの、口をきく、正真正銘の「安楽椅子探偵」アーチーと、小学校6年生の及川衛との交流を描く、シリーズ第2弾。名推理を働かせるアーチーと衛少年が今回挑むのは、エラリー・クイーンよろしく“国名シリーズ”の謎。誰もがあっと驚く舞台設定とユーモアに、本格味溢れる謎解きが加わった心安らぐ連作集。【「BOOK」データベースの商品解説】

上海生まれの、口をきく、正真正銘の「安楽椅子探偵」アーチーと、小学校6年生の及川衛との交流を描くシリーズ第2弾。名推理を働かせるアーチーと衛が今回挑むのは、クイーンよろしく「国名シリーズ」の謎。心安らぐ連作集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

オランダ水牛の謎 5-55
エジプト猫の謎 57-106
イギリス雨傘の謎 107-170

著者紹介

松尾 由美

略歴
〈松尾由美〉石川県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部卒。著書に「バルーン・タウンの手品師」「バルーン・タウンの手毬唄」「ブラック・エンジェル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もし、この話に小学生が登場しなかったら、もっと素敵なミステリになったんじゃないか、私はそう思うんですね。子供を出した狙いは分かるんですが、その結果がワンパターンだとすると、安易なシリーズ化は考えもの

2006/12/12 20:44

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひらいたかこの水牛の絵がいいですね。赤い霧のようななかから浮かび上がるその姿のデモーニッシュなこと。これは表題作の扉にも別な形で出てきますが、ともかく迫力があっていい。感心したものですから、現役コミック大好き大学受験女子高生である長女に見せたところ「机の上に置いてあるときから気になってたんだけど、上手だよね。でも、人物を描く時とタッチが違うでしょ」と細かい指摘が返ってきました。
でも、我が家の受験生、このシリーズを3年前に読んだことを覚えていません。だから「安楽椅子、ああ、ロッキング・チェアね」などというのです。前回の書評には「安楽椅子=アーム・チェア、この前後の一文字をとってアーチー。うーむ、結果として生まれた名前はなんとも親しみがあって、うまいなあ、松尾さんといいたくなる。で、自分の無知をさらけ出してしまうと、主人公の衛少年と同じく、私も安楽椅子というのは、あの揺り椅子=ロッキング・チェアだと思っていたんですね。」と書いています。
ま、情けないことに、私も「ああ、そうそう、ロッキング・チェア。あれ?なんか違うような」としか言い返せなかったというのが、我が家の英語レベルを如実に示しています、ううう・・・
カバーの紹介文は
上海生まれの、口をきく、正真正銘の
「安楽椅子探偵」アーチーと、小学校6
年生の及川衛との交流を描くシリーズ第
2弾。名推理を働かせるアーチーと衛少
年が今回挑むのは、エラリー・クイーン
よろしく「国名シリーズ」の謎。
誰もがあっと驚く舞台設定とユーモア
に、本格味溢れる謎解きが加わった心安
らぐ連作集。
カバー・イラスト&扉 カットは、前作同様ひらいたかこ、装幀も同じく磯田和一です。
各話の簡単な紹介と初出を書いておけば
・オランダ水牛の謎 〈ミステリーズ!〉vol.13(2005年10月号):衛がキオスクの近くの公衆電話のところで見つけたのは、葉桜の枝が入った封筒。そこには鉛筆で「オランダ水牛 7000〜8500」「植民地」「スパイ=N」の文字が・・・
・エジプト猫の謎 〈ミステリーズ!〉vol.14(2005年12月号):ミステリーマニアの野山美紗が久しぶりに家にやってきた。彼女は塾の友人阿倍マコトから猫のクレオを預かったのだが、その理由というのが・・・
・イギリス雨傘の謎 〈ミステリーズ!〉vol.15(2006年2月号):ちょっと癖のあるイギリス帰りの下級生、彼女をモデルにした像が壊された。でも、事件が起きたのは密室。怪しいのは彼女を含めた4人の生徒・・・
・インド更紗の謎 〈ミステリーズ!〉vol.16(2006年4月号):両親と一緒に行くはずだった外食も、母親が仕事で離脱。怒った父親が誘った女性と三人で出かけたインド料理店。そこで見たのは・・・
・アメリカ珈琲の謎 〈ミステリーズ!〉vol.17(2006年6月号):空席がたくさんあるのに、ドーナツを食べている衛に相席をしたいという男が現れて、しかも最後に30円を貸す羽目に・・・
松尾のあとがきによれば、今回は衛が六年生の春から夏休みの話。生意気で不快感を抱かせた野山美紗はP学園受験を目指して塾通いが本格化し、衛の家にやってくる回数も減っています。八十歳の新人ミステリー作家鈴木清六氏もチョイ役で出るだけ。
そのせいか、肝心のアーチーまで存在感が薄くなってしまい、どの話も印象に残りません。
衛の成長を描くことにしたせいという指摘もあるようですが、それはどうでしょう。確かにコーヒーを味わったりしますが、そういった表面的なこと以外、内面ではまったく変化していないでしょう。彼が成長するためには、ミステリではなく人間こそが必要なはず。シリーズのなかで方向転換を図るより、ビルドゥングス・ロマンを書きたければ『スパイク』のような別の話を単発で書くべきでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/09 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/12 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/20 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/15 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/16 03:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/14 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/26 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/27 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/09 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/19 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/07 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/03 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。