サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『これからの仕事と経済』~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 96件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: BL出版
  • サイズ:27cm/32p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-7764-0204-1
絵本

紙の本

おへそのあな

著者 長谷川 義史 (作)

みえる、みえる。なにがみえる?ちいさないのち、たいせつないのち。【「BOOK」データベースの商品解説】【けんぶち絵本の里大賞(第17回)】【書店員が選ぶ絵本大賞(第1回)...

もっと見る

おへそのあな

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

みえる、みえる。なにがみえる?ちいさないのち、たいせつないのち。【「BOOK」データベースの商品解説】

【けんぶち絵本の里大賞(第17回)】【書店員が選ぶ絵本大賞(第1回)】小さな小さな赤ちゃん。今はまだお母さんのお腹の中。だけど、お母さんのおヘソの穴から見える見える。お兄ちゃんが見える。何してるのかなぁ。お姉ちゃんが見える。何してるのかなぁ…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長谷川 義史

略歴
〈長谷川義史〉1961年大阪府生まれ。「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」で絵本デビュー。「おたまさんのおかいさん」で講談社出版文化絵本賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店藤沢店

あかちゃんはお母さんのおへその…

ジュンク堂書店藤沢店さん

あかちゃんはお母さんのおへそのあなから
色々なことを感じ取っているって知ってますか・・・?

あかちゃんがおなかの中でどんな風に過ごしているのかが
とても丁寧に描かれています。
大人もへぇ~となっちゃいますよ!

出産祝いやプレゼントにも人気の絵本です!

児童書担当:大城

みんなのレビュー96件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

うまれておいで。

2010/04/06 23:17

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蒼空猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長谷川 義史さんの作品はユーモラスでいて、子どもの視点がいかされています。その おおらかな 作風にあたたかな「生」をまざまざと私は感じるのです。
本書は おなかの中の赤ちゃんの視点で、家族の絆を描いています。

おかあさんのお腹にいるけど、ぼくはなんでもしっているの。
おへその中から 視ているの。
家族が自分をどれほど、大事に 心待ちにしているかを・・・。

ぼくの世界はさかさま。
おかあさんがぼくをうみやすいように。
ぼくの世界はたまゆらの群青色の海。
でも、あなから 家族をみた時、ぼくの世界はじんわり明るくなってゆく・・・

おにいちゃんはおもちゃをつくっている。
おとうさんは歌をつくっている。
おねえちゃんはお花に水をあげている。
おかあさんはバランスよくいろんなものを食べている。

全部 ぼくのため。

みんながぼくに「うまれておいで・・・」って言ってくれてる。
おへその穴が月のように満ちる。
だから おへその穴から言ったんだ。
「  明日 うまれていくからね  」って。

おなかにいた時、息子はどんな景色を視ていたのでしょう。
この家族から感じるような、安心感やあたたかさを感じていてくれていたでしょうか。赤ちゃんは自分の意思で産まれる日を決めるようです。
その日をちょっぴりの不安と、大きな嬉しさで待っていたときを思い出します。
へその緒でつながっている赤ちゃんとおかあさん。
けれど、へその緒がつながっていなくても、産まれて切られてしまっても、家族の絆が切られることはないでしょう。
みえないへその緒は赤ちゃんを心待ちにするみんなに繋がっていることでしょう。
 
全ての産まれてくるあかちゃんが、この本のようにみんなに愛され 祝福され産まれてくることを願います。。





このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この世界はあなたを待っている

2010/10/17 10:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 おへそにどんな役目があるのか知らないが、少なくとも母とつながっていた痕跡であることは間違いない。
 誰もがおへそを持っているということは、誰もが母とつながっていたということ。たとえそれがどのような母であれ、胎内にいるとき、このへそで母とつながっていたのだ。
 母を愛すること、母を憎むこと、母を慈しむこと、母を嫌うこと。それは人それぞれだ。
 しかし、おへそがあるということは、母は自分を胎内で育ててくれた、その痕跡である。

 長谷川義史さんの絵本『おへそのあな』は、おなかのなかにいる胎児がおかあさんのおへそからこっそり生まれてくる世界をのぞきみる世界を描いている。
 おにいちゃんは生まれてくる赤ちゃんのためにロボットを作り、おねえちゃんはきれいな花が咲くように苗木を育て、お父さんは歓迎の歌をこしらえる。
 胎児がのぞいた世界はなんと期待に満ちているのだろう。

 そんな楽しい家族がしばしば憎悪の対象になることは毎日のニュースでいやというほど見聞きする。おにいちゃんは作ったロボットを投げ捨てるかもしれない。おねえちゃんは花と同じ色に髪を染めるかもしれない。お父さんは愚痴や嘆きを口にするかもしれない。
 絵本だから、そんな暗い明日は描かれない。でも、そのことに目をそむけることはできない。ただいえることは、おへそが母とつながっていた確かな痕跡であるように、この絵本の胎児がおかあさんのへそのあなからのぞいた世界も確かな世界であろうということだ。

 誰もがあなたの誕生を待っている。だから、怖がらないで。
 この世界はあなたを待っている。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ようこそ

2019/08/31 23:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

お義母さんからのプレゼント。 早速、我が子に読み聞かせしてあげました。 記念すべき一冊目。 これから、たくさん本を読んであげたいです。 家族も赤ちゃんも会えるのを楽しみにしている、そんな気持ちが伝わってきてほっこりします。 もちろん、我が子(生後4日目)にはストーリーなどはわからないですが、楽しい雰囲気だけでも感じてくれていれば嬉しいです。 絵本を楽しめるようになってきたら、また読んであげます。 そして、みんなが生まれてくるのを楽しみにしていたよと、伝えたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あたたかい気持ちになれる本

2018/07/08 21:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こたまきむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第2子妊娠中の友だちへのプレゼントに、購入しました。
お腹の中の赤ちゃんの目線で描かれていて、くすっと笑ってしまいます。
私はラストがものすごく好きです。
私も現在第2子妊娠中ですが、上の子と一緒に読みたいなと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

赤ちゃん視点のユニークな絵本

2017/01/25 14:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーくんママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お腹の中の赤ちゃん視点で描かれているユニークな絵本です。
2人目出産でお腹が大きくなった頃に、上の子と一緒に絵本を読みながら、赤ちゃんの話をしていました。乳幼児にもお腹の中身がイメージできたようで、「今赤ちゃん起きてる?」と気にかけてくれるようになりました。
最後の赤ちゃんのセリフに、実際もこんな気持ちで産まれて来てくれるのかな…と優しい気持ちになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お兄ちゃんたちに

2016/11/30 00:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒うさぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

三男がおなかにいた時、幼稚園児だった長男と二男に読んであげてました。生まれる前に、おなかの中で赤ちゃんがどんな風に過ごしているか、色々と想像しながら、自分の時はどうだったか思い出しながら、わいわい楽しく読みました。三男が生まれてからは、お兄ちゃんたちが弟に読んであげてました。子どもたち3人とも、今でも大好きな本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛らしい

2016/11/27 07:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せいママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

二人目が出来、上の子2歳に読んであげたくて購入しました。絵も内容も可愛らしく、読んでいてほっこりします。2歳の子は、なぜ赤ちゃんから見た外の世界が逆さまなのか理解出来てないので、そのページは絵本自体をくるっと回転させて見ています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

独特な雰囲気が暖かい!

2016/03/29 07:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:結城 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジュンク堂書店梅田店でサイン会を開催していたところに偶然通りかかり、過去の作品ですが購入してサインを頂きました!赤ちゃんのお腹から産まれるまでの家族の様子が、長谷川さんの独特なタッチで描かれていて、とても心が暖かくなる絵本です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おなかの中にあかちゃんがいることの幸せが、あかちゃんの視点から描かれている。

2006/12/20 00:21

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うっちー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今度生まれてくるあかちゃんは、まだ、おかあさんのおなかの中。だから、外のことは、ぜんぶさかさまに見ています。どこから見てるかって?なんと、おへそのあなから!
 だから、おにいちゃんのしていることも、おねえちゃんのしていることも、あかちゃんの視点で描いている絵は、みんなさかさま。ふしぎな絵です。こんな風に見えているのかなぁ、と一瞬信じたくなっちゃう。それぐらい楽しい。(ほんとうにおへそのあなから見えるのか、と思う子どもがいるかも…)
 そして、おにいちゃんもおねえちゃんも、おとうさんも、おかあさんも、みんな、あかちゃんのことを思って、まちわびて、していることばかり。生まれる前から、すでに家族なのです。見ているばかりではありません。においもかぎ、声も聞こえます。遠くに住むおじいちゃんやおばあちゃんの電話の声も聞いています。
実際に、おなかの中のあかちゃんも外のことを感じているのは確か。特別な感覚でまわりのことをわかっていても不思議ではありません。
 こんなに愛されて待たれて生まれてくるあかちゃん。なんとも幸せイッパイになります。読んだ子どもたちが、自分もそうだった、すべてのあかちゃんがそうだったにちがいないと思って欲しい!
 長谷川義史さんの発想も絵も、いつもユーモアたっぷり、しかも温かくて、いい笑顔を生む力があって、うれしくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おへそのあなから、あかちゃんが見ている家族の様子。ちいさな、たいせつないのちを家族みんなでこころまちにしている、あたたかい絵本。

2010/03/28 15:59

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:月乃春水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

おかあさんのおなかにいるあかちゃんが、おへそのあなから見た情景が描かれている絵本です。
みえる、みえる…おにいちゃん、おねえちゃん、おとうさん。
あかちゃんは、頭が下ですから、みている風景もさかさまなんです。

寝ているときには、においをかんじているあかちゃん。
バランスよく食べるために、おかあさんが作っている料理のにおい。家族みんなの声も聞えてきます。

だれもが、あかちゃんが生まれてくるのをこころからたのしみに、待ち望んでいることがよくわかります。

人気の絵本作家、長谷川義史さんは、立ち合い出産の経験を
『おとうちゃんの出産絵日記 うん このあかちゃん』に描いています。
そんな経験者だからこそ、なのかもしれません。ほんとうにあたたかい絵と文なんです。

家族が増える喜び、祈るように待つおもい、そして大自然からの呼びかけ、あかちゃんの意志。じんわりと伝わってきます。

絵の部屋の様子は、すみずみまで見てみると、いろんな発見がありますよ。おまけのおたのしみです。

家族みんなであかちゃんの誕生を待ち、あかちゃんが生まれてくる様子は『うちにあかちゃんがうまれるの』という写真絵本にも描かれています。
こちらもとても素敵です。


本についてのよもやま話。□□本のこと あれこれ□□

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うまれてくる赤ちゃん

2019/03/13 10:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤ちゃんが、お母さんのおへそのあなから感じていることが描かれています。
長谷川さんの独特なイラストがマッチしていて、楽しく読み進めることができました。
読み聞かせしている私が感動してしまい、最後は涙が出てしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おおっ

2016/11/30 18:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

お母さんのおへそのあなから赤ちゃんが外をのぞいてる。どんなふうに見えているのかな?できることなら、自分も赤ちゃんになってみてみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

妹・弟が生まれてくるお子さんに

2016/06/12 11:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そらいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お母さんのお腹にいる赤ちゃんが、おへその穴からお兄ちゃんやお姉ちゃんお父さんの様子をのぞいたり、料理の匂いを嗅いだり、みんなの色んな声や自然の音を聞いたりするお話です。

これから下のお子さんが生まれる予定のお兄ちゃんやお姉ちゃんたちに読んであげると良いのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

妊娠中に

2016/02/29 00:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mama - この投稿者のレビュー一覧を見る

妹が産まれて来る前の年少の息子に購入しました。
お話を読んで、大きくなるママのお腹のおへそを覗いて赤ちゃんが見えないかと(笑)、産まれてくる赤ちゃんを楽しみに待つことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さかさま

2016/01/30 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あかちゃんがおへそのあなから家族を見ている。
本当にそうならおもしろいな。いろいろ見せたくなる。
こどもはあかちゃんの視界がさかさまなのがおもしろかったみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。