サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

動物園の鳥(創元推理文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 255件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-45703-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

動物園の鳥 (創元推理文庫)

著者 坂木 司 (著)

春の近づくある日、鳥井真一のもとを二人の老人が訪ねてきた。僕らの年上の友人でもある木村栄三郎さんと、その幼馴染みの高田安次朗さんだ。高田さんが働く動物園で、野良猫の虐待事...

もっと見る

動物園の鳥 (創元推理文庫)

648(税込)

動物園の鳥

486 (税込)

動物園の鳥

ポイント :4pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

春の近づくある日、鳥井真一のもとを二人の老人が訪ねてきた。僕らの年上の友人でもある木村栄三郎さんと、その幼馴染みの高田安次朗さんだ。高田さんが働く動物園で、野良猫の虐待事件が頻発しているという。動物園で鳥井が掴んだ真実は、自身がひきこもりとなった出来事とどうつながるのか—。鳥井は外の世界に飛び立てるのか。感動のシリーズ完結編、文庫版特別付録付き。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー255件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

引きこもり探偵、大団円?<動物園の鳥坂木司著

2007/04/21 15:31

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴぃたぁ・パンダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

出版社 / 著者からの内容紹介
春の近づくある日、僕・坂木司と鳥井真一のもとを二人の老人が訪ねてきた。
僕らの年上の友人でもある木村栄三郎さんと、その幼馴染みの高田安次朗さんだ。
高田さんがボランティアとして働く動物園で、野良猫の虐待事件が頻発しているという。
動物園で鳥井が掴んだ真実は、自身がひきこもりとなった出来事とどうつながるのか——。
はたして鳥井は外の世界に飛び立てるのか、感動のシリーズ完結編。
鳥井家を彩る数々の家庭料理をご自宅で作れる、簡単レシピ集「鳥井家の食卓」など、文庫版おまけ付き。
著者からのコメント
「あなたが最後に動物園に行ったのはいつでしたか?」 こう聞くととたいがいの人は首を傾げて、「ここしばらく、もしかしたら十年くらい行っていないかも」と答えました。
もしあなたがそうだったら、ぜひ次の休日にでも出かけてみて下さい。
小さい頃とは、また違った動物園が見えてくるはずです。そして鳥井と坂木が何を感じたのか、一緒に楽しんでいただければ幸いです。ちなみに昨年私は、五回も足を運んでしまいました。
=====
本作は、ひきこもり探偵三部作の最終編である。
主人公の相棒の坂木は、だんだん自分達が、不自然な状態に甘んじてはいけない、「ちゃんとした大人にならなければいけない」ということを痛切に感じ、ひきこもり探偵の鳥居を、何とか、外へ引っ張り出そうとする。
鳥居本人も、今の状態がいいと思っているわけではないらく、だが、いやいやながら、時にはまるで、駄々っ子のような振る舞いをしながら、坂木を頼りに、引っ張りだされている。
今回は、中学生時代に、鳥居を苛め、坂木も毒牙にかけようとした、張本人が登場する。
2人の傷の対応の仕方が面白い。
最初に、張本人が、坂木に気づき、親しげに、笑顔で呼び止めた。
だが、坂木は、その男性が、誰だか、気が付くと、「人違いです」と、無かったことにした(ある意味、パニックである)。
鳥居の方は、心身共に成長したこともあり、キチンと対応する準備が出来ていたようだ。
相手に過ちを認めさせ、迷惑をかけた人々には、謝罪させるまでにいたるが、2人に対しては、甘えがあるのか、最後迄、謝罪は無かったといってもいいだろう。
だが、鳥居も、坂木も、いい大人である。
全ての人と、仲良く、なんていうのは幻想だとわかっている。会わない奴には、近づかない!でいいではないか、ということを改めて学んだ。心の中の蟠りも、ある程度は、解消したと思われる。
そして、毎日のように、鳥居の部屋に入り浸っていた、坂木が、もうここへは来ないと、宣言する。
今度は、鳥居が、坂木の部屋へ来る番だ、と言い放つ。
鳥居は、パニックになるが、何日も落ち込んだ後、無言電話も何回も掛け、しかし、お互いの絆から、這うようにして、坂木の部屋へ出かけていくのである。
レシートトラックとして、後日談が載せてあるが、微笑ましい。
坂木は、本当に、可愛い奴だと思う。(笑
このシリーズには3作を通じて、ひきこもっている、鳥居が作るおいしそうな料理や、全国から取り寄せ可能なお菓子の話が結構出てくる。
おまけとして、料理のレシピと、お取寄せ先のリストが付いているのが、気が利いている。
レシピの中では、黒七味のぺペロンチーノが、美味しいそうだったので、作ってみたいなと思う。
黒七味がどういう味かわからないが、たまたま、今日、伊勢丹で見つけたのだ。(笑
明日にでも、赤ワインと一緒に、仕入れてこよう。
http://ameblo.jp/ye0329/entry-10019415687.html

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ完結編は、読み終わるのが惜しくて何度も立ち止まりながらページをめくりました。

2016/05/18 00:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

「青空の卵」「仔羊の巣」「動物園の鳥」と続く、引きこもり探偵
シリーズの完結編だ。シリーズ初の長編でもある。
読み終わるのが惜しくて、でもページをめくるのが止められなかった。

このシリーズは、事件が持ち込まれ、事件の謎と巻き込まれた人たちの
心を救うという作りが共通している。
完結編も同じであるが、唯一違うのが、これまで断片的であった主要
メンバーの心について、とうとう解きほぐしが始まるのである。

引きこもりの鳥井の心の傷だけでなく、語り役の坂木の心、メインの
脇役を務める滝本の心にも触れていく。

途中、本を取り落しそうになり、いったん閉じて心を落ち着ける必要が
何度かあった。これまでも心に響く言葉を多く書きつけてあるシリーズだが、
完結篇にふさわしい重量感がある。ただし文体自体は非常に読みやすい。

三冊通しての感想だが、読み順は守った方がよい。
登場人物の心に素直に溶け込めるからだ。
謎解きも面白いが、特にこの作品は心の描き方が抜群に魅力的だ。

動物園で野良猫の虐待事件が頻発しているらしい。
ある日そんな依頼が持ち込まれる。誰が、なぜ、なんのために。
ミステリーの基本をしっかり押さえつつ物語が進んでいく。

今回も鳥井の安楽椅子探偵的な洞察力は強くて、ちょっと出来過ぎなほど
推理の冴えを見せる。そこはいつもの通り。
ポイントは、書評前半にも触れた引きこもりを発生するに至った心の傷に
触れていくことである。

一ページ目にこんなことが書いてある。
> 大人になったら、強くなるんだと思ってた。
> 大人になったら、もう今みたいに泣かないんだと思ってた。
> 寂しくて、誰かにかまって欲しくて、
> 一人部屋の中で涙を流すことがあるなんて、もう絶対にないんだと、
> そう、思ってた。

最初から勝負をかけてきている。
いじめがなぜ発生するのか。どうやって発生するのか。
どんな気持ちになるのか。

等身大に描かれていて、妙に生々しくて、心にずしんと響く。
登場人物たちの言葉がいろんな立場から重ねられ、なぜ複雑な気持ちに
なるのかよく分かる。厳しいし、辛辣と評していいかもしれない。
でも……読むのは止められない。

かける言葉が見つからないけれど、シリーズを通して、多くの仲間と
出会えたことが、心の支えとなって読了することができた。
これは鳥井のことではなく、読んでいるわたしの気持ちだ。
すばらしい時間をありがとう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

さわやか

2015/11/13 21:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨモギ色の卵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

う~ンとうなりながら読む感じの推理ものではありませんが、読んだ後にすっきりとさわやかな印象が残る本です。これほどまでに出てくる人物がみな魅力的な本もなかなかないと思います。
推理小説が大好き、という人には少し物足りないいかもしれません。しかしながら、推理の部分を除いたとしてもとても魅力ある人間模様を描いた本だと思います。面白いし読みやすかったので、三部作の残り二冊も購入してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三部作の完結編。

2015/08/31 16:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず、鋭い指摘にドキッとするお話です。主人公側の思いに共感しつつも、ズルさや悪意の方にも覚えのある自分もいて、色々考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/26 21:22

投稿元:ブクログ

引きこもり探偵最終章。
この本だけ最初から最後までを通して1編になっています。
鳥井さんが飛び立ちます。

2006/11/16 13:24

投稿元:ブクログ

11月14日購入。16日読了。うむ,なかなか良かった。このあたりでシリーズが終わるのも丁度良い感じ。

2015/02/05 20:31

投稿元:ブクログ

春の近づくある日、鳥井真一のもとを二人の老人が訪ねてきた。僕らの年上の友人でもある木村栄三郎さんと、その幼馴染みの高田安次朗さんだ。高田さんが働く動物園で、野良猫の虐待事件が頻発しているという。動物園で鳥井が掴んだ真実は、自身がひきこもりとなった出来事とどうつながるのか―。鳥井は外の世界に飛び立てるのか。感動のシリーズ完結編、文庫版特別付録付き。 (「BOOK」データベースより)

ひきこもり探偵三部作の完結編です。
なんだかんだ言って、結局シリーズ最後まで読んでしまいました。

私は谷越をそう感単には許せないなあ。
一番嫌いなタイプの人間だもの。
心がせまいのかな、私。

それぞれみんなが何かしらの心の傷を抱えながら生きているんだね。
でも、こうして出会ってつながっていけるのって羨ましいなあと思った。
いつでも来ていいよ、なんて場所、私にはないから。
だから自分の家が一番好き(笑)。
ほかに寛げる場所なんてないよー。
みんなあるの?
ないのは私だけ?

相手を守っているつもりでも、実は自分がすがっていた。
なんかすごくよくわかる気がする。
自分にそういう経験は多分ないんだけど、なぜかあったような気がする。

事実に目を向けるには痛みが伴うことが多いけど、目をそらさずに真っ直ぐ見つめるのってカッコいいし、そうありたいね。
難しいけど。

塚田くんや安藤さんがでてこなかった、と思っていたら、ちゃんと最後にでてきてくれてうれしかった。
CDやDVDのボーナストラックみたいに、シークレットトラックがついているの。
あとがきのあとに。
それからシリーズにでてきたお料理のレシピや、全国銘菓のお取り寄せ情報なんかも。
最後の1ページまでじっくり読まなきゃね。

あー私も栄三郎さんちのおこたに入ってお茶飲みたい!

2007/01/20 21:16

投稿元:ブクログ

3部作の最後。このシリーズを読むと、主人公たちの純粋さにいつも自分の悪さを再確認してしまう。最後に主人公たちは各々、未来への一歩を踏み出す。

2010/03/11 19:42

投稿元:ブクログ

引きこもり探偵三部作の完結編。
ミステリと言っても人が殺したり殺されたりするものではないので、ミステリが苦手な方にもお勧め。
後味ほっこり。優しい気持ちになれる本です。

2010/01/22 11:28

投稿元:ブクログ

読み終えたくないと思ってしまった。

この三冊とは偶然
娘と待ち合わせしていたときに時間があったので
本屋へ立ち寄った際
作者のサイン付きで平積みされていたのを
まとめて購入したという出会い。
逆の意味で見事に期待を裏切られた。

すばらしい作品だと思います。

2007/01/12 14:54

投稿元:ブクログ

ひきこもり探偵シリーズ・初の長編にして完結編。うどんすきが美味しそうでじゅるり。明子さんには何だか同属嫌悪。あの谷越ですら取りこんでしまう彼らと周りの人々のきれいな空間が凄いなとも思う。

2007/11/08 10:33

投稿元:ブクログ

とりあえず話としてはまとまったけど、内容としては物足りない。最後、鳥井が過去の事件を克服するくだりとかはあっけなかった。結局「青空の卵」がいちばんストーリーは良くできていたと思う。

2007/05/25 21:48

投稿元:ブクログ

これでシリーズが完結してしまうのかと思うと寂しくて、なかなか読み進められなかったのですが、ようやく読み終わりました。今回は長編です。

ひきこもりの原因となった過去の出来事と向かい合うことになった鳥井さんが壊れてしまうんじゃないかと、気が気じゃありませんでした。でも、意外としっかりしていましたね。取り乱すこともなかったですし。拍子抜けしたといえばそうなのですが、これもきっと、鳥井さんの成長なんだろうな。そして鳥井さん同様、坂木さんもまた、自ら避けていた事実と向き合って、少し成長したように思います。

ラスト、鳥井さんが外の世界に飛びたてるのか、どうか。それはここでは触れないことにします。是非、みなさんご自身で読んで欲しいです。

おまけの「シークレットトラック」と「鳥井家の食卓」も良かったです。「シークレットトラック」、これを読んで心からホッとして、安心しました。滝本くんが可愛いです。「鳥井家の食卓」は素敵ですねー。「じゃがいものピュレ」は作ってみたいし、「ブタしゃぶ」も「黒七味のぺペロンチーノ」も美味しそう!こんな料理をほぼ毎日食べていたであろう坂木さんが羨まし過ぎます。

2010/05/12 22:25

投稿元:ブクログ

これで引きこもり探偵シリーズも終幕。
3作読んできても、鳥井と坂木の関係にはなんとも受け入れがたい感じが残る。
2人を取り巻く人たちでそれを補っているから読み続けられたけれど、わたしには2人の関係が重かった。

2006/10/24 16:45

投稿元:ブクログ

ひきこもり探偵シリーズ第3弾。
完結編です。面白かったです。堪能できました。綺麗過ぎるという意見もあるかもしれませんが僕はそれでいいと思います。小説なんだから。最後の最後の粋なプレゼント、嬉しかったです(謎)