サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

文壇アイドル論(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/10/06
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-771708-5
文庫

紙の本

文壇アイドル論 (文春文庫)

著者 斎藤 美奈子 (著)

文壇アイドル論 (文春文庫)

税込 679 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なっとくの1冊

2006/11/22 01:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.O. - この投稿者のレビュー一覧を見る

 単行本で出たときから評判になっていたこの本ですが、文庫本化を機に手にしました。取り上げられているのは、いずれも80年代から90年代に一躍ブームを巻き起こした、村上春樹、俵万智、吉本ばなな、林真理子、上野千鶴子、立花隆、村上龍、田中康夫の面々。斎藤美奈子の、いつもながらの鋭い指摘と歯に衣を着せない明快な論調は、この本でも健在で、読んでいて心地よかったです。しょっぱなから、村上春樹が提供する「ハルキランド」はゲーセン(ゲームセンター)であるとの比喩にまず興味を引かれ、吉本ばななの作品をコバルト文庫のそれになぞらえるという分析に、なるほど両者の読者層には共通点があるかもしれないなと納得させられ、上野千鶴子は「『フェミニズムの旗手』ではなく、遅れてきた『リブの闘士』である」との指摘には、言い得て妙だとうなずかされながら読み進みました。後に進むほど面白さは増し、立花隆の箇所は「おおっ」と身を乗り出す感じ。そして最後の田中康夫については、まさに見事な分析だったと思います。
 立花隆については、同じく田中角栄についてのルポルタージュをモノにして注目されたルポライター児玉隆也を紹介し、児玉隆也のルポの仕方、すなわち「自ら現場に足を踏みいれ」、「地を這うような取材」をし、「対象の匂いを伝えようとする」やり方と、立花隆の手法、つまり「大量の人員と経費を投入して真正面から対象に攻め入る」方式とを比較した分析にはじまります。そして、その手法の違いが、二人の書く文章にも差となってあらわれるとの指摘のもとに、それぞれの田中角栄に関するルポルタージュの引用へと続きます。以前読んだ、立花隆の元秘書、佐々木千賀子の『立花隆秘書日記』もふっと思い出して、立花流の取材方法はいかにもそうであったな、と納得しつつ読みました。この章はさらに立花隆その後の活躍に触れ、彼を必要とした時代の背景を分析し、その立花隆をしての限界、ウィークポイントにも言及があって、読み応えのある一章となっています。
 田中康夫については、彼のデビュー作『なんとなく、クリスタル』の分析をベースに展開します。つまりこの作品は、ルポっぽい「本編」で漫才のボケに当たる部分を担当する語り手と、批評っぽい「注」でツッコミを担当する語り手という二人の語り手が内包されていること、そして「注」の語り手が、「本文」の語り手に対して茶々を入れてからかっているとの指摘です。なるほど、と思われる指摘で、はるか昔に読んでいまひとつピンとこなかった『なんとなく、クリスタル』の位置づけ、というか、作者の意図というかが、これでようやく納得できたように思いました。
 この本は、斎藤美奈子の視点の確かさ、鋭い洞察力がいかんなく発揮された優れた批評集だと思います。彼女の分析を読むと、ここに挙げられたそれぞれの人について、自分がそれらの作品を、なぜあの時はあんなに熱中して読んだのに今は読まなくなったのか、とか、なぜこれまでまったく手に取る気にならなかったのか、とか、あるいは、なぜ小説よりもエッセイの方を好んで読んできたのか、などなど、それぞれ思い当たるところがあり、納得した気分になりました。このような斎藤美奈子の鋭い指摘が、彼女の勢いのある文章や、思い切りのいい言葉遣い、時に示される「やんちゃな」表現や辛辣さとうまく融合しており、楽しんで読むことができた1冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/12 02:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/19 02:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/29 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/14 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/24 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/08 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/11 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/20 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/01 07:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/12 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/03 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/10 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。