サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 新潮社の通販
  5. 有元利夫絵を描く楽しさの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

有元利夫絵を描く楽しさ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:21cm/150p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-602148-X
  • 国内送料無料

紙の本

有元利夫絵を描く楽しさ (とんぼの本)

著者 有元 利夫 (著),有元 容子 (著),山崎 省三 (著)

「美の女神」を追い求めるようにひたすら描き続け、わずか10年で急逝した有元利夫。彼の生誕60年を機に、彼自身の言葉、夫人の回想、制作のヒントとなった遺愛の品々とで「画壇の...

もっと見る

有元利夫絵を描く楽しさ (とんぼの本)

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「美の女神」を追い求めるようにひたすら描き続け、わずか10年で急逝した有元利夫。彼の生誕60年を機に、彼自身の言葉、夫人の回想、制作のヒントとなった遺愛の品々とで「画壇の寵児」の作品と生涯を振り返る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

有元 利夫

略歴
〈有元利夫〉1946〜85年。岡山県生まれ。東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。
〈有元容子〉愛媛県生まれ。東京芸術大学美術学部絵画科日本画卒業。有元利夫と結婚。実践女子大学教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「有元利夫 絵を描く楽しさ」、その平易さの中の奥深さ!

2010/08/09 19:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現在、東京都庭園美術館で没後25年の展覧会が開催されている有元利
夫。彼の絵に魅了された人には「とんぼの本」シリーズのこの一冊をぜ
ひ読んでもらいたい。

 様々なことが書いてあるが、有元さんが自らの作品やその製作プロセ
スを引き合いに出しながら語る美術論、絵画論は、驚くほど平易だ。評
論家にしても画家にしても、なんだかやたらと難しい言葉を使って語る
人が多いが、彼の言葉はスッと心に届く。しかも、深い。そして、納得
ができる。普通の言葉を使って大切なことをきちんと語れるのだからス
ゴいのだ。

 この本が出されたのは、生誕60年、没後21年の時だ。38歳、画業10
年足らずで亡くなってから今年で四半世紀が過ぎた。25年であの素晴ら
しい絵がどのように変化し、新たな展開を生んだのか…。思ってみても
しかたがないことだが、ついつい考えてしまう。

 双子のように生きた、といわれる容子夫人の回想の部分が印象深い。
芸大では音楽部のリコーダーの授業まで受けていたこと。「容子は俺が
死んでから描けばいいじゃない」と言われたこと。有元の伴奏をするた
めにチェロを習いに行ったこと。古い額縁を買ってそれにあわせて絵を
描いていたこと、などなど。絵はもちろん、立体や素描、好きだった品
々などの写真も多く収められていて、幾度なくページを繰ってしまう。
有元利夫という希代の画家の魅力と足跡を知るには最高の一冊であろう。
(庭園美術館での展覧会は2010年9月5日までです)

ブログ「声が聞こえたら、きっと探しに行くから」より

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/04 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む