サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

狼花
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:20cm/557p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-92518-9

紙の本

狼花 (新宿鮫)

著者 大沢 在昌 (著)

地獄を覗かされ、日本を捨てた国際犯罪者・仙田。外国人犯罪を撲滅するため、限界を超えようとするエリート警官・香田。どん底からすべてを手に入れようとする不法滞在の中国人女性・...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地獄を覗かされ、日本を捨てた国際犯罪者・仙田。外国人犯罪を撲滅するため、限界を超えようとするエリート警官・香田。どん底からすべてを手に入れようとする不法滞在の中国人女性・明蘭。自ら退路を断ち突き進む男女の思惑と野望が一気に発火点に到達した時、孤高の刑事・鮫島が選ばざるを得ない「究極の決断」とは?理想と現実、信念と絶望、個人と社会、正義の意味、そしてこの国のありようが、骨太かつスピーディな物語に溶解していく。ターニングポイントとなるシリーズ最大の問題傑作、光文社初のハードカバーで登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

【日本冒険小説協会大賞(第25回)】日本国のあり方を問う大事件の発端は、ナイジェリア人のささいな喧嘩だった…。国際犯罪者、エリート警官、不法滞在の中国人女性、それぞれの思惑と野望に、孤高の刑事・鮫島が迫られる「究極の決断」とは? シリーズ第9弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大沢 在昌

略歴
〈大沢在昌〉1956年名古屋市生まれ。「感傷の街角」で小説推理新人賞を受賞し、作家デビュー。「新宿鮫」で吉川英治文学新人賞ほか、「無間人形」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

暴力団は毒を制するための必要毒か。

2008/09/10 10:19

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずと知れた警察小説の金字塔、新宿鮫シリーズ。
これまでの作品では奇異なシチュエーションや犯罪、犯人像が
印象的であったように思うが、本作品はあまりにリアルでぞくりと怖い。
近年急増する、外国人による犯罪。それを骨子に事件は展開するのだが、
現代日本の警察機構が、どれほどこの外国人犯罪に手を焼いているかが、
とても良く分かる。何しろ「いるはずの無い人間」の犯罪なのだ。
密入国で日本に入り、散々犯行を繰り返してさっと本国に帰ってしまう。
単純に考えても、そこにいないはずの人間を捕まえる事はあまりに難しい。
さらには言葉の壁もあり、聞き込みや情報収集も困難を極める。
そして相手も必死だ。本国では死刑にさえなるクスリ関係の犯罪でも、
日本での刑はあまりに軽い。だけに彼らは「本気」で犯行を繰り返し、
その規模は爆発的に増えて行っているのだ。日本の危機が、ここにもある。

その外国人犯罪を抑える為に警察機構が苦肉の策として考え出したのが、
「暴力団との結託」であった。癒着、ではなく結託。外国人犯罪者が盗品を
売りさばく泥棒マーケットの存在を暗黙の了解とし、
軽微な盗品は見逃す代わりに、外国人犯罪者の摘発に協力せよ、という物。
必要悪、として暴力団の違法行為を、警察が是認してしまうのか。
そこに新宿鮫、鮫島が牙を剥く。警察が、法を曲げることはあいならない。
暴力団に、後々でも弱みとなるような事をしてはならないのだと。

外国人犯罪撲滅の為に、警察機構のタブーを犯そうとする鮫島の天敵香田。
またシリーズでは何度と無く鮫島の前に立ちはだかった仙田も登場、
その衝撃の素性が明かされ、また鮫島の命を脅かす。

やるか、やられるか。
緊張した登場人物のギリギリのせめぎ合いに、息を飲む。しかし次の瞬間、
これは日本という国家のせめぎ合いでもあるのだと気がつき、
心底怖くなる。一体正義は正しいのか。いや正しいのが正義ならば、
一体何が正義なのか。法にそぐわなくても、それは正義と言えるのか。
現代日本の大きな闇にスポットを当てた、衝撃作、である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/07 02:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/22 03:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/10 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/14 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/22 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/01 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/03 06:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/12 06:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/16 13:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/19 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/28 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/15 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/23 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/18 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。