サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. チェーザレ 破壊の創造者 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チェーザレ 破壊の創造者 1(モーニングKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 123件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/10/23
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: モーニングKC
  • サイズ:19cm/226p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-372201-7
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

チェーザレ 破壊の創造者 1 (モーニングKCDX)

著者 惣領 冬実 (著),原 基晶 (監修)

チェーザレ 破壊の創造者 1 (モーニングKCDX)

812(税込)

【期間限定 無料】チェーザレ 破壊の創造者(1)

0 (税込)

【期間限定 無料】チェーザレ 破壊の創造者(1)

ポイント :0pt / 紙の本より812おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店新宿店

紙の本
セット商品

チェーザレ 破壊の創造者 (モーニングKCDX) 11巻セット

  • 税込価格:8,93482pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー123件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

悪名高いチェーザレ・ボルジアが魅力的に描かれている

2015/08/16 02:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらきら - この投稿者のレビュー一覧を見る

後の法王アレッサンドロ六世の息子、チェーザレ・ボルジアが主人公のマンガ。

母は娼婦、もともと結婚も所帯を持つことも許されないはずの法王の庶子として生まれたチェーザレ。
父親のアレッサンドロ六世は、自分の財力を武器にやりたい放題したため、イタリアを始め、キリスト教会の世界では全くもって評判が悪い。

一巻では、まだピサで勉強をしているチェーザレとその親友ミケロット、そして、ジョヴァンニ・デ・メディチが登場する。

話を膨らませるためか、普通、歴史に名が出てこない(架空の)人物、アンジェロが出てくる。
チェーザレに恐れを抱く一方で、その人間性に惹かれていくアンジェロ。

話は面白いし、登場人物も魅力的だし、みんなめちゃくちゃ格好いい。
このチェーザレやミケロットに惚れない女性は少ないんじゃないかと思うけれど、実在の人物像にこのマンガの描写がどこまで忠実なのかは、ちょっと疑問。

顔にしても、実際に現在残されているチェーザレの肖像画はお世辞にもあまりカッコイイとはいえない。

これをきっかけに、この時代のイタリアやルネサンス、カトリック教会のごたごた内部に興味を持つようになる人もいるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1490年代のイタリアの世界観を堪能できる

2016/01/31 21:20

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

装丁もシンプルで好き。この本書のおかげで、1490年代頃のイタリアだけ詳しくなった。この本から興味が派生して、塩野七生著の「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」やニッコロ・マキャヴェッリ著の「君主論」を読んだり、色んなきっかけを与えてくれた漫画です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私の母は娼婦―― そして父は怪物だ

2007/08/12 00:15

18人中、18人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kou - この投稿者のレビュー一覧を見る

惣領冬実さんの描くチェーザレ・ボルジアと聞いて、これは読まなきゃ!と思っていました。

チェーザレ・ボルジアと言えば、ルネッサンス期に小国に分裂していたイタリア半島を統一しようとし、志半ばにして斃れた青年。婚姻を許されない法王の息子、自身の野心のため妹ルクレツィアに度々の政略結婚を強いた冷徹さ、反面そのルクレツィアと近親相姦関係にあったという噂や、彼に影のようにつき従ったという暗殺者ドン・ミケロットの存在、政敵を次々に暗殺したというボルジア家の毒薬カンタレラ、レオナルド・ダ・ヴィンチとの親交、反抗を許さない冷酷さと、『君主論』の著者マキャベリに「かつてある人物の中に、神がイタリアの贖罪を命じた一筋の光が射したように見えた。だが残念ながら、彼は活動の絶頂で運命から見放されてしまった」と言わしめる魅力を兼ね備えた人物……などなど、様々な噂と謎に包まれた魅力的な人物です。

作者の惣領冬実さんは外国の文献などもかなり綿密にあたり、彼がどう育ち、何を思い、何を目指した人間なのかというところまで、できる限り忠実なチェーザレ伝を作ろうとしているように伝わってきます。
その分惣領冬実さんの代表作とも言える『3 THRREE』や『MARS』などのようなドラマチックさにやや欠ける面もありますし(まあこれらは少女漫画なので)、そこがちょっと物足りない気もしますが、そこが却ってクールに仕上がっていて引き込まれます。
うまいのはアンジェロという青年を置いたこと。メディチ家の恩恵でピサの大学に入学しながら、チェーザレの魅力に惹かれていく、世間知らずながらも天才肌の彼を視点に持ってきたことで、お話がかなり親しみやすくなってきています。

それにこの時代は、ルネッサンスだけあって他にも魅力的な人物が沢山いるのですよ。
まだ話としてしか出てこない(出てくるかどうかも不明ながら)メディチ家のロレンツォ・イル・マニフィコ、ミケランジェロ、ラファエロ、サヴォナローラ、マキャベリ、カテリーナ・スフォルツァ…
今後歴史上の重要人物たちが、どのような描かれ方で登場するのか。それを考えるのも楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/23 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/28 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/08 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/24 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/02 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/10 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/28 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/27 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/02 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/26 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/02 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/20 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む