サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:28cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-110888-7
絵本

紙の本

おとうさんの庭 (大型絵本)

著者 ポール・フライシュマン (文),バグラム・イバトゥリーン (絵),藤本 朝巳 (訳)

動物好きの農夫と3人のむすこは、いつも歌をうたいながら仕事に精を出していました。ところが、何週間も日照りがつづき、たいせつな家畜も畑も失ってしまいます。歌を忘れた父子の心...

もっと見る

おとうさんの庭 (大型絵本)

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

動物好きの農夫と3人のむすこは、いつも歌をうたいながら仕事に精を出していました。ところが、何週間も日照りがつづき、たいせつな家畜も畑も失ってしまいます。歌を忘れた父子の心にふたたび希望をもたらしたのは、庭の生け垣。のびてくる枝を見えたとおりの形に刈り込むことでした。深い緑色とさりげない装飾が美しい大型絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】

昔あるところに、1人の農夫と3人の息子が住んでいました。ある春のこと、農夫は畑に種をまきましたが、ちっとも雨が降りません…。家畜も畑も失った農夫たちが庭の生け垣を刈り込むことで希望を見出していく、心温まる物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ポール・フライシュマン

略歴
〈ポール・フライシュマン〉1952年カリフォルニア州生まれ。ニューベリー賞、スコット・オデール賞を受賞。
〈バグラム・イバトゥリーン〉ロシア生まれ。絵画・グラフィック・アート、壁画や布のデザインなど幅広く手がける。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人生の厳しさとぬくもりと

2024/06/03 22:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:fuku - この投稿者のレビュー一覧を見る

自然の厳しさ、動植物とのふれあい、仕事、巣立ち、親子愛など、多要素が込められていて、深みのある良質な絵本です。
また、時が流れれれば、状況が変わる、苦境は続かない、そんなメッセージも個人的には読み取れました。
とても素敵なお話と繊細な絵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大切なことはトピアリー(生垣)が教えてくれた

2016/11/27 13:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

三人の息子が心身共に大きく成長している素敵なラストに涙ぐんでしまいました。
アメリカ開拓時代の一人の農夫と三人の息子たちの物語(映画化するなら主演はクリント・イーストウッドで)。

厳しい生活、望まない仕事。
そんな中でも、心豊かに過ごせる「何か」をみつけること。
受けた恩を返すこと。
大切なことはトピアリー(生垣)が教えてくれました。

生き生きと茂る生垣の緑が印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しい仕事は天気次第

2007/06/09 21:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ISH - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は開拓時代のアメリカ、だそうで。
おとうさんマジック!でも「なんだか不思議なお告げ」みたいなものは「実際の所本当にやりたかったことを自分で理解しただけ」だったり。おとうさんがくれたのはささやかなきっかけだけ。
おとうさん畜産業、かな。仕事中「これする時はこの歌〜あれする時はあの歌〜ルンルンランラン♪」ものすごく楽しい仕事だったようです。
仕事が生きがい…今それ「いいですねー」と相手に言ったら激怒されることあるけどなんでかな。
「無自覚だけどやっかみ攻撃」する奴いて勘のいい人は気づいて具合が悪くなるみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/30 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/11 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/26 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/02 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/21 09:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/02/26 05:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/03 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。