サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ハルキ・ムラカミと言葉の音楽

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハルキ・ムラカミと言葉の音楽
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/463p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-505371-X
  • 国内送料無料

紙の本

ハルキ・ムラカミと言葉の音楽

著者 ジェイ・ルービン (著),畔柳 和代 (訳)

「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」などの翻訳者として名高い著者による村上春樹論。英語オリジナル版に、「アフターダーク」「東京奇譚集」論を新たに加えた決定版。【「T...

もっと見る

ハルキ・ムラカミと言葉の音楽

3,240(税込)

ポイント :30pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」などの翻訳者として名高い著者による村上春樹論。英語オリジナル版に、「アフターダーク」「東京奇譚集」論を新たに加えた決定版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジェイ・ルービン

略歴
〈ジェイ・ルービン〉1941年ワシントンD.C.生まれ。ハーヴァード大学日本文学教授を退職。村上春樹、夏目漱石作品の英訳などで知られる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

村上ファン必読の村上春樹論!

2007/02/14 00:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

「・・言葉の音楽」というタイトルを見たときには、村上作品中に出てくる音楽にだけ焦点を当てた一面的な評論なのだと思っていた。ところが、読んでみて驚いた。一面的どころか、総合的で本格的な村上春樹論だったのだ。

本書でジェイ・ルービンは、村上春樹の生い立ちから書き起こし、デビュー作である『風の歌を聴け』の解説以降、ほぼ作品の発表順に解説していっている。中には相当の村上ファンでも知りえなかったようなトリビアルな情報も含まれている(私は、村上春樹の奥さんの旧姓や奥さんのお父さんの職業をこの本を読むまで知らなかった)。巻末の膨大な「注」の中には「私信」と記されているものもあり、ジェイ・ルービンと村上春樹の親交あってこその情報も多い。

今や村上春樹が全世界で読まれていることは、わざわざ私が書かずとも広く知られている。しかし、村上春樹の作品は、日本人こそが一番深く理解できると私は思っていた。2006年3月に東京大学で行われた「春樹をめぐる冒険— A Wild Haruki Chase」と題された村上春樹シンポジウムに、私は幸運にも参加する機会を得た。そのシンポジウムでは、各国の村上春樹の翻訳者(ジェイ・ルービンも含む)が村上春樹の魅力について熱く語ってくれた。そのシンポジウムを経てもなお、私は日本人の読みが一番深いと思っていた。そんな私に冷や水を浴びせるような文章が本書には載っている。実際にはジェイ・ルービンが書いた文章ではなく、ホームページ上での質問に回答する村上春樹の文章なのであるが。ちょっと長いが引用する。

「僕はアメリカ人の学生たちと日本文学についてずいぶんディスカスしました。たしかに中にはとんでもねえことを抜かす奴もいます。でも中にはものすごく鋭く、新鮮な、本質を突いた意見を聞かせてくれる人もいます。日本人の中には「微妙なニュアンス、独特の言い回し」はある程度分かるけど、文学というものがぜんぜんわかっていないんじゃないかという人たちはたくさんいます。
文学というのは85パーセントまで、心持ちと志の世界なのです。それは人種や言語やジェンダーの差異を超えたものです。それらは基本的に相互交換的なものです。「アメリカ人なんかに日本文学の良さがわかるもんか」というのは、コンプレックスの裏返しであるような気がします。日本文学はもっともっと広く、外界からの検証を受けるべきであると僕は信じています。」

ジェイ・ルービン同様村上ファンである私は今までに何冊もいわゆる「村上本」を読んできた。中には村上作品中に出てくる料理を取り上げたレシピ本なんてものもあったし、ゲームの攻略本のように村上作品を解き明かそうとしている本もあった。本書はそれらとは完全に一線を画している。『風の歌を聴け』から『東京奇譚集』まで、トータルに村上作品を論じ、しかも読んでいて最高に面白い。現在ある村上春樹の評論の中でも最も優れたものの一つであることは間違いないだろう。

日本人こそが一番深く村上作品を理解できるという私の持論をジェイ・ルービンは鮮やかに覆してくれた。日本人以外にこんなにも深く村上作品を読み込んでいる人がいるということは驚きでもあり喜びでもあった。冒頭でジェイ・ルービンはこう書いている。

「私の主たる目的は、私が村上の長篇や短篇を読み、翻訳し、作品が書かれた経緯を知るなかで味わった興奮をみなさんと分かちあうことだ。もしも私が楽しみすぎているように見えたら、どうぞご寛恕を。」

こちらこそ楽しませてもらったとジェイ・ルービンにはお礼を言いたい。

k@tu hatena blog

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本格的村上春樹論

2007/09/10 23:46

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:石曽根康一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ノルウェイの森』や『ねじまき鳥クロニクル』の英訳者の村上春樹論である。全体的に、ていねいに作られている感じがする。
著者は、大学の教授としてのキャリアもあってか、この本には、注釈もついていて、かゆいところに手が届くような感じになっている。
本の内容としては、村上春樹のデビュー作から、『アフターダーク』まで、まんべんなく触れられている(と思う)。
村上春樹からの私信や彼のアメリカでの講演なども織り交ぜてあるので、彼の肉声を聞いている感じがして、彼の作品の魅力にひきつけられた読者としては、興味深いと思う。
ところどころで、作品に対して、疑問のようなものを提示している点についても(たとえば、『海辺のカフカ』について)、個人的に同意できて、共感できた。また、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を高く評価している点も個人的に同意できた。
「付録」として、村上春樹作品とその翻訳についても書かれている。これも興味深かった。彼の作品が本当にグローバルに読まれていること、そして、翻訳する上で、議論となる点があることが理解できた。その上で、著者は、自分の態度をはっきりしていて、好感がもてる。
とにかく、村上春樹に興味のある人なら読んで損はないと思う。ただ、ちょっと気になる点は、値段が高いところか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/09 05:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/23 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/12 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/20 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む