サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 恋空 切ナイ恋物語 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恋空 切ナイ恋物語 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 298件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: スターツ出版
  • サイズ:20cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88381-045-3
  • 国内送料無料

紙の本

恋空 切ナイ恋物語 上

著者 美嘉 (著)

恋は思い通りにいかないもの。だけど、だから、追いかけてしまう…。こんなにも切なくて、こんなにも苦しいのに、なぜか温かい。ケータイ小説サイトでダントツ1位の恋愛物語を単行本...

もっと見る

恋空 切ナイ恋物語 上

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恋は思い通りにいかないもの。だけど、だから、追いかけてしまう…。こんなにも切なくて、こんなにも苦しいのに、なぜか温かい。ケータイ小説サイトでダントツ1位の恋愛物語を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー298件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

これは確かにひきまれる

2008/07/31 21:56

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう「ケータイ小説」は終わったのだという見解が、ちらほら公言されだしているけれど、ことの当否はともかくとして、『恋空』がすぐれた小説としての魅力をもっていることは、それが「ケータイ小説」であるか否かに関わらず、改めて確認しておいていいだろう。

もちろん、多くの識者(大人!)がいうように、「ケータイ小説」は何かしらかつての「文学」とは違い、否定的に語られる要素をもってはいる。そもそも、「文学」とは?ということもツッコんでおくべきところなのだろうけれど、それは今はおくならば、まず『恋空』のストーリーは、それ自体が使い古されたものの反復・組み合わせから成っている。表面的な風俗を取り除くなら、こうしたタイプの、ヒロインが不幸の果てに恋愛における幸福をつかむストーリーは、明治の30年代からある。

ただし、そのことは『恋空』の否定的な面では、必ずしもない。むしろ、ありふれたストーリーとその反復・組み合わせを通じて、こんなにも多くの読者の支持を、現代において受けた、その物質的な基盤となった小説表現のことを、謙虚に考える必要があるだろう。それを、「リアル」と読んだ評者もいて、要するに現実の恋や不幸な出来事を身近なこととして甘受できない中学生読者(層)が、『恋空』などに描かれた出来事を、想像という回路を経て「リアル」と甘受したのだという。実に優れた分析である。それに加えて、『恋空』は、読み出した読者を離さない世界観を確かにもっていて、それは、ここに描かれたストーリーの荒唐無稽さを、実生活上の体験から知っている大人にもなお、働きかけるもののように思われる。

どういうことか。一口に言って、ナナメ読みができないのである。そればかりか、暗いことの次々起こり、恋の惚れたはれたの続く、その作中の主人公・美嘉のみているそれのように、この小説の作中世界が感じられ、いつしかその世界観が読者にしっかりと根を下ろしていくのだ。だから、仮にストーリーが荒唐無稽だとしても、それを荒唐無稽だとみなすような視野は確保できずに、あたかも美嘉のそばにいるかのように、恋に一喜一憂し、不幸にさいなまされていくような、そんな読書体験が展開されていくのだ。そこにこそ、『恋空』の、小説表現としての特徴と達成があるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

発展途上

2008/08/27 22:16

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋空 上・下 美嘉 スターツ出版

 恋空=あこがれ、だろうか。2007年に爆発的にヒットしたという携帯小説なるものを読んでみたかった。上巻の前半部は、若い女性の淋しさや悲しみが伝わってきます。だから男性と瞬間的に体の関係になる。32ページ、キミがあこがれている恋空とはこれなのかと失望する。以前似た内容の本を読んだことがあります。たしか「あおぞら」だったような気がします。同じ「空」です。
 この本の作者は、実は男性ではないでしょうか。あるいは、女性が書いたものに男性が手を加えている。男女が、いちゃいちゃしている記述は、読みながら、好きにしてくれ! と思いました。まあ、めちゃくちゃです。16歳の美嘉に16歳のヒロのこどもができて、いったいどこに住んでどこで働こうというのか。
 165ページあたりから薄気味悪くなってきました。これは人形たちの物語です。暗い部屋の中においてある人形たちが言葉を発している。女子高生の頭の中には、女と男のからみあいのことしかないのだろうか。上巻ラストシーンでは、ずいぶん前のテレビドラマ「東京ラブストーリー」が思い浮かびました。輪廻(りんね)です。続けて下巻を読み始めます。
 下巻を読み終えました。過去の小説・映画・ドラマのおいしいシーンをくっつけてできあがった物語だったということが最後の感想です。
 ヒロ、アヤ、イズミ、ヤマト、シンタロウ、カタカナ表記の名前が血の通っていない人形を想像させる。作者が両手に人形を持って、お人形さんごっこをしている。それを文章に置き換えているような話の作り方です。プレゼントのシーンがやたらと多い。この本は、高校卒業シーンまでで終わっておけばよかった。
 「恋空」はやっぱり、こういう男性に出会いたいという憧憬(あこがれ)だと思う。ミカちゃんにとって都合のよい恋愛です。彼女はお姫さまのようです。自分の言うことをハイハイと聞いてくれる男性がいい。それが自分を受け入れてくれる人ということ。目の前にあるものは「困難」というよりも、自分が勝手なことをした結果で発生させてしまった「支障」です。女性としても大人としても未完成、発展途上と思えば納得できる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

賛否両論

2009/08/19 09:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:館林 - この投稿者のレビュー一覧を見る

くらい話になりがちなのに、
そういうことを感じさせず、とても感動しました。
小さな子供には不適切な内容があることは否めませんけど・・・
説明はできないので、一度読まれることをすすめます。
でも、かなりの悪評もあるのはびっくりです。
すごく好き嫌いが分かれる小説なのかも知れませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/06 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/23 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/06 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/24 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/03 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/29 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/03 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/18 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/05 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/19 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/03 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/28 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む