サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 削除ボーイズ0326

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

削除ボーイズ0326
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 82件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:20cm/342p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-591-09472-3
  • 国内送料無料

紙の本

削除ボーイズ0326

著者 方波見 大志 (著)

主人公、直都が手に入れたのは、出来事を「削除」できる装置だった。削除したいのは深爪の傷、息苦しい現実、それとも忘れられない過ち?生命力に満ちた人物造形と疾走感あふれる筆致...

もっと見る

削除ボーイズ0326

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

主人公、直都が手に入れたのは、出来事を「削除」できる装置だった。削除したいのは深爪の傷、息苦しい現実、それとも忘れられない過ち?生命力に満ちた人物造形と疾走感あふれる筆致が織りなす、まったく新しいリアル・エンターテインメント。第1回ポプラ社小説大賞受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ポプラ社小説大賞(第1回)】直都が手に入れたのは、出来事を「削除」できる装置だった。削除したいのは深爪の傷、息苦しい現実、それとも忘れられない過ち? 生命力に満ちた人物造形と疾走感あふれる筆致が織りなすリアル・エンターテインメント。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

方波見 大志

略歴
〈方波見大志〉1980年生まれ。「削除ボーイズ0326」で第1回ポプラ社小説大賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー82件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

もしも過去を消すことができたら

2006/11/02 20:03

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1回(2006年)ポプラ社小説大賞受賞作。
小学6年のナオはフリーマーケットで見知らぬおじさんから奇妙な装置を貰います。一見デジカメのようでいて、ファインダーの枠に収まった人の過去を、その人本人が「DELETE」キーを押したとき、3分26秒消せるというもの。
当然、ナオは夢中でさまざまな実験や、さまざまな場面で使い続けます。
車椅子になってしまったハル、引きこもりをしている兄、女子グループに交わろうとしない転校生浮石や、多動症のコタケ、不自由な体になったハルの代わりにリーダーになろうとする種村など、クラスの力関係や、複雑な家庭事情、女の子にモテルかどうかが重要なポイントになる少年たちを生き生きと描きます。
もしも過去が消えるとしたら——。そんな誰もが一度は願うことの裏に隠された意味まで、読ませる上質のSFエンターテイメント。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白いエンタメを書こうという強烈な勢いを感じる

2007/07/29 18:43

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

賞金が、2000万円だとかその高額が話題となっていて、どんなものかと読んでみました。
 一応、話題の一冊だと思います。

主人公、直都は、小学6年生、兄貴は、引きこもりのこうもり(そう直都が呼んでいる)で、親友だったハルは車椅子の生活に。
 なんとなく息苦しい生活をおくっていますが
ある日、過去の出来事を削除できる、デジカメ風の機械を手に入れます。
 それで、直都たちが、この機械で、、、。

というプロットというか、企画です。
 こんな前情報で読んでみたのですが、読んでみると
タイムマシーン物(正確には、削除できるだけで、しかも、曖昧な記憶は残る)
というより全体としては、小学生を主人公にした青春物といった感じです。
 あんまり上手く行っていない家庭環境に、
親友が障害者になってしまった事実。
それと、「野ブタ。をプロデュース」風の女の子のイメチェン計画や、
淡い恋愛も。で、近所でのシリアスな事件など、、、。
ちょっと詰め込みすぎの感もあり、
あんまりこの削除装置がメインって感じでは、なかったです。

 SF書評家の御大、大森望御大は、タイムパラドックスを扱うと、その作家の知性がわかるって言っていましたが、この作品はどうでしょうね、、。
 色々、論理的、破綻を指摘している書評もちらほら見受けれますが、
私は、あんまりそういう細部に突っ込んでSFは読まないほうなので、
これに関しては、あんまり気にならなかったです。
 
 ただ、感覚としては、どうして主人公を小学生に設定したのかなぁ
というのは、ずーっと持ちました。
もうちょっと上の感じで。
 そうすれば、最後の事件解決も小学生にとっては、ちょっと無理っぽいのも
どうにかなるかなぁと。
 児童書に強い、ポプラ社ということで、小学生にしたのでしょうか、
大人向けの作品開拓の意味での創設した文学賞なのに少し皮肉な気もします。

 全体として、構成が強引な感じもしますが、
エンタメ小説を面白くしようとする、
作家の勢いみたいなものは、強烈に感じた一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人気者の勢いがなくなり失墜すると、途端に勢力図が塗り変わってしまう残酷さなんかも頷ける。

2007/03/10 16:56

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1回ポプラ社小説大賞受賞。
まだ第1回目なので、どういう作品が受賞するのか、ポプラが何を求めているのか、作品の傾向がよくわからないのですが、確かにエンターテイメント性は高かったと思います。
どうやら著者は別の大きな賞でも以前最終選考に残った実力の持ち主でありますので、物語運びは実に絶妙。
主人公直都が苦手なクラスの女子を助け、手に入れることになったデジカメに似たKMDという装置。これが素晴らしい機能をもった装置で、3分26秒を消すことができることが判明。
直都はその装置を使って、いろいろとマズイことややり直したい事を削除しはじめる。
このデジカメの存在は一体なんだったのか、そしてそれを手渡した人の目的は、という突き詰めたところまで描かれていなかったのが残念でしたが、人間同士のつながりがとてもよく表現されていたと思う。
小学生でもいろいろ悩むことがあり、派閥や人気とりなんかも大変。まるで政治家のような組織図。
人気者の勢いがなくなり失墜すると、途端に勢力図が塗り変わってしまう残酷さなんかも頷ける。たぶん読んだ人の多くは、わかるわかる、と昔を思い起こす部分があるのではないでしょうか。
賞金額もかなり高いポプラ社の賞ですので、今後才能を見出され、世に作品を送り出す作家さんの登場が楽しみです★

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/29 02:24

投稿元:ブクログ

まあ確かに、ありがちな話ではあるのかもしれないけど。

ストーリーにもっと奥行きが欲しかったかな。
面白いんだけど、いまいち上辺だけな印象。

ラストは消化不良。もっとビシッと決めたいところ。

2006/10/25 04:44

投稿元:ブクログ

流石に2000万円も懸かった文学賞の受賞作、と言ったところでしょうか。文章全体に、ライトノベルのような、人を選ぶ「軽さ」が存在しているため、多少人を選ぶ気がしないでもないですが、それを超えれば、疾走感と(少年少女の)パワー溢れる文章に、元気が出ます。とにかく、小学生にしては、あまりにマセ過ぎじゃ?と思うような、登場人物たちの愉快なやり取りと、時間物特有のドキドキ感、そして切なさは素晴らしいです。
っていうか、最後の「うれし汗」あれは、覚えてるってことなのか!?

2008/08/14 21:33

投稿元:ブクログ

ハルの足はどうなってしまうのか?浮石とはどうなってしまうのか?兄ちゃんは…?とか、ほんとに色々気になるけれど、ひとまずあの終わり方は好きだ。

2008/01/22 16:27

投稿元:ブクログ

おもしろかったです!
時間を消せるっていうストーリーはよくあるっちゃよくあるけど、このはなしはそのときの記憶が消えないんだな。
時間を戻すっていうのは、嫌なことを消せるかもしれない。
けど、それと同時にそれにかかわる良い事も消えてしまうかもしれないんです。
うーん、おもしろかったけど?ってとこもあったかな。
主人公のお兄ちゃんが中2ということに途中で気付いて驚き。
そして主人公達が小学生。
主人公が中学生で、お兄ちゃんが高校生くらいでいいんじゃない?
小学生達には見えないな。
これが始めての本みたいなので、他の本も読んでみたいです:)

2006/12/30 15:32

投稿元:ブクログ

誰も持っていないアイテムで・・・ってアイデアは中学生的。〜小学校6年の夏,僕と車椅子に乗ったハルとで目立たない転校生を助けたことがきっかけだった。フリーマーケットでデジカメに似た器械をもらったが,それは時刻をセットして削除ボタンを押すと,その間の行動をなかったことにしてくれるアイテムだった。そもそも4歳上の兄が引き籠もりになり,ハルの脚が動かなくなったのは,小学校から子供を攫って番号を書くという愉快犯を捕まえようと云う兄の計画が発端だった。転校生の姉が訪ねてきて暫く後,兄は家の屋根から飛んで自殺した。これをなかったことにするためにはどうしたらいいか。兄の日記を読んで色々試すと,記憶が二重三重になってくる。やがて探偵役だった兄は加害者になり,その共犯者を追いつめていく。ハルは怪我をしなかったし,クラスで横暴な王様になっていく。そもそも,あのフリーマーケットに転校生がいなければよかったんだという結論に達する。〜過去を弄ると今が複雑に変化する・・・というのがタイムマシン物のジレンマというか,矛盾というか・・・ですね。中三時代という雑誌があるかどうか判らないけど,連載5ヵ月で完結って感じです。これが栄えある第1回ポプラ小説大賞ですが,,まぁ仕方ないか,子供向けだから。運命は変えることが出来るが,それが良い結果になるか,悪い結果になるかはわからないという教訓で賞金2000万円。応募時のタイトル『3分26秒の削除ボーイズ−ぼくと春とこうもりと−』。

2006/11/16 00:42

投稿元:ブクログ

賞金2000万円ってすごいよね!
タイムパラドクスのこういう解釈と小説での生かし方があるんだなーとアイディアに素直にびっくり。どんなに過去を変えようと思ってもうまく行かないし、背負った罪は消えない。それは当然だけどやっぱりお兄さんが悲しかった、かわいそうだった。浮石が好き★★
結末をはっきり描かなくて正解。はっきりすると逆にだらだらしつこくなってしまう。
2006.11

2007/07/04 15:27

投稿元:ブクログ

一見デジカメな「削除装置」を手に入れた少年たちのお話。

撮られた人の人生の、ある3分26秒を削除できる装置。
それのおかげで過去を変えられたり、未来を変えてしまったり。

子供の頃に読みたかったかな。
でも、子供じゃ難しいかも。

2007/11/16 14:35

投稿元:ブクログ

コレがデビュー作(?)だったらしいが、
コレがなかなか・・・私的にはツボだったりします。

話しの流れが無理なくスムーズだったし、キャラ立ってたし、ちゃんとシビアだしで気に入った。

2006/12/07 07:39

投稿元:ブクログ

賞金2000万ゲット作品、ということで、借りて読んでみました。うーん、うーん、中学生時分だったら楽しめたかな・・・。
最後がもったいない感じがする。

2007/01/28 17:22

投稿元:ブクログ

第1回ポプラ社小説大賞の作品ということで、さっそく購入し読んでみた。王様のブランチであらすじをきいていただので、よくあるタイムトリップの小説だろうとおもっていた。読み終わって、それは完全に違っていた。自分の時間をKMDで削除できるが、最後の最後では、現実の大切さを知る。そんな、グッチ、ハル、コタケ、浮石の物語。よくできていると思う。これ以上書くとねたばれするから、やめておこう。ぜひ読んでもらいたい。ポプラ社さんiい作家を発掘していただきました。

2007/02/10 22:53

投稿元:ブクログ

第一回ポプラ社小説大賞受賞作。
3分26秒だけ出来事を削除できる装置を手に入れた小学生の物語。
自分がもしその装置を手に入れたら何に使うだろう?と、思わず考えたくなる。
とても読みやすくて単純に面白い作品でしたが、「あと一歩」感が否めないのがちょっと残念。全てをうまくまとめきれていないような感じは受けてしまう。
それでも、十分楽しめるの作品です。

2011/09/18 14:48

投稿元:ブクログ

<特に引用なし>

例のポプラ社大賞第1回の受賞作!
KAGEROUよりも断然、私好みで面白かったーーー!!!

とにかくとても長くて、最後まで行き着くかしらとは思ったのだけれど、、
読み始めたら、いったいどうなるんだろう?どうなるんだろう???
と先が気になって気になって仕方がなかったのでした。

物語の主題は次々と移り変わるようにも思えてはいるのだけれど、
一体これから先どんな未来が待っているのか、
私は気になるなぁ。。。。
それでも、明るい方向へ行ってくれたらいいなと思う。

にしても、削除カメラ、とはすごいアイディアだ!
すごい、力の入った物語でしたー。
面白かったー★

【7/16読了・初読・市立図書館】

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む