サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パパとムスメの7日間
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 62件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:20cm/368p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-250234-7

紙の本

パパとムスメの7日間

著者 五十嵐 貴久 (著)

イマドキの女子高生・小梅16歳と、冴えないサラリーマンのパパ47歳。ある日突然、「大キライなパパ」と「最愛の娘」の人格が入れ替わってしまったら?ドキドキの青春あり、ハラハ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イマドキの女子高生・小梅16歳と、冴えないサラリーマンのパパ47歳。ある日突然、「大キライなパパ」と「最愛の娘」の人格が入れ替わってしまったら?ドキドキの青春あり、ハラハラのサラリーマン人生あり。ハートウォーミングな家族愛を描いた笑いと涙のノンストップ・エンターテインメント長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

イマドキの女子高生・小梅16歳と、冴えないサラリーマンのパパ47歳。大地震をきっかけに、2人の人格が入れ替わってしまった! ハートウォーミングな家族愛を描いた、笑いと涙のノンストップ・エンターテインメント長編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

五十嵐 貴久

略歴
〈五十嵐貴久〉1961年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒業。出版社に入社。02年「リカ」でホラーサスペンス大賞を受賞しデビュー。著書に「1985年の奇跡」「Fake」「TVJ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー62件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

パパはいつまでたってもお前の味方だよ、っていう愛情が感じられて、とてもホコホコした気分になれる小説でした

2007/06/17 15:08

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマ化決定しましたね。放送を見るのがとっても楽しみ★
イマドキの女子高生・小梅16歳と、冴えないサラリーマンのパパ47歳。ある日突然、「大キライなパパ」と「最愛の娘」の人格が入れ替わってしまったら?っていうよくありがちな設定ではあるのですが、おもしろかったです。
思春期のムスメとパパに起こりがちな反抗期。パパの全てが嫌。親父臭が嫌。中年太りが嫌。一緒のお風呂が嫌。洗濯も別がいい。今回入れ替わってしまうパパとムスメも、そんな緊張関係にあります。
ムスメ小梅はパパが大嫌い。なのにハプニングでパパと小梅の魂が入れ替わってしまうのです。
小梅は大好きな先輩と初デート前。
パパは大事なプロジェクトの総仕上げ前。
ここはお互い一時休戦。ムスメがパパでパパがムスメなおかしな状況で2人はようやく会話らしい会話ができるようになりました。
パパはパパでムスメに迫りくる彼氏という名の魔の手からムスメを守ろうと必死。仲良しの友達とのハチャメチャな会話に四苦八苦。自分が今ムスメになっていることなど忘れて、同級生に説教まがいの苦言を呈すことも・・・。
ムスメはムスメでパパの変わりに会社でお仕事。だけど、おもっていた程仕事に意義が見出せず、やる気のない社員に囲まれているパパの状況に同情。そして、パパに迫りくる後輩女性の妙なアプローチに少なからずも嫌悪を抱く。
相手の立場になってみて初めて分かることがたくさん。
特にパパがムスメのことをどれだけ大事に思っているのか、ってことがひしひしと伝わってくるのです。なんかね、パパはいつまでたってもお前の味方だよ、っていう愛情が感じられて、とてもホコホコした気分になれる小説でした。この事件をキッカケに2人の距離もちょっとづつ縮まればいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

年頃の娘を持たないサラリーマンの方にも読んでもらいたい痛快ファンタジー。

2006/11/09 00:58

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘を持つ父親なら誰しも感じる娘の可愛さ。
その中にはもちろん、本作の父親が感じているように、成長して行くにつれてだんだん離れていく寂しさをも持ち合わせている。
本作の主人公はさえないサラリーマンの父親とイマドキの娘。
まさに絵に描いたような小説におけるシチュエーションである(笑)
さてどうなるかというと、タイトルどおり7日間だけふたりのあいだに変化が起るんですね。
そう、本作は47歳の父親と17歳の高校二年生の娘が地震により人格が入れ替わるという事態に巻き込まれる騒動を描いているのである。
ご存知のように作者の五十嵐氏はホラーから時代小説に至るまで幅広いジャンルの作品を書ける稀有な作家である。
1作ごとにいろんなタイプの作品を書き分け、ファンを唸らせている。
必ず次作はどんな作品なのか楽しみに待たれて本を手に取る作家のうちのひとりに数えられている読者の方も多いはずだ。
本作も期待を裏切らなかった。
少なくともハートウォーミング度においては氏の過去の作品に例を見ない。
ただ誤解してもらいたくないので敢えて書くが、ハートウォーミングとはいえ、もし、泣けるような親子愛を期待して読まれた方は肩透かしを喰らうであろう(笑)
どちらかというとコメディタッチなのだから。
そこは覚悟して読んでほしい。
私が作者の凄さを感じたのは、結果としてサラリーマンを奮起させるような話の展開。
もちろん、娘の姿をした父親が娘のボーイフレンドとデートするシーンも面白い。
だが、これはタイトルからして容易に想像できたことでもある(笑)
あるいは、秘書課のお姉さんのラスト付近の行動に驚愕するのも楽しみのひとつかもしれない。
しかし男性読者のひとりとしてもっとも印象的だったのは、娘の心を持った化粧品会社の副部長で新商品開発のプロジェクトに携わっているお父さんの御前会議での行動。
お父さんの良いところと現実をわかってはいるのであるが、若気のいたりというか啖呵を切ってしまう小梅。
このあたりの設定(高校生がターゲットとなる新商品の開発に携わっている点)と展開の自然さが読者の胸に突き刺さるのである。
痛快さを感じて読まれた読者も多いことだろう。
決して“親の心子知らず”というわけではないのだ。
痛快さとともに、自分自身の現実をも考えずにいられないのである。
私なんかほくそえむほど余裕もない(汗)
このあたり作者のアイデアの素晴らしさに拍手を贈りたい。
あなたは小さく固まっていないか?
少なくとも私自身は本を閉じた時に自問した次第である。
その結果、明日からは少しは夢を持って生きれそうな勇気を与えてくれたような気がするのである。
小梅ちゃんに感謝したい(笑)
総括すると、作品全体としては、ファンタジーでありながらリアルな話を盛り込んでいる斬新な点を高く評価したい。
結果として親子愛を描いた作品としてだけではなく、サラリーマンの指南書としても読める作品に仕上がっている。
五十嵐氏の細部にわたる人間観察の鋭さが本作をもたらせたのである。
やはり、しばらく五十嵐貴久から目が離せそうにない。
活字中毒日記

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

親子で読んで楽しめそうな一冊です。最近ムスメさんが会話をしてくれないという世の中のお父さん、この本をムスメさんに読ませてみては如何でしょう。

2006/10/18 16:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまどきのごくごく普通の女子高生・小梅。
小梅の願いはケンタ先輩との両想い。
もしかしてケンタ先輩も私のこと・・・・?初デートまであと少し。
冴えないごく普通の中年サラリーマンのパパ。
会社では円満を目標に平和主義で生きている。最近の悩みはムスメの小梅と会話がないこと、父親ってそんなにうざいもの?
そんな二人大地震後に目を覚ましたら人格が入れ替わっていた。
ムスメがパパで、パパがムスメ。
17歳のサラリーマンと47歳の女子高生。果たして二人は無事に危機を乗り越えれるのか?
あらすじだけ読むと突拍子もないような設定ですが、人格が入れ替わる本は結構出ているので「おぉ」と驚くような新鮮さは特にありません。
そして物語の展開も本のタイトルと各章のタイトルだけで読めてしまうので読む前からラストが分かった物語といわれてしまえばそうなのです。
私にとって読書とは「この先どうなっていくのだろう」というハラハラ感を味わうためのものなのでそういう意味ではラストが分かりきっているこの本は面白いけれどもページを捲る手が止まらないというまではいかないので評価としては★3つの普通になりました。
たとえラストが分かっていても面白いと思えるのは主人公の二人のポジティブさが魅力的だからです。
久々に口を開く二人なのに人格入れ替わりという危機状態ですから会話のキャッチボールと言うよりもドッジボールという感じ、まるで漫才を見ているかのように笑える会話ばかりなのです。
47歳のおっさん女子高生がムスメの部屋でドキドキしたり、初デートで思わず自分の過去を思い出したりと、このパパが何とも可愛らしいですし、念願叶って初めてのケンタ先輩とのデートのはずなのに肝心の中身がパパという小梅の焦り具合がこれまた可愛らしいのですよね。
この小梅の部分はコメディタッチで全て楽しく読めたのですが、やはり17歳の女子高生サラリーマンには無理が出ていたかなと。さすがにこんなに簡単にいく会社はないでしょうと思ってしまうので・・・。
しかし全体的にムスメよりもパパの気持ちが良く分かってしまうのは私が女子高生より中年サラリーマンに近いということでしょうか。
それにしてもこれだけ濃い二人なのにママの存在感があまりにもナイのも気になります。ママが物語に入ってきたらもっともっとドタバタコメディになって面白そうなのに。
ハラハラ・ドキドキ感はあまりないけれど、クスリと笑えて楽しい気持ちにさせてくれるので通勤のお供に丁度良い一冊です。
最近ムスメと会話をしてないパパに。最近パパと会話をしていないムスメさんに、一家揃って読むのもいいかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/08 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/13 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/17 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/07 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/15 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/26 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/02 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/06 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/12 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/28 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/19 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/01 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。