サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 健康・家庭医学の通販
  5. 牧野出版の通販
  6. 国家を騙した科学者 「ES細胞」論文捏造事件の真相の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国家を騙した科学者 「ES細胞」論文捏造事件の真相
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 牧野出版
  • サイズ:20cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89500-095-8

紙の本

国家を騙した科学者 「ES細胞」論文捏造事件の真相

著者 李 成柱 (著),裵 淵弘 (訳)

初の韓国・最高科学者の称号を受け、巨額の研究費を手にしていた黄禹錫。だが、難病治療が可能になるとした彼の論文は真っ赤な噓だった。なぜ人々は国を挙げて彼に熱狂し、騙されたの...

もっと見る

国家を騙した科学者 「ES細胞」論文捏造事件の真相

税込 2,530 23pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

初の韓国・最高科学者の称号を受け、巨額の研究費を手にしていた黄禹錫。だが、難病治療が可能になるとした彼の論文は真っ赤な噓だった。なぜ人々は国を挙げて彼に熱狂し、騙されたのか? 巨大詐欺事件の真相に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

李 成柱

略歴
〈李成柱〉元東亜日報記者。医学分野を担当した。韓国青年大賞、ペンテック科学論人賞などを受賞している。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

反証と確証のシステムが機能しない社会は、真の民主主義国家ではない

2007/01/21 12:40

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みち秋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

国内外で科学の信頼性を失墜させる論文捏造事件が止まる所を知らない。
2005年科学誌「サイエンス」に難病患者の再生医療への応用が期待されている患者適応型ES細胞の生成にソウル大黄禹錫教授が成功したとの論文が発表された。しかし昨年この論文は捏造であることが発覚して、日本でも大きく報道されたことはまだ記憶に新しい。
本書によるとこの事件は最初からES細胞の存在はなく、単なる詐欺事件であったにもかかわらず肥大化したのは、政府とマスコミの煽動により黄教授が偶像化され、国民が常軌を逸した行動に出た事件との事。
著者は今回の恥辱的な事件の背景にある政府、マスコミ、国民がなぜあれほど熱狂し、予期せぬ行動に出たかに着目して、さまざまな事象を捉えながら韓国社会と国民の本性を浮き彫りにする。愛国の全体主義も垣間見ることができ、現在の韓国社会と国民性を知る上で貴重な手掛りを得ることができる。
この事件を肥大化させた最大責任者はマスコミであり、民主主義を唱えているマスコミが誤謬を正すべきシステムを自ら放棄して、思いも寄らない方向に国民を扇動した責任は大きいと厳しく糾弾する。
今回起きた国民の特異な行動は典型的な集団ヒステリーでありその要因に資本主義の急激な発展による疎外感をあげている。
近代文化と儒教文化が融合している特殊な抑圧文化と疎外感とが相乗して特異な行動を起こさせたと分析する。卑近な例では盧武鉉政権が領土・教科書問題で反日感情を煽ることにより国民の抑圧された憤怒の感情、攻撃性を分散させていることは知られている。
翻ってわが国はどうか。昨年東大でがん細胞を消滅させる「SIRNA」に関する論文で捏造事件が発覚している。この事件で大学および研究機関の研究体制のお粗末さが露呈され、科学に対する不信感が強まっている。
今科学者は国威発揚、企業発展の下、市場原理が導入され研究費獲得のために、論文数の競い合いで、倫理規範を無視して不本意ながら論文を捏造してしまい、科学の信頼性を失くしかねない状況にあるようだ。一方政治では先の小泉政権下で演じられた「小泉劇場」でのマスコミの行動、大衆の狂気ぶりが酷似している事に危惧の念を抱く。
本書は「マスコミが扇動すれば、いつどこの国でも危機的状況が作り出される」事と、「その社会が真理だと確信している事象であっても、常に反証と確証の機会が与えられなくては真の民主主義ではない」 ということを私たちに示唆している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/14 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/12 03:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/20 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

家庭医学一般 ランキング

家庭医学一般のランキングをご紹介します家庭医学一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。