サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ナイチンゲールの沈黙

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ナイチンゲールの沈黙
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 421件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:20cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7966-5475-5
  • 国内送料無料

紙の本

ナイチンゲールの沈黙 (田口・白鳥シリーズ)

著者 海堂 尊 (著)

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌—網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小...

もっと見る

ナイチンゲールの沈黙 (田口・白鳥シリーズ)

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌—網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく…。【「BOOK」データベースの商品解説】

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口に依頼する。その渦中、患児の父親が殺され、思いもかけない展開を…。メディカル・エンターテインメント第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

海堂 尊

略歴
〈海堂尊〉1961年千葉県生まれ。「チーム・バチスタの栄光」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し作家デビュー。勤務医。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー421件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

個性的なキャラと事件の展開に翻弄されます

2006/10/09 16:48

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヌーヴ - この投稿者のレビュー一覧を見る

デビュー作の「チーム・バチスタの栄光」に続く医療ミリテリーです。前作よりも田口・白鳥コンビのからみは、多少少なくなった気もするが、相変わらず最高おもしろい。さらに個性的な登場人物たちの登場と、新たな神秘的な事件の展開にワクワクさせられ、どっぷりとはまってしまった。いやあ、おもしろかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろく、一気に読めた。でも

2006/10/27 16:46

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitsuon - この投稿者のレビュー一覧を見る

おもしろく、一気に読めた。でも
重要な役割をする歌声の神秘性についての説明が不足しているようで残念. ミステリー?ホラー?SF?...
『ロジックは事実にかしづくもの』という言葉に納得

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歌にのって届く絵画に涙する

2006/10/29 19:02

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

『チーム・バチスタの栄光』続編。
今回は小児病棟の看護師であり東城大学病院の歌姫浜田小夜、その担当入院患者でありレティノブラストーマ(網膜芽腫)の牧村瑞人、食道静脈瘤破裂で緊急入院した幻の歌手水落冴子のお話。
第1部は物語進行のための物語で、ダレ気味。筆も乗っていないし、なにより歌のシーンの情景描写が下手。やっぱり前作からあまり時間を取れなかったのかな。第1部のラストになってようやくミステリーが発生するし。
でも第2部で白鳥、その学生時代からの天敵で現在は警察庁から桜宮署に出向中の加納達也が登場してからは絶好調。白鳥の論戦相手を配置するなんてさすが。『バチスタ』での白鳥に満足せず、どんどん敵を作ったのには、作家魂を感じます。しかも負けない白鳥がいい。
さらに小児病棟の猫田師長(婦長じゃないのね、今は)が白鳥に負けぬキャラクター。ひとつの指図で病院中を自分の思い通りに動かす采配は、聖徳太子か諸葛孔明か。
もちろん田口の愚痴外来もミステリー解決に欠かせない装置として健在。それぞれのキャラクター個性を充分に描き、小夜の能力を存分に描ききっています。ラストのクリスマス・コンサートは涙涙。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/30 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/17 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/06 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/31 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/23 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/28 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/23 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/03 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/15 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/08 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/16 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/03 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る