サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 物語・おはなしの通販
  5. ポプラ社の通販
  6. 愛をみつけたうさぎ エドワード・テュレインの奇跡の旅の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛をみつけたうさぎ エドワード・テュレインの奇跡の旅
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:22cm/205p 図版10枚
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-591-09458-8

紙の本

愛をみつけたうさぎ エドワード・テュレインの奇跡の旅

著者 ケイト・ディカミロ (作),バグラム・イバトーリーン (絵),子安 亜弥 (訳)

「考えてごらんなさい。愛がないのに、どうやって“いつまでも幸せに”くらせますか?」持ち主の女の子に愛されていても、自分はだれも愛していない陶器のうさぎエドワード。でも、そ...

もっと見る

愛をみつけたうさぎ エドワード・テュレインの奇跡の旅

1,512(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「考えてごらんなさい。愛がないのに、どうやって“いつまでも幸せに”くらせますか?」持ち主の女の子に愛されていても、自分はだれも愛していない陶器のうさぎエドワード。でも、そのおばあさんの言葉は、ずっとエドワードの心にかかっていた。女の子とはぐれ、さまざまな人に出会い、別れる旅のなか、エドワードは遠く語りかける。—ぼくは愛することを学んだ。でも愛なんてつらいだけだった。助けてよ!『ねずみの騎士デスペローの物語』の著者ディカミロ、感動の最新作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ボストングローブ・ホーンブック賞(2006年度)】持ち主の女の子に愛されていても、自分は誰も愛していない陶器のうさぎエドワード。女の子とはぐれ、エドワードの果てしない心の旅が始まる…。「ねずみの騎士デスペローの物語」の著者がつづる、感動の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ケイト・ディカミロ

略歴
〈ケイト・ディカミロ〉フロリダ大学卒業。「ねずみの騎士デスペローの物語」で2004年ニューベリー賞受賞。他の作品に「虎よ、立ちあがれ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

孤独を知り、愛を見つけたうさぎの物語 子ども達だけでなく、大人のあなたへもお薦め!

2009/03/12 14:30

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まざあぐうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

 心は砕け、さらに砕け
 砕けちりながら生きのびる
 闇を、さらに深き闇を
 通り抜けねばならない
 ふりかえることなく

 本書の見開きに記されたスタンレー・クーニッツの「試金木」という詩だ。物語の副題である「エドワード・テュレインの奇跡の旅」を象徴するかのような詩である。

 主人公は、エドワード・デュレインという名の陶器のうさぎ。フランスの人形師の手による特注のうさぎで手や足、耳が、自由に動かせる仕組みになっていた。絹のスーツや小さな金の懐中時計も持っている。
人形の持ち主はアビリーンという名の女の子。七歳の誕生日に祖母からプレゼントされた人形だった。アビリーンもその家族も皆、エドワードを愛して、家族の一員のように大切にしていたが、エドワードは、窓ガラスに映る自分の姿に陶酔するばかりのプライドの高いうさぎだった。

 物語の冒頭で、祖母がアビリーンに「ペレグリーナと魔女の話」―愛されているのにだれも愛さない姫がイボイノシシに変えられる話―を語った後、「考えてごらんなさい。愛がないのに、どうやって“いつまでも幸せに”くらせますか?」という祖母の言葉が見開きの詩とともに物語の伏線となっている。

 ロンドン旅行に行く船旅の途上、いとこの男の子達から海に放り投げられ、アビリーンとの別れが突然に訪れたエドワードに苦難の旅が始まる。
スザンナと呼ばれ、老漁師夫婦のもとで可愛がられたり、渡りうさぎ・マローンとして渡り者ブルと放浪の旅を続けたり、貧しい兄妹のもとで病気の妹の人形として壊れるほど抱きしめられたり、エドワードは、その先々で出会った人たちのかけがえのない存在となっていった。
 エドワードが出会った人たちは、いずれも社会の片隅で貧しくひっそりと生きていた。プライドの高いうさぎが、その生き様に触れ、来し方を振り返り、自分がいかに恵まれていたかを知り、出会った人たちに心を開いていく。陶器の人形が心を開くとは、その人たちの哀しみや寂しさに耳を傾けること。
 出会いと別れをくり返し、愛することを知ったエドワードは、「ぼくは愛することを学んだ。でも愛なんてつらいだけだった。助けてよ!」と遠く語りかける。心が砕けちりながら生きのびたエドワードは、孤独を知り、愛することを知った。そして、深い闇を通り抜けなければならなかったのだ。

 人を愛するためには、まずプライドを捨て、心を開かなくてはならない。佐野洋子のロングセラー絵本「100万回生きたねこ」を彷彿させるかのようなChapter26に人生の意味―愛することと愛されること―が語られていて感動を呼ぶ。エドワードの心の旅は、少女アビリーンが大人になっていく心の旅とも重なるのかもしれない。あたたかい結末が訪れるChapter27に読者は深く心を癒されるだろう。各章に挿入されているバグラム・イバトーリーンの絵が印象派の絵を思わせるほどに美しく物語の感動を深くしている。
 ケイト・ディカミロは、人間の根源的孤独感を原点に人生の悲哀と人間の愛への深い洞察に満ちた児童向けの作品を生み出すことができる稀有な才能を持つ作家ではないだろうか。愛することと愛されることの本質を知り、深い孤独感が癒される物語として、子ども達だけでなく、大人へのあなたへもお薦めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/02 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/12 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/12 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/19 02:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/04 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/10 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/28 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/17 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/25 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/11 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/17 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/24 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/28 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/02 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。