サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

フィルムコート 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 91件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2006/10/17
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-114141-8
文庫

紙の本

飛ぶ教室 (岩波少年文庫)

著者 エーリヒ・ケストナー (作),池田 香代子 (訳)

ボクサー志望のマッツ、貧しくも秀才のマルティン、おくびょうなウーリ、詩人ジョニー、クールなゼバスティアーン。個性ゆたかな少年たちそれぞれの悩み、悲しみ、そしてあこがれ。寄...

もっと見る

飛ぶ教室 (岩波少年文庫)

税込 792 7pt

飛ぶ教室

税込 748 6pt

飛ぶ教室

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 9.4MB
Android EPUB 9.4MB
Win EPUB 9.4MB
Mac EPUB 9.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

宮崎駿監督が選ぶ少年文庫セット (岩波少年文庫) 56巻セット

  • 税込価格:45,034409pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ボクサー志望のマッツ、貧しくも秀才のマルティン、おくびょうなウーリ、詩人ジョニー、クールなゼバスティアーン。個性ゆたかな少年たちそれぞれの悩み、悲しみ、そしてあこがれ。寄宿学校に涙と笑いのクリスマスがやってきます。【「BOOK」データベースの商品解説】

ボクサー志望のマッツ、貧しくも秀才のマルティン、臆病なウーリ、詩人ジョニー、クールなゼバスティアーン。個性豊かな少年たちそれぞれの悩み、悲しみ、そして憧れ。寄宿学校に涙と笑いのクリスマスがやってきます。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • まえがき その一
  •  ケストナー夫人と息子の言い合い/ツークシュピッツェのながめ/ゴットフリートという名前のチョウ/白黒のぶち猫/万年雪/友情あふれる仕事じまい/そして、仔牛はおおむね雄牛になるというもっともな話
  • まえがき その二
  •  軸が緑の鉛筆がなくなったこと/子どもの涙の大きさについて/ヨーナタン・トロッツ少年が大西洋を渡ったこと/おじいさんとおばあさんがむかえに来なかった理由/人間のくじけない心をたたえること/そして、勇気とかしこさをあわせもつことを強く要求すること
  •  壁をつたうこと/ダンスの練習をする男の子たち/怒ったらこわい優等生/大きな白いつけひげ/『飛ぶ教室』の冒険のあらまし/詩を暗唱する舞台げいこ/そして、思いがけない中断

著者紹介

エーリヒ・ケストナー

略歴
〈エーリヒ・ケストナー〉1899〜1974年。ドレースデン生まれ。ドイツの詩人・作家。大学卒業後、新聞社に勤める。1960年国際アンデルセン大賞を受賞。著書に「エーミールと探偵たち」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー91件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

クリスマスには欠かせない児童文学の名作

2021/12/22 15:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本ではドイツの児童文学者ケスナーが発表したこの作品のタイトルをつけた児童文学向けの雑誌まで出ているくらい、児童文学の古典にして名作の評価が高い作品である。
 この作品が書かれたのは1933年、ドイツではナチスが政権についた年で、出版も厳しい状況にあったという。
 それでも、この作品が戦時下も、そして戦争が終結したあとも、あるいは世界が経済至上に邁進した時であっても、長く読み継がれてきたのであるから、それは児童文学の域を超えて立派に古典文学として評価されているといっていい。

 物語の舞台は、ドイツのギムナジウムの寄宿学校。
 クリスマスを前にした数日間の出来事が描かれる。
 主な登場人物は、5人の少年。「飛ぶ教室」というのは、この5人がクリスマスのパーティに公演しようとしている演劇のタイトル。
 5人の少年を中心に、他校との決闘騒ぎや仲間のうちの一人で弱虫と思われていたウーリの無謀な行動、少年たちを温かく見守る「正義さん」と呼ばれる教師、その「正義さん」が少年時代の友達との再会、と物語は多層的にできている。
 中でも、リーダー格のマルティンが貧しさゆえにクリスマス休暇に帰省できなくなるエピソードは多くの読者の心をうってきたに違いない。

 そして最後には流れ星に家族や友人、教師たちの幸せを願う少年の姿は、やはりこの物語がクリスマスなればこその作品だと思わざるをえない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1933年、ドイツのナチス政権下でも発行を許されたケストナーの大傑作で、今も世界中で読み継がれる名作です。

2020/04/29 09:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、ドイツの詩人で作家であったエーリッヒ・ケストナーが1933年に発表した代表的な児童文学小説で、世界30か国語以上に翻訳されているベストセラーです。内容は、ドイツのキルヒベルクにあるヨハン・ジギスムント高等中学(ギムナジウム)を舞台に、クリスマスシーズンの学校で起こる大小の事件を、寄宿舎に住まう生徒たちが知恵と勇気をもって解決していく物語です。本文は三人称で書かれており、前書きと後書きでは作者のケストナー自身も物語の中の人物かのように登場してきます。この作品が書かれた当時、ドイツはナチスの支配下にあり、自由主義の作家は本を書くことを制限されていたそうです。しかし、ケストナーの児童文学作品だけは人気があり優れていたことから、児童文学作品のみ書くことを許され発行に至ったということです。この永遠のベストセラー作品を、この機会にぜひ、読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ケストナーの名作

2016/12/31 01:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:四月うさぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は本ではなく、映画でこの作品を知りました。映画では主にヨナタンに焦点が当てられていましたが、本ではヨナタン含む五人の少年達の生き生きした感情が、ケストナー独特のあたたかい眼差しで語られています。気の弱いウリーがいじめられ、大胆な行動を起こす場面でさえ、友達の優しい気遣いにほっとさせられ、読んでいて心が和みました。
時に少年らしく羽目をはずしながらも、理解のある教師や他の大人たちに見守られ、成長していく彼らの物語を、多くの子供達に読んで貰いたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸せになれる本

2016/02/22 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

今のクリスマス時期に読めて良かった。読後は幸せを少し分けてもらったような温かい気持ちになる。少年マルチンとその母親の交わす手紙が印象的。本作品は映画化もされているようなので是非見たい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生にたいして不死身にならなければ!

2016/01/30 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作品の中で、悲しみの内容が重要なのではなく、どれだけ悲しみが深いかが重要だという所が印象的でした。
小さい頃に、もう理由も思い出せないことで、それでも真剣に悩んだりしていたことが確かにあったような気がします。
忘れがちだけど大切なことを思い出させてくれる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

繰り返し読める本

2022/01/16 10:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ないものねだり - この投稿者のレビュー一覧を見る

日常生活の違い、取り巻く環境の違いからくるのだろう感覚・発想の違いには、いつも、どの本でもはっとするのだけど、この本では、通貨の単位の音の響きがとても不思議に感じられた。登場人物の名前も不思議な響きがあった。人の違いが生み出す結果の多様性、お金の有る無しが生み出すもの、呼び名は社会的存在としての約束で、通貨も社会の約束。いくらか魔法のような、奇跡を生み出すものを感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/18 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/14 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/26 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/26 04:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/12 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/10 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/14 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/09 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/22 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。