サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 「準」ひきこ森 人はなぜ孤立してしまうのか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「準」ひきこ森 人はなぜ孤立してしまうのか?(講談社+α新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/202p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-272405-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「準」ひきこ森 人はなぜ孤立してしまうのか? (講談社+α新書)

著者 樋口 康彦 (著)

授業に出る。バイトも女遊びもしない。けど、決定的に何かが欠けている、孤独地獄の「森」の中で膝を抱えて座っている人…。そんな「準ひきこもり」のうち、主に大学生について考察。...

もっと見る

「準」ひきこ森 人はなぜ孤立してしまうのか? (講談社+α新書)

802(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

「準」ひきこ森 人はなぜ孤立してしまうのか?

648 (税込)

「準」ひきこ森 人はなぜ孤立してしまうのか?

ポイント :6pt / 紙の本より154おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

授業に出る。バイトも女遊びもしない。けど、決定的に何かが欠けている、孤独地獄の「森」の中で膝を抱えて座っている人…。そんな「準ひきこもり」のうち、主に大学生について考察。また、脱「準ひきこもり」の方法も述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

樋口 康彦

略歴
〈樋口康彦〉1965年大阪府生まれ。関西大学大学院博士課程修了。兵庫県長寿社会研究機構家庭問題研究所主任研究員などを経て、富山国際大学国際教養学部専任講師。専門は教育社会心理学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価2.8

評価内訳

紙の本

講談社の恥

2009/07/04 16:32

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

2009年7月2日、朝日新聞朝刊「オピニオン私の視点」に「準ひきこもり」という文章が載った。
そこで著者の本を取り寄せて読んでみた。

著者は、印象論ではない、と書いているが、印象論だ。
特に第四章「準ひきこもりの人々の内面」は著者自身の青年時代を書き連ねたものだろう。
また、ひきこもりについて、親の育て方の責任としている。そんなに単純な話なのだろうか?
そして、「準ひきこもり」について「永遠の不良債権」と書いている。正気とは思えない。

何年か前、「ニート」という言葉が、ゲンダユウジとコスギレイコによって輸入された。そのとき僕は「自分こそ、ニートだ!」と思ってしまい、「あるニートの日常」という副題をつけたブログを開設した。
この本の中で著者は「ラベリングなどかんたんにはがせる」といっているが、それは嘘である。「準ひきこもり」というラベリングを行った著者の行為は非難に値する。
ネットを見る限り、自分のことを「準ひきこもり」と言っている人が、すくなからずいる。またある精神科医は患者について、「「準ひきこもり」のような」と書いている。

内容について、戻れば、男女の役割についての著者のあまりにも保守的な考えはいかがなものか、とも思う。いわく、男には「たくましさ、頼りがい、妻子を養うこと」が期待されているのだそうだ。時代錯誤もいいところだ。

この程度の本を出版した講談社の罪は重い。講談社の歴史に泥を塗るものだ。野間省一は泣いているだろう。
また、全国紙で「準ひきこもり」と大々的に紹介した朝日新聞の責任もきわめて重い。
つまり、「ニート」が入ってきたことと同じことを繰り返してきているということだ。マスコミは何も学んでいないのだ。

僕は今自分を「ニート」だと思っていない。それは自分自身を取り戻したからだ。僕にはそれだけの力がないが、『ニートって言うな!』のような解毒剤が「準ひきこもり」についても出版されることを期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/14 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/31 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/09 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/02 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/19 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/14 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/18 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/19 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/18 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む