サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. マルドゥック・ヴェロシティ 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マルドゥック・ヴェロシティ 1(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030869-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

マルドゥック・ヴェロシティ 1 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 冲方 丁 (著)

戦地において友軍への誤爆という罪を犯した男—ディムズデイル=ボイルド。肉体改造のため軍研究所に収容された彼は、約束の地への墜落のビジョンに苛まれていた。そんなボイルドを救...

もっと見る

マルドゥック・ヴェロシティ 1 (ハヤカワ文庫 JA)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦地において友軍への誤爆という罪を犯した男—ディムズデイル=ボイルド。肉体改造のため軍研究所に収容された彼は、約束の地への墜落のビジョンに苛まれていた。そんなボイルドを救済したのは、知能を持つ万能兵器にして、無垢の良心たるネズミ・ウフコックだった。だが、やがて戦争は終結、彼らを“廃棄”するための部隊が研究所に迫っていた…『マルドゥック・スクランブル』以前を描く、虚無と良心の訣別の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

特殊な人間たちの戦いをめちゃめちゃハードに描く

2007/12/26 16:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る


 前作、「マルドゥック・スクランブル」は、第24回日本SF大賞を受賞した
名作SFです。
 前作、「マ、、・スクランブル」途中でギャンブル小説になるのですが、
(又、最後ちょっと戻ります)
異常なテンションの高さで、ラストまで疾走し描ききったというのが、
読んでの正直な感想でした。
 で、本作「マルドゥック・ヴェロシティ」です。
 前作スクランブルで、敵役だった、重力使いのボイルドと
色んな武器に変身できるネズミのウフコックの前日譚を描いています。
 
 味方を誤爆したボイルドが収容された
軍の特殊な研究所でボイルドが仲間達と出会うところから始まり
彼らが、オペレーション09としてマルドゥック・シティで
一応、法執行組織で活動する様子を描いたハード・アクション・SFです。

 前作でも、兎に角全編を貫くハイテンション小説で
アクションシーンも十二分に過激だったのですが、
本作では、アクションシーンの過激さは前作を上回ります。
最初のボイルドが研究所で09の仲間たちに出会い一人づつ紹介される
シーンがあるのですが、その時点でみんな充分イカレているのですが、
本作の一応、敵役
(ラストは、色んな方面と、くんずほぐれつの戦いになるので)
のカトル・カールの面々となると、もっと、イカレてます。
まぁこれぐらいを敵役にもってこないと、戦いにならない感じですね。
 この辺は、私が説明するより読んで実際に感じてください。
特殊な人間たちが、戦う様を描きたかったと
冲方さんは、言っていますが、09の仲間が紹介される段階で思ったのですが、
これ09と言う名前からもわかるように
サイボーグ009ですね、、。

 それと、今回は、全編とまでは、いきませんが、
かなりの部分、/ ― =を多用したエルロイ文体で書かれています。
 でも、エルロイとはちょっと違った雰囲気ですね。
ハイフンは、日本の活字特有の4文字分ぐらいあるハイフンで
(なんていうのか、知りません)
/だと並列記述とか、映像だと、カメラがパンしていく様子と
完全に当てはまるわけでは、ありません。
充分、韻を踏んだ感じにしてありますが、
切れ味は、やっぱり本家のエルロイに軍配は上がるかなぁ、、、と。
エルロイは、もっとわけがわからないときがありますから。
 
 しかし、相変わらず、テンションの高さそのままに
最高速度で疾走しながら、描ききったなぁと、いうのが、
読後の一番の感想です。
 ウフコックの活躍があまりないと、ファンは嘆いているみたいですが、
これは、テーマというか、スタイルからいって、
ナイーヴ(匂いで相手の感情がよめる)なウフコックは、
霞んでしまいますね。
 SFとか、アクションとか、別にして
このテンションの異常な高さは、ワン&オンリーでしょう。
 マルドゥックシリーズは、これでいいとして冲方さんの
他の仕事(色々されている)っぷりがどんな感じなのか気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハードボイルドでエンターテイメント

2006/11/25 19:53

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

マルドゥック・スクランブル以前の時代を描く物語
マルドゥック・スクランブルを補完するだけのストーリーになるのではないかと心配していたのですが、まったくの杞憂でした
一つの物語として非常に魅力的
犯罪と悪徳にまみれた街を舞台に、超科学的な肉体改造を受けたボイルドやウフコック達がハードボイルドに活躍します
独特の文章とリズムで深く引き込まれ、癖のあるキャラクター達に嵌りました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/23 17:13

投稿元:ブクログ

★ようやく出た『マルドゥック・スクランブル』続編。(意図的な)かなり癖の強い文体で最初はちと引いたんだが、一度流れに乗ってしまえば加速度的に引き込まれる。 なお、今作の主役となるボイルドはOVA版『マルドゥック・スクランブル』にて中田譲治氏が演じる。

2007/01/18 02:05

投稿元:ブクログ

僕を冲方丁好きにしたきっかけの小説の続編。時間軸としては昔の話になる。もちろん面白いに決まっている。そして面白かった。前回は悪役だったボイルドが主人公。映像を思い浮かべながらでないと読みづらそうな、だから映像を浮かべながらだと最高にスピーディーな文体を作って望んだのだろうと思われる本書は、静かで重い力の象徴であるボイルドを深く描く。

2011/11/17 22:24

投稿元:ブクログ

ウフコックとボイルドの相棒時代の話。
マルドゥック09設立の話。
ボイルドの心情が読み取りにくかったのと登場人物が多すぎて特徴をとらえるのが難しかった。

2011/06/29 20:01

投稿元:ブクログ

「マルドゥック・スクランブル」売れたからスピンオフかよ!
みたいな気持ちで読み始めたら、とんでもなかった。
すごい。これはすごい。

「スクランブル」のおまけなんかじゃない。
むしろ「スクランブル」との整合性は無視してでも語られる
凄惨で鮮烈でひどくセンチメンタルな黙示録。
やばい。これはやばい。

ほぼ全員が新キャラなので、
スクランブルで予習する意味はあんま無いです。
思い立ったら読むべき本。

2004/02/04 08:41

投稿元:ブクログ

http://mit56.way-nifty.com/dawn/2006/11/post_82a9.html

2008/03/15 14:58

投稿元:ブクログ

前作から遡って以前の、09結成時の話
キャラクターがー多く、かき分けが決して良いとは言えないため
非常に読みにくいが、中盤以降の盛り上がりはすごい
ラストも美しい

あえて言うなら、ライバルのカトルカールとの戦いの時に
味方も敵も人数が多すぎて、読んでるこっちが能力を把握しきれなくなったことと、綺麗にまとまってるとはいえ登場人物からしてみればもうちょっとどうにかなっただろうというラストで少し点を引いてみた

前作もそうだが、書かない勇気もも持って欲しいなぁ
でもエログロでサイバーなSFでハードボイルドが嫌いでなければ最高の小説ではある
★4としたが前作と譲らぬ出来映え、面白かったです

2006/12/18 19:11

投稿元:ブクログ

兵器として身体改造を施された主人公たちが、負の遺産としての扱いを受けた末、自らの有用性を証明するためにがんばる話。第1巻となるこの本は前半が研究施設での日々と登場人物の紹介、後半は異能者戦闘のポリス・アクションとなっている。前作『マルドゥック・スクランブル』の前日譚だが、これからどう繋がっていくのか楽しみ。

2006/11/11 11:30

投稿元:ブクログ

『マルドゥック・スクランブル』の前、09法案の成立とウフコックとボイルドの事件屋としてコンビを組んでいた時代を描くシリーズ。文体変えたみたいでスクリプトっぽい……私は前の方が好きなので☆ひとつマイナスにしときますが、まだ子どもっぽいウフコックのかわいらしさと相棒に誠実なボイルドの姿に、続編が楽しみです。毎週刊行というのが嬉しい。

2011/09/28 00:34

投稿元:ブクログ

マルドゥックシリーズの世界感が超大好き(笑)

スクランブルでは、ひゃ〜危険!恐い!やだ!って思ってたボイルドの背景を知ると切なくなる。


ああ〜、なんだよ、楽しい時と終焉の時…。


ボイルドにも感情移入してしまうのです。

2007/03/10 21:48

投稿元:ブクログ

スクランブルに続く話。とにかくウフコックがかわいい。文体が独特で面白い。頭の中をそのまま文章にしたような感じ。

2007/03/19 02:34

投稿元:ブクログ

スクランブルの続きというか、スクランブルになるまでの話。癖のある文だけど、慣れればより一層のスピード感に煽られます。ハザウェイにメロった(笑)全3巻。

2007/04/08 17:59

投稿元:ブクログ

マルドゥック・スクランブルのエピソード。ウフコックとボイルドがパートナーであった時の物語。仲間と共に生きるためその有用性を証明するために様々な“事件”を解決する。しかしそんな彼らの前に“敵”が現れる。
マルドゥック・シティやスクランブル09のの成立の経緯も書かれている。

映像を見ているようなスピード感がある。

2007/04/12 18:33

投稿元:ブクログ

『マルドゥック・スクランブル』の続編で、時系列的にはスクランブル以前の物語。ボイルドとウフコックが決別するまでを描いていますが、あまりにも主人公が可哀相で、読み終わると再びスクランブルが読みたくなります。

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る