サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. Steel ball run Vol.10 (ジャンプ・コミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Steel ball run Vol.10 (ジャンプ・コミックス)(ジャンプコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/11/02
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: ジャンプコミックス
  • サイズ:18cm/181P
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-874285-0
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

Steel ball run Vol.10 イリノイ・スカイライン ミシガン・レイクライン (ジャンプ・コミックス)

著者 荒木 飛呂彦 (著)

Steel ball run Vol.10 イリノイ・スカイライン ミシガン・レイクライン (ジャンプ・コミックス)

421(税込)

ジョジョの奇妙な冒険 第7部 モノクロ版 10

400 (税込)

ジョジョの奇妙な冒険 第7部 モノクロ版 10

ポイント :3pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

【期間限定価格】ジョジョの奇妙な冒険 第7部 カラー版 10

400 (税込)

【期間限定価格】ジョジョの奇妙な冒険 第7部 カラー版 10

ポイント :3pt / 紙の本より21おトク

この商品はセット商品のため単品ではご購入いただけません。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

ジョジョの奇妙な冒険 第7部 カラー版 10

500 (税込)

ジョジョの奇妙な冒険 第7部 カラー版 10

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「Steel ball run Vol.10 (ジャンプ・コミックス)」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

感無量

2015/11/22 09:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬゆい - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり迫力のアルカラー。
サイコーです。迫力がちがうんです。
うわ。すごい。おすすめですよ。
2度見ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/05 18:48

投稿元:ブクログ

遺体の脊椎部分を手に入れたジョニィ。レースで屈辱を味わったDIOが大統領と手を組み動き出す、今回の敵はものスゲーやばい。そしてノリスケ・ヒガシカタ、、、、気になる。

2006/12/04 10:03

投稿元:ブクログ

荒木マンガの最新作『ジョジョの奇妙な冒険』に続く作品このスティール・ボール・ランは荒木先生いわくジョジョの第七部ということらしいです。この巻ではDioと大統領がてを組んでしまうというような話です。

2008/12/24 17:17

投稿元:ブクログ

ジョリーンをかいてたので、けっこう慣れてきたのかと思っていたのですが、気をぬくとルーシー、ブスになってますねぇ。
はじめの方の巻では、けっこう美人にかけてたと思うのですが。

しかし、ジョニーの回想シーンがでてきて、けっこう、悲しい過去があきらかになっているのですが、アレ、前後の関わりがブッとんでいます。
そういえば、ヒガシタカのヘソが2つあるというのも、とんでるよなぁ。ただ単に、ホットパンツが、女(?)だということを示したかっただけ?

そういえば、「チーズの歌」というのも、なんか、意味なさそうだ(笑)それをマンガのなかにいれても、なにも言われないのだろうか、この人は?

ますます、お話はワケがわからなくなり、いつまでついて行けるのか心配な、でも、それでもなかなかに楽しい10巻です。

2006/12/23 02:38

投稿元:ブクログ

ジャイロがかっこいいです。へんなギャグ言うけどそれも含めてかっこいい…はず。今回は今までのシリーズとはまた少し変わった感じで面白いです。

2007/06/29 05:52

投稿元:ブクログ

進化し続ける絵に魅了。そこに痺れる憧れる。アメリカ横断レースに参加した主人公二人の運命がどうなるのか目が離せない。ジョニィ萌えでジャイロ燃え。

2009/01/17 08:51

投稿元:ブクログ

イリノイ・スカイライン ミシガン・レイクライン

#40 サイレント・ウェイ その?,
#41 サイレント・ウェイ その?,
#42 サイレント・ウェイ その?

-----
5th. STAGE 突入!
ジャイロとジョニィは『脊椎』が示す新たな3つの遺体を求め、ミシガン湖を目指す。
一方、前ステージでジャイロ達に敗北し、復讐に燃えるディオは、大統領と手を組むことに!?
レースが大きく動き出す!!

2010/07/13 15:18

投稿元:ブクログ

「ノリスケ・ヒガシガタ」
この人物は絶対何かある!って感じ。

音を操るスタンド。
すなわち「エコーズACT2」!!

「白いネズミ」は今後レースの中でもジョニィの中で大きな意味を持ちそう。

2010/11/22 19:43

投稿元:ブクログ

泣いた。
ジョニィの過去想起シーンに。

「宿命」て言葉は、私にはズシンと重い。
どう表して良いのか分からなかったけれど、まさに作中にあるとおり、

「いつか「宿命」が かわりにぼくに 追いついてくる」

てやつだ。

取り囲んで逃げられないように、ぐるぐるに縛られて、ほんのちょっとの希望で喜ばせて油断させておいて、最後に見捨てる「運命」てやつ。

1巻以来、弱気な主人公はどっかへ行って、ジョニィは成長して強く強くなっていくかに見えたけれど、相棒のジャイロが鉄球を失い、今までにない強敵に出あったことで、弱気がまた首を擡げる。
そこには、過去に思い知らされた「宿命」の再現がある。

最後にオマケページみたいに、あらためて「スタンド」の概念を説明してるページがファンには、たまらない。特に私のような第4部マニアには、たまらない。第4部キャラの登場頻度高い。

ちょっと思ったんだけど、
荒木先生は、既にこれだけ神なわけで、神過ぎる人って、この先どうなるの?

2013/08/17 22:00

投稿元:ブクログ

汚いなさすがディエゴきたない。頭脳派。大好き。
先輩ポジションのジャイロがやられてるってだけでも危機感が凄いのにジョニィまで通用しないとなると俄然わくわくします
あとダニーかわいい。

2013/03/04 19:39

投稿元:ブクログ

くぅー!!ジョニィの過去、悲しいなー!なんとか超えてもらたい!
でもこの巻スタンドはっきり出てこなかったけど、読み応えあった!

2014/09/16 02:00

投稿元:ブクログ

ジョニィの本名、ディオとの接点にびっくり。そして納得。
このスティール・ボール・ランは、6部で一周して構築された世界で、因縁再びってことでいいのかな?前の世界を気にせずに読んでも面白いけど、やっぱり気になる。
ディオのワルさがどんどん出てきて、楽しくなってきた。

2011/10/10 10:10

投稿元:ブクログ

イリノイ・スカイライン ミシガン・レイクラインのタイトルがまず非常に好みなんだが元ネタでもあるのだろうか。
ジョニィの過去回が最も印象的である。とり囲まれる恐怖に対してジャイロが言うには「お前らしくない」という逃げの姿勢をジョニィ。確かに今まで読者に印象付けられていたのは遺体を手に入れることに熱意を燃やす強いキャラクター性であったのが、ここに来て弱気になるという意外性を過去の人生を挿入して納得させる。読者から見てジョニィが凄く掘り下げられた結果になるこの技法は非常に魅力的である。
追ってくる謎の音のスタンドが出てきた時のパニック感も素晴らしい。ピザの歌にも注目。
そして巻末についているスタンドと技術のまとめ―SBRから入った人用のまとめなのかもしれないが、イラストが旧来のジョジョファンの心を鷲掴みにするほどの魅力がある。技術の位置づけも感嘆。

2011/12/26 22:05

投稿元:ブクログ

ジョニィって本名ジョナサンだったのか。
それでまた、少年のころに実家にDIOが来るっていう…。

このスタンドってエコーズだよね。
そのまんまではないけれど。
主人公たちが追い込まれていく過程でのサスペンスかげんはもはやお家芸。

2012/12/15 21:36

投稿元:ブクログ

レースの水面下で大統領の思惑が動き始めました。

ジョニィの過去も明らかになっていきます。ネズミの「ダニー」が1部のジョナサンの飼い犬を思い出させますね。
肉親との軋轢は辛いです。

「チーズの歌」もこの巻。ジャイロお前・・・

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む