サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

金魚屋古書店 4(IKKI コミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

金魚屋古書店 4 (Big comics ikki)

著者 芳崎 せいむ (著)

金魚屋古書店 4 (Big comics ikki)

607(税込)

金魚屋古書店 4

540 (税込)

金魚屋古書店 4

ポイント :5pt / 紙の本より67おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「金魚屋古書店 4」が含まれるセット商品

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/07/14 23:02

投稿元:ブクログ

▼このシリーズを読んできて良かったと心から思う。じーんとした。『前向きで明るいほのぼのとした物語だけが、人の気持ちを救うわけじゃないんだ』……! 超名言。▼大道芸のマジシャンの話が良かった。老人ホームのおじいちゃんおばあちゃんたちの、過ごしてきた人生の重さを感じさせられた。(2006.12.29)

2007/02/24 18:15

投稿元:ブクログ

漫画読みの教科書ともいえる作品。
相変わらず、読んでいて悔しさが。まだまだ知らないことが多いです。
「あのときあの漫画を読んでいれば!」と将来悔やまないように、いま読んでます。

2007/03/27 23:23

投稿元:ブクログ

読むたびに自分の不勉強さを思い知らされます。なんか悔しくなってくるというか。漫画の勉強より本業の勉強をしなければいけないんですけどね。取り上げられている漫画全部読んでみたくなります。

2006/12/01 12:49

投稿元:ブクログ

いいね。漫画狂必読ですな。でも何か、ちょっと最近くどいかな。説明くさいと言うか説教臭いな。もっと緩めた方がお色に合うと思いますよ。

2007/01/14 04:31

投稿元:ブクログ

実在する漫画を扱った漫画。こんな気分の時はこの漫画と言った感じで、いろんなことを漫画が解決してくれる。やっぱり漫画ってすごいと思う。さすがにここまで精通できませんが…。地下ダンジョンを探検してみたいです。

2006/12/15 01:22

投稿元:ブクログ

「漫画」というだけで軽く見られて、中身がないなんて思われることがあって。
 「そうじゃない」と感じておじさん、おばさんになっても色々な漫画を読み続けているあなたに……「まんがばか」のあなたにこの「金魚屋古書店」をお薦めします。
 4巻にもなると登場人物もそろそろ落ち着いてきて、ともすればマンネリ化してきそうなものですが、意外とそうならないものです。特定の漫画に密着した話から、漫画と漫画から得られた感情や生活、思想といった実にくすぐられて気持ちの良い場所でゆったりとしたストーリーが紡がれています。
 「月刊イッキ」を買うつもりはないので、単行本がでるのが常に楽しみなシリーズです。

2008/08/07 17:46

投稿元:ブクログ

3巻ぐらいからだんだんと、それぞれのマンガと絡んだお話という感じではなく、マンガを取り巻く人たちのお話にシフトしていっている感じです。
まあ、そういう話も、好きです。

「デビルマン」は、実際わたしも読んだのは小学生時代で、トラウマになりました。
怖いのに、毎日、本屋に通って、毎日、立ち読みしていました。

特に、ジンメン。

2007/12/17 05:02

投稿元:ブクログ

漫画で初めて大きな衝撃を受けたのは『デビルマン』なので、やっぱり第22話「悪魔の力」がおもしろかった。そこで辻本くんが成長して、なぜか笹山さんと活躍する第27話「おかしな2人」も好印象。そうそう、宮城県塩釜市にある長井勝一(「ガロ」初代編集長)漫画記念館にも行きたいっ!と思った。

2009/02/27 23:44

投稿元:ブクログ

笹山さんにシバさんが紙袋を渡すところがツボ。
普通の紙袋じゃ本の重さに耐えきれないことって多々だし。
28話で、漫画でどんな世代もその当時にすぐ戻れて、つながっていけるところに、じーんと感動。
2009.2購入¥350  /  2009.2.27読了

2009/05/05 02:30

投稿元:ブクログ

やあやあ、面白い!
噂には聞いていたけれど、とっても面白い!

登場人物もさることながら、まず描いてる人が
漫画を愛しているのが伝わってくる。
読んでみたい漫画が増える増える。
人間賛歌。漫画賛歌。びばびば。

話は一話ずつ完結するけれど、
登場人物たちは読み進めるごとにお互いゆるやかにつながっていく。
紙の束で結ばれる絆だ。みんな金魚屋の住民になっていく。

話自体もはっとさせられるものが多い。

「アドルフに告ぐ」の関口さんの敬礼
宮沢賢治の回(冒頭の賢治の言葉とキャバクラの風景からしてもう!)
ビニールできっちり舗装してあった漫画たち
地下の広大なダンジョン、その暗さ、果てしなさ、匂い
店長名言(漫画は無力ではなく、漫画を読む人間は常に無力。でも漫画はそれでもいいと言ってくれる)
デビルマンに出会った時の少年
銀河鉄道999で父親が子供を叱るところ
藤臣くんの回

挙げだしたらキリがないや

2010/12/20 00:56

投稿元:ブクログ

ひとつひとつの話がとてもいいのだけれど、
この巻の最終話、「明日来る人」という話がとてもいい。

子どもたちにマジックを見せるのには慣れているものの、
お年寄りの前ですることに難しさを感じているマジシャン。
「童心にかえってる人もいるわけだし、子どもたちと同じように思えばいいのかな?」
そんな時にマネージャーが薦めた一冊の漫画、『絶対安全剃刀』。
そこからマジシャンが得た答えとは。

お年寄りを見つめる視点が光る、珠玉の短編です。

2012/07/29 14:15

投稿元:ブクログ

実在の漫画を題材にした短編集漫画。第4巻。

◇永井豪『デビルマン』
◇矢作俊彦・大友克洋『気分はもう戦争』
◇高橋留美子『らんま1/2』
◇わたなべまさこ『怪奇ロマン傑作選』
◇萩尾望都『とってもしあわせモトちゃん』
◇高野文子『絶対安全剃刀』

“『共通言語』っていうのは、単にうわべの『言葉が通じる』って意味じゃなくて、『楽しいきもちを共にできる』って事なんじゃないでしょうか。”-本文より

金魚屋がこの世に実在しないことがホントに悲しい。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む