サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 89件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-401304-8

紙の本

著者 小川 洋子 (著)

キリンはどんなふうにして寝るんだろう−。『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前後に書かれた、美しく奥行きの深い全7作品を収録する。この世界の素晴らしさを伝えて...

もっと見る

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

キリンはどんなふうにして寝るんだろう−。『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前後に書かれた、美しく奥行きの深い全7作品を収録する。この世界の素晴らしさを伝えてくれる短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

7-34
風薫るウィーンの旅六日間 35-61
バタフライ和文タイプ事務所 63-93

著者紹介

小川 洋子

略歴
〈小川洋子〉1962年岡山市生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞、「妊娠カレンダー」で芥川賞、「博士の愛した数式」で読売文学賞、本屋大賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー89件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

やっぱり小川洋子は面白いです。読んでいて村上春樹を思い出すんですが、いい意味で、もっと映画的。思わず配役を考えたりして・・・

2006/12/17 19:53

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

白地に、薄い水色と藤色の、いかにも手で引きました、といった風情の揺れる太さも変化する横縞が、なんとも日本的な味わいを感じさせるカバーですが、小技は中央の「海」というタイトルと、そのした「小川洋子」の著者名の間に、赤というよりは朱色に近い色でさりげなく、それこそ海から生まれた泡のように小さくさり気無く置かれた、Y o k o O g a w a の字ですね。
装幀 吉田篤弘 吉田弘美、って書いてあります。あれ、二人ってクラフト・エヴィング商會じゃなかった?と慌てて我が書評を検索。確かにそうなんです。この使い分けはなんだろう、web上ではそれなりに使い分け方が書いてありますが、でもそれは当て嵌まっていない。首を傾げつつ中身に入っていきましょう。
全部で七つの話が納められていますが、掌編に近いものもあります。初出を( )で補いながら、各編のほんの一部を紹介すれば

・海 (「新潮」2004年2月号):結婚の承諾を得るためにいった先方の家族の不可思議な様子、特に、おばあさんの「毒があるかもしれませんからね。十分にご注意なさいまし」という囁きは笑えます
・風薫るウィーンの旅六日間 (「新潮」2004年6月号):ウィーンで自由行動するつもりだった私が、同室の琴子さんに親切にしたことが、全ての予定を狂わせて、ラストが・・・
・バタフライ和文タイプ事務所 (「小説現代」2004年4月号):医学部の大学院生の仕事が多いタイプ事務所に勤め始めた新米の私、欠けた活字を新しいものと替えてもらおうと・・・論文が笑えます
・銀色のかぎ針 (「週刊新潮」2004年8月26日号):昔は電車の中で見かけた編物をする女性、あっという間に終る掌編
・缶入りドロップ (「週刊新潮」2004年5月13日号):独身で子供も好きではない男が幼稚園バスの運転手になって
・ひよこトラック (「群像」2006年10月号):新しい下宿先で、男の前に現れるようになった大家の六つになる孫娘は、殆ど口を利かずに、それでもついには部屋の中にまで上がるようになって・・・
・ガイド (「BMNew History 街の物語」(2001.7月刊)所収):言い出したら聞かないママは、自分のツアーに僕を紛れ込ましてくれた。ガイドをするママのために僕は・・・

どれも素適ですね。映画にしたら、地味だけれども忘れられない作品になること間違いなし。無論、小説が面白いからなんですが、映画に結びつくのは、なんていうか、シーンが目に浮かぶんですね。へんなお婆さん、顔は思ういかびませんが、こう、そっと耳打ちする様子が、ね、思わず微笑んじゃうんです。それに、弟でしょ。
誤解をして欲しくないんですが、今まで私は多くの作品に、テレビの二時間ドラマ向き、とか映画の原作レベルとレッテルを貼ってきました。それは基本的に、小説というに値しない、とマイナス評価なんですが、小川の作品に関してはそれは当たりません。むしろ、映像化されることで小説そのものが新たに見直され、さらに面白く、深く読まれるだろう、という期待があるのです。
私は何度も村上春樹の作品のことを思い浮かべました。読みやすい文章、静かな会話、少年や少女、あからさまではないけれど、といって隠蔽されたという感じのない性的描写、そしてなによりユーモア。
でも、村上のお話は案外、映画にしにくい気がします。似ていながら、映像化という点では距離がある。それは何によるのか、じっくり考えてみたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/12 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/14 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/14 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/27 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/15 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/23 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/22 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/07 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/22 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/13 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/25 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/17 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/18 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/17 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。